1. Home
  2. BODY
  3. しこりだけじゃない? 疑うべき乳がんのサイン4つに気をつけて

しこりだけじゃない? 疑うべき乳がんのサイン4つに気をつけて

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

45,698

MYLOHAS編集部

乳がんの診断はたいてい次のような経過をたどります。胸にしこりのようなものを感じて医師の診察を受ける。検査(乳房検査、マンモグラフィー、超音波検査、生検など)の結果、そのしこりががん性と判断される。

乳がん0

ですから、女性は定期的に自分で乳房をチェックして、何か変化があったら気づけるようにしておく方がよいとされています。

でも、乳がんのサインはしこりだけではありません。実際、英国がん研究機構(NCRI)の2016年度会議で報告された、本調査に先立って行われた研究によると、乳がんと診断された女性の6人に1人が、しこり以外の症状を最初に報告しているそう。そのようなしこり以外の「一般的ではない症状」についてはあまり知られていないため、乳がんの診断が遅れてしまう女性がいるのではないかと疑われています。「当然ながら、早く見つかるほど早く治療でき、効果も大きいです」とミルウォーキー州の医療機関ネットワーク、「オーロラ・ヘルス・ケア」の胸部腫瘍外科医、ジョゼフ・ウエーバーさん。

もちろん、定期的に自分で乳房をチェックしなくてよいという意味ではありません。今回の本調査に先だって行われた研究でも、乳がんの兆候から診断につながった女性の83%が、最初にしこりを発見しています。でも、ほかのサインについて知っておいても損はありません。この研究によると、「今回の結果から、乳房のしこり以外の乳がんのサインに重点を置いた警告キャンペーンは明らかに有効です」。ウエーバーさんも、「自分で乳房の変化に気づいたら、専門家に診てもらう必要があります。いつもの様子と違うようなら、医師に相談してください」と言います。次に、気をつけた方がよさそうなサインをいくつかご紹介します。

皮膚のキメの変化、またはへこみ

乳がん1

ウエーバーさんによると、乳房の皮膚にガサガサした硬い部分や普段より厚みのある部分ができたり、へこみ(ディンプリング=えくぼ形成と呼ばれています)が出たりした場合、乳がんのサインかもしれません。一部の乳がんでは、乳房の内側から皮膚に通じるリンパ管が塞がれて、皮膚がオレンジの皮のような状態になることがあります。

乳首が引っ込む

乳がん2

乳がんの中には、乳首が内側に引っ込んでしまう「乳頭陥没」とか「乳頭退縮」と呼ばれる症状をもたらすものがあります。一般的には、乳房の内側でがん細胞が広がり、形を変えてゆくため(ウエーバーさん)。最近の研究によると、乳がんと診断された女性の7%で、乳首の異常が見られました。

乳首からの分泌物

乳がん3

乳がんかもしれないもうひとつの乳首の異常は、母乳ではない分泌物。ありがたいことに、乳首から分泌物があってもほとんどはがんのせいではありませんが、乳首に触れたり、押し潰したりしなくても出てきて、血液が混じっていたり片側だけだったりする場合は特に、すぐに医師の診察を受けることが大切。

腫れと赤み

乳がん4

炎症性の乳がんでは、がん細胞がリンパ液を運ぶ管を塞ぐために、最初に皮膚が赤く炎症を起こして腫れることがよくあります。

Sarah Klein/4 Breast Cancer Symptoms That Have Nothing to Do With Feeling a Lump

訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    3. やりすぎ厳禁!? トレーニングのしすぎがもたらす脳への影響

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 洗ってないシーツはカビやダニの温床! ベストな洗濯頻度は月◯回?

    6. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    7. ストレスでゆらぐ肌をケア。ナチュラルスキンケアブランド【プレゼント】

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. 寒いのに、ひどく汗をかくのはなぜ? 医師が教える発汗の抑え方

    10. サプリメントを摂る必要は本当にあるの? 医師に聞きました

    1. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    2. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    7. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    8. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    9. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 魅力的だけど太りやすい「冬のごちそう」5選

    4. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    5. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    8. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    9. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    10. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?