1. Home
  2. EAT
  3. 食べる紫外線対策。抗酸化力が上がる食材の選び方、食べ方

食べる紫外線対策。抗酸化力が上がる食材の選び方、食べ方

7,900

片岡理森

真夏の日差しに肌がジリジリします。顔も体も、日焼け止めはもちろん塗っているけれど、それだけでは心もとないような。体の内側からの紫外線対策を考えてみたくなりました。

野菜や果物をパワーアップさせる食べ方

1807_uvcare_01

image via shutterstock

紫外線対策を考えるとき、キーワードになってくるのは「抗酸化力」ではないかと思います。紫外線によって増えてしまう活性酸素は、肌の乾燥やシミ・シワの原因をつくったり、深刻な影響としては皮膚がんや眼の病気の原因にもなるといわれているからです。活性酸素の増加を抑える抗酸化力が期待できる食材といえば、カラフルな緑黄色野菜果物……と、この程度の基本的な知識はもっていたので、日ごろからなるべく野菜や果物を摂り入れるように意識はしていました。でも実は、それらの食材の選び方や調理の仕方をひと工夫すると、より抗酸化力がアップするのだとか。

まず、選ぶときはなるべく「熟したもの」を選ぶのがベスト。

1807_uvcare_02

image via shutterstock

抗酸化力も味わいも完熟した時が一番に! バナナは、“シュガースポット”と呼ばれる茶色い斑点が出ると、抗酸化力が2倍以上に増加。糖度も増すので、おいしさもアップ。抗酸化力が高いパプリカも、完熟野菜なんです。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

そして、食べるときは栄養素が外に溶け出さないように、こんな工夫を。

1807_uvcare_03

image via shutterstock

カロチンは油と一緒に摂るのが吸収率を高める秘訣。人参やかぼちゃなどカロチンを含む野菜は、塩もみでしんなりさせてからオリーブオイルをプラス。サラダで食べるのがおすすめです。カロチンは油に溶ける脂溶性のビタミンなので、油と一緒に摂ることで吸収率がより高まり、抗酸化力もアップします。(中略)蓮根やごぼうなど根菜類は、筑前煮、きんぴら、カレーにシチューなど、“炒めて”から“煮る”調理法で食べるのが◎。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

1807_uvcare_04

image via shutterstock

また、美容面でも重要視されているビタミンA・C・Eは、「3つが合わさると助け合う働きをし、抗酸化力や栄養価を向上させる」(「太陽笑顔fufufu」より)のだとか。ミックスジュースにして飲むといいかもしれません。

熟成期間が長い調味料をチョイス

1807_uvcare_05

image via shutterstock

さらに、調味料でもひと工夫。醤油や味噌など発酵した調味料がおすすめなのだとか。

醤油や味噌など発酵した調味料は、抗酸化力も高いもの。特にたまり醤油など、熟成期間の長いものほど旨みが強く、抗酸化力も高くなります。調理に使う際に、食材や他の調味料との化学変化で、抗酸化力が増す場合も多くあります。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

醤油、味噌以外でも、酢や塩麹、イタリアンでよく使うバルサミコ酢や、エスニックのナンプラー(魚醤)なども発酵調味料です。

食事から紫外線対策をするのはむずかしいように思っていましたが、ちょっとしたひと手間を加えることで続けていけそうなものばかり。同時に栄養バランスも上がって免疫力もつきそうです。内側から紫外線をはね返すようなパワーを身につけて、夏の日差しの下で楽しみたい。

太陽笑顔fufufu

    Ranking

    1. 【心理テスト】あなたを「カイロ」で表すと? タイプ別の性格診断

    2. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    3. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    4. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    5. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    6. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    7. 気持ちよ〜く伸びてぽかぽか。冷え性にも効く「椅子ヨガ」3選

    8. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    9. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    2. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    3. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    4. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    5. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    6. うちの肉じゃがは煮込み時間15分。わが家の定番おかずの話

    7. 【心理テスト】あなたを「カイロ」で表すと? タイプ別の性格診断

    8. 寒い季節の過ごし方で「代謝」が変わる。いま取り入れたい食材は?

    9. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    10. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    3. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    4. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    5. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    6. どん底にいた私が「人生楽しい」と思えるようになるまでにした5つのこと/描き子さんインタビュー

    7. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    8. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    9. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    10. 【クイズ】焼き芋とポップコーン、便秘解消にいいおやつはどっち?

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら