1. Home
  2. STYLE
  3. 寝苦しい夜にリフレッシュ。簡単にできるアロマの楽しみ方3つ

寝苦しい夜にリフレッシュ。簡単にできるアロマの楽しみ方3つ

3,243

shutterstock_526402438_a

image via shutterstock

暑い日が続き、寝苦しい夜も増えてきました。暑さでなんとなくイライラした気分をスッキリ切り替えるために、おすすめなのはアロマ。アロマはディフューザーだけでなく、もっと手軽にできるものなど、いろいろな楽しみ方があるんです。

どこでも楽しめる芳香浴

31M5pDdUDFL_a

アロマストーンディフューザー [ミニ] シルバー缶 /1,178 円(税込)

もっとも手軽に香りを楽しむ方法として「芳香浴」があります。 アロマオイルを身近な空気中に拡散し、香りを楽しむことで心や体のバランスを整えると言われています。

素焼きのストーンを使えば、どこでも簡単に香りを楽しむことができます。寝室にはリラックス効果があると言われるラベンダー。玄関には気分をリフレッシュできるグレープフルーツなど、シーンによって簡単に変えられるのも魅力的。

またハンカチやマスクにお好みのアロマオイルを1滴たらすだけでもOK。 マスクの場合はガーゼを入れるタイプのマスクを使い、ガーゼにオイルをたらすだけ。手軽に香りを楽しめます。ハンカチの場合も同様に。ちょっと緊張するような場面でも、リラックス効果のあるアロマオイルをたらしておけば、緊張をやわらげることができます。

洗面器を使ってフェイシャルスチーム

41ErnQXi7XL._SL1000_a_

リッチェル 湯おけEX /418円(税込)

洗面器に熱めのお湯をそそぎ、アロマオイルを1〜3滴ほど入れて軽くまぜると簡単なフェイシャルスチームのできあがり。

頭の上から覆うように全体にタオルをかぶり、ゆっくりと蒸気を吸いこみます。 顔にアロマオイル入りの蒸気を当てることで血行促進、美肌効果も期待できます。好きな香りを入れることでリラックス効果も。

バスソルトでアロマバスに

sault_a

生活の木 バスソルト 1kg /1,218(税込)

疲れやストレスを癒してくれるのにおすすめなのはアロマバス。香りを楽しむだけでなく、皮膚からもアロマオイルの成分を取り入れることができます。

オイルはお湯と分離してしまいがちなので、バスソルトを作って混ぜるとより効果的に。バスソルト用の塩は、それ専用の塩か天然塩を選ぶようにしましょう。 塩大さじ2くらいにオイル2〜3滴を混ぜます。

少しぬるめのお湯にゆっくりと浸かることで、冷え防止、デトックス、不眠の解消にも期待できます。

アロマオイルは多くの人に親しまれるようになってきましたが、ディフューザーだけしか使用していないという人も多いようです。 夏の暑さでスッキリとしないという人にも、ぜひ試してほしい楽しみ方です。

横山かおり

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. レディー・ガガのすっぴんを支える、ビタミンCに秘められたパワー

    2. 【お悩み】セックスをする気が起きず、性欲がなくなってしまったかも......

    3. たった20秒でOK。脳をしっかり休ませたいときに取り入れたい動作

    4. 管理栄養士が教える、40代からのダイエットのコツ。避けたい方法は?

    5. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    6. 夜の営みにプラス効果!? 精のつく身近な食べ物10

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    9. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    10. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    10. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン