1. Home
  2. EAT
  3. 食べる紫外線対策。抗酸化力が上がる食材の選び方、食べ方

食べる紫外線対策。抗酸化力が上がる食材の選び方、食べ方

4,792

真夏の日差しに肌がジリジリします。顔も体も、日焼け止めはもちろん塗っているけれど、それだけでは心もとないような。体の内側からの紫外線対策を考えてみたくなりました。

野菜や果物をパワーアップさせる食べ方

1807_uvcare_01

image via shutterstock

紫外線対策を考えるとき、キーワードになってくるのは「抗酸化力」ではないかと思います。紫外線によって増えてしまう活性酸素は、肌の乾燥やシミ・シワの原因をつくったり、深刻な影響としては皮膚がんや眼の病気の原因にもなるといわれているからです。活性酸素の増加を抑える抗酸化力が期待できる食材といえば、カラフルな緑黄色野菜果物……と、この程度の基本的な知識はもっていたので、日ごろからなるべく野菜や果物を摂り入れるように意識はしていました。でも実は、それらの食材の選び方や調理の仕方をひと工夫すると、より抗酸化力がアップするのだとか。

まず、選ぶときはなるべく「熟したもの」を選ぶのがベスト。

1807_uvcare_02

image via shutterstock

抗酸化力も味わいも完熟した時が一番に! バナナは、“シュガースポット”と呼ばれる茶色い斑点が出ると、抗酸化力が2倍以上に増加。糖度も増すので、おいしさもアップ。抗酸化力が高いパプリカも、完熟野菜なんです。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

そして、食べるときは栄養素が外に溶け出さないように、こんな工夫を。

1807_uvcare_03

image via shutterstock

カロチンは油と一緒に摂るのが吸収率を高める秘訣。人参やかぼちゃなどカロチンを含む野菜は、塩もみでしんなりさせてからオリーブオイルをプラス。サラダで食べるのがおすすめです。カロチンは油に溶ける脂溶性のビタミンなので、油と一緒に摂ることで吸収率がより高まり、抗酸化力もアップします。(中略)蓮根やごぼうなど根菜類は、筑前煮、きんぴら、カレーにシチューなど、“炒めて”から“煮る”調理法で食べるのが◎。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

1807_uvcare_04

image via shutterstock

また、美容面でも重要視されているビタミンA・C・Eは、「3つが合わさると助け合う働きをし、抗酸化力や栄養価を向上させる」(「太陽笑顔fufufu」より)のだとか。ミックスジュースにして飲むといいかもしれません。

熟成期間が長い調味料をチョイス

1807_uvcare_05

image via shutterstock

さらに、調味料でもひと工夫。醤油や味噌など発酵した調味料がおすすめなのだとか。

醤油や味噌など発酵した調味料は、抗酸化力も高いもの。特にたまり醤油など、熟成期間の長いものほど旨みが強く、抗酸化力も高くなります。調理に使う際に、食材や他の調味料との化学変化で、抗酸化力が増す場合も多くあります。

(「太陽笑顔fufufu」より引用)

醤油、味噌以外でも、酢や塩麹、イタリアンでよく使うバルサミコ酢や、エスニックのナンプラー(魚醤)なども発酵調味料です。

食事から紫外線対策をするのはむずかしいように思っていましたが、ちょっとしたひと手間を加えることで続けていけそうなものばかり。同時に栄養バランスも上がって免疫力もつきそうです。内側から紫外線をはね返すようなパワーを身につけて、夏の日差しの下で楽しみたい。

太陽笑顔fufufu

片岡理森

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    3. 私たちって共依存? セラピストが教えるチェックポイント8つ

    4. ポテトチップスを食べ出すと止まらないのはなぜ? 無駄な食欲を減らす方法

    5. 「昨日の食べ過ぎ」を帳消しにする、おすすめのランチメニュー

    6. 3秒で“体のゆがみ”を無料計測。体と心を整えるオアシス、知ってる?

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. クサくなるのは疲れてるから? 医師が教える、加齢臭の対策法

    10. 穀物・乳製品はナシ! だけど腹持ちのよいヘルシー朝食11選

    1. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    2. アボカド好きに朗報!しっかり果肉が詰まったおいしいアボカドを選ぶ方法

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. ジェニファー・ロペスも挑戦した、10日間で砂糖中毒から抜け出す方法

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. むくみが気になるなら避けて。塩分を多く含む8つの食品

    9. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    10. 砂糖もバターも使わない! 食物繊維たっぷりなヘルシーブラウニー

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    8. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン