1. Home
  2. STYLE
  3. 寝苦しい夜にリフレッシュ。簡単にできるアロマの楽しみ方3つ

寝苦しい夜にリフレッシュ。簡単にできるアロマの楽しみ方3つ

3,674

横山かおり

shutterstock_526402438_a

image via shutterstock

暑い日が続き、寝苦しい夜も増えてきました。暑さでなんとなくイライラした気分をスッキリ切り替えるために、おすすめなのはアロマ。アロマはディフューザーだけでなく、もっと手軽にできるものなど、いろいろな楽しみ方があるんです。

どこでも楽しめる芳香浴

31M5pDdUDFL_a

アロマストーンディフューザー [ミニ] シルバー缶 /1,178 円(税込)

もっとも手軽に香りを楽しむ方法として「芳香浴」があります。 アロマオイルを身近な空気中に拡散し、香りを楽しむことで心や体のバランスを整えると言われています。

素焼きのストーンを使えば、どこでも簡単に香りを楽しむことができます。寝室にはリラックス効果があると言われるラベンダー。玄関には気分をリフレッシュできるグレープフルーツなど、シーンによって簡単に変えられるのも魅力的。

またハンカチやマスクにお好みのアロマオイルを1滴たらすだけでもOK。 マスクの場合はガーゼを入れるタイプのマスクを使い、ガーゼにオイルをたらすだけ。手軽に香りを楽しめます。ハンカチの場合も同様に。ちょっと緊張するような場面でも、リラックス効果のあるアロマオイルをたらしておけば、緊張をやわらげることができます。

洗面器を使ってフェイシャルスチーム

41ErnQXi7XL._SL1000_a_

リッチェル 湯おけEX /418円(税込)

洗面器に熱めのお湯をそそぎ、アロマオイルを1〜3滴ほど入れて軽くまぜると簡単なフェイシャルスチームのできあがり。

頭の上から覆うように全体にタオルをかぶり、ゆっくりと蒸気を吸いこみます。 顔にアロマオイル入りの蒸気を当てることで血行促進、美肌効果も期待できます。好きな香りを入れることでリラックス効果も。

バスソルトでアロマバスに

sault_a

生活の木 バスソルト 1kg /1,218(税込)

疲れやストレスを癒してくれるのにおすすめなのはアロマバス。香りを楽しむだけでなく、皮膚からもアロマオイルの成分を取り入れることができます。

オイルはお湯と分離してしまいがちなので、バスソルトを作って混ぜるとより効果的に。バスソルト用の塩は、それ専用の塩か天然塩を選ぶようにしましょう。 塩大さじ2くらいにオイル2〜3滴を混ぜます。

少しぬるめのお湯にゆっくりと浸かることで、冷え防止、デトックス、不眠の解消にも期待できます。

アロマオイルは多くの人に親しまれるようになってきましたが、ディフューザーだけしか使用していないという人も多いようです。 夏の暑さでスッキリとしないという人にも、ぜひ試してほしい楽しみ方です。

    Ranking

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    3. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    4. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    5. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    6. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    7. ヴィーガンメニューは「おいしい」が当たり前。注目のヴィーガンレストランを紹介

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    10. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    3. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    4. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    5. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    6. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    7. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    8. 秋。新しいコースを走ってみよう。「ランニングを再開したい人」向けメニュー

    9. 「ベアーズ式」テクニックで、掃除はもっと楽しくラクになる

    10. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    3. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    4. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    5. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    6. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    7. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら