1. Home
  2. BODY
  3. そのサプリ、意味ある? 肌・髪・爪のためのサプリメントの真実

そのサプリ、意味ある? 肌・髪・爪のためのサプリメントの真実

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

47,609

MYLOHAS編集部

粉や錠剤のサプリメントを飲んで、ツヤッとした肌、輝くしなやかな髪、早くのびて割れない爪を手に入れるなんて、本当にできるのでしょうか?

サプリ0

もちろん、そういうすばらしい効果をうたっている商品はたくさんあります。そしてセレブや美容ブロガーが、日々のコラーゲンスムージーやビオチンサプリを絶賛してるのも周知の通り。でも、そんな盛りあがりにもかかわらず、科学的な裏づけのある美容サプリなんてほとんどないんです

「皮膚科医の多くは、健康な人に対して、飲むタイプのサプリをおすすめしていません」と、ノースウェスタン・メディスン病院の皮膚科医であるシェリル・ホイヤーさん。それって、すべてのサプリがお金のムダってこと? それとも、本当に効果的なものもあるの? 専門家が直々に教える、ビオチン、ケラチン、コラーゲン、その他のポピュラーなものについての真実をご紹介します。

01. ビオチン

サプリ1

「健康な肌、髪、爪の細胞を作るには、たんぱく質の代謝が必要。別名ビタミンB7としても知られるビオチンは、体内でのたんぱく質の代謝を活性化するのに不可欠です。ビオチンが深刻に不足している人は、抜け毛、湿疹、爪割れなどが起こりやすく、サプリで不足したビオチンを補うと、それらの症状が改善します」(カリフォルニア大学サンディエゴ校の助教授/アート オブ スキンズの創業者でもあるメラニー・パームさん)

しかし最新の18件の研究によると、一日に奨励される30マイクログラムほどのビオチンを取っていれば、それ以上をむやみに取っても美容を促進させる効果はないとのこと。バランスの取れた食事をしていれば、ビオチンはほぼ確実に足りています。ビオチンは卵、サーモン、豚肉、ハンバーガー、ひまわりの種、サツマイモ、アーモンド、ブロッコリー、ほうれん草などに含まれています。

02. 妊婦用ビタミン剤

サプリ2

妊娠している女性の髪がボリュームアップしてツヤもあり、とても早く伸びるのは有名なこと。しかし、ポピュラーな思い込みに反して、それは妊婦用ビタミンを飲んでいるからではありません。「妊娠するとホルモンによって髪の成長が促進されます。つまり、ビタミンは関係ありません。妊娠しているかどうかに関わらず、妊婦用サプリメントが髪に効くという証拠はないんです」(ホイヤーさん)。

よって、おなかにベビーがいても、またはベビーが欲しくても、髪のために妊婦用ビタミンを買うのはやめたほうがいいでしょう。

03. ケラチン

サプリ3

ケラチンは髪、肌、爪の表面を作る構造たんぱく質で、体内で十分な量を作り出せます。でも美容マニアたちは、サプリによって髪がさらに強くなり、ツヤが出ると主張します。

でも、これには証拠がありません。実際、ケラチンは胃酸に対して強い抵抗力があるので、サプリを飲むことはメリットよりもデメリットが多い可能性があります。「ネコはよく舌で毛づくろいをしますが、腸内で毛玉ができて、結局は吐き出しています。なぜなら、ネコは毛にあるケラチンを消化できないからです。」(ホイヤーさん)そんな顛末になりたくありませんよね。

04. コラーゲン

サプリ4

ケラチンと同じように、コラーゲンも天然由来の構造たんぱく質で、肌に滑らかさとハリを与えます。そして、加齢によってコラーゲンの生成力が落ちると、肌にシワが現れます。

じゃあ、サプリでコラーゲンを補えば若さを保てるの? ある会社が出資した研究によると、60日間小さじ3杯のコラーゲン製品を飲んだ女性には、肌の乾燥やシワを抑える効果があったそう(企業がらみでない研究はとってもレアです)。

でも、これは確実な解決法ではありません。「食事やサプリでコラーゲンを取ると、腸の中でアミノ酸に分解されます。そのアミノ酸をどのように使うかは、身体の判断次第。血管を構成するたんぱく質になるかもしれないし、肝臓を修復するかもしれないし、脳を刺激するかもしれません。コラーゲンになるとは限らないのです。」(パームさん)言い換えると、コラーゲンは若返りに効果があるかもしれませんが、その保証はないんです

05. ビタミンC

サプリ5

「ビタミンCは抗酸化物質なので、確かにポテンシャルがありそう。ビタミンCを取るとコラーゲンの生成が促進され、コラーゲンが劣化するのを防ぎ、皮膚の色素を沈着させるメラニンの生成を抑えて、老化や皮膚がんを予防する効果があります。

じゃあ、何が問題かというとそれはビタミンCをたくさんとっても、肌に取り込まれる量はほんのわずかってこと。塗るタイプのビタミンCなら効果がありそうですが、それでもおすすめできる確かな証拠はありません。だから私はビタミンC信者ではありませんが、とって悪いこともないかなと思っています」(ホイヤーさん)。

06. オメガ3系 脂肪酸

サプリ6

本当に効くかもしれないサプリがこれ。健康な髪や肌の細胞のために、この脂肪酸は不可欠です。「肌の細胞膜はコレステロールからできていて、オメガ3系 脂肪酸はその維持に必要です。同じように、オメガ3系 脂肪酸はダメージレスな髪にも効果的。言い方を変えると、適量のオメガ3系脂肪酸をとると、ツヤ肌、美髪になれるということ。もし日常的にサーモンやマグロなどの魚を食べていないなら、毎日500ミリグラムのDHAやEPAを摂るようにします。DHAやEPAはもっとも効果的なオメガ3系脂肪酸で、脂肪分の多い魚に含まれているのです」(パームさん)。 『ネイチャーメイド フィッシュオイルピールス』は毎日の必要量を取るのにおすすめ。

07. レスベラトロール

サプリ7

赤ワインに含まれる素敵な抗酸化物質ががんを予防したり、心臓によいという話は信憑性がいまいちだったりするけれど、肌には効くのでしょうか? レスベラトロールがあたらしい細胞の生成をスピードアップさせ、老化防止に役立つという見方があります。

でも、レスベラトロールのサプリを飲むと若く見えるなんて、専門家が納得するには不十分。

「自分の患者さんには、効果が実証されていて、本当に効果的なものだけにこだわるように伝えています。トレチノイン、アダパレン、タザロテンといったレチノイド化合物の塗り薬は、肌のダメージを修復する証明があります。そして日焼け止めを使うと、肌のダメージが確実に予防されます」(ホイヤーさん)

Marygrace Taylor/The Truth About Skin, Hair, And Nail Supplements

訳/STELLA MEDIX Ltd.

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 放っておくと薄くなる!? 抜け毛の深刻化を防ぐ、医師おすすめの解決策

    4. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    5. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 【クイズ】すぐやせる糖質制限ダイエット。何が落ちてる?

    9. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    10. カヒミ・カリィさんの、おいしく楽しい、栄養豊かな毎日を送るヒント

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    7. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    8. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. LDLコレステロール値を下げたい。管理栄養士の「不摂生を立て直す食事」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?