1. Home
  2. STYLE
  3. 鼻が利く清水 香さんの臭いダイアリー

鼻が利く清水 香さんの臭いダイアリー

白元アース株式会社

湿度の高い日本の夏。紫外線も手強いけれど、地味につらいのが「ニオイ」です。世の中にはいろんなニオイがあるけれど、ポジティブな意味での「匂い」より、「臭い」のほうが多い気がするのがこの季節。自分の臭いに気をつけることはできても、他人の臭いとなると指摘するのも難しくなります。

こんなとき、臭いに敏感な人はどうしているのでしょうか? とある女性の日常をのぞいてみました。

あなたのそばにもいるかも。「清水 香」さんみたいな女性

hakugen_01_a

社会人10年目の清水 香(しみず・かおり)さん。32歳、独身、チャームポイントはサラッと清潔感のある黒髪ボブ。2年前に別れてから彼氏はいないものの、「仕事忙しいし、まぁいっか」と焦る様子もないマイペース至上主義。「楽チン」を理由にオフィスではパンツスタイルを貫き、昼はテキパキと小気味よく仕事をこなし、夜は気ままなひとり暮らしを満喫しています。

そんな彼女には、他の人とはちょっと違ったスペックがありました。それは、とにかく「鼻が利く」ということ

「鼻が利く」彼女の仕事術

hakugen_02

午前9時、遅刻気味の人があわててオフィスに出勤してくるころ、清水さんはすでにフルスロットルで業務をこなしています。「15時までに重たい仕事は終わらせる」のが清水さんのペース。それができるのも「鼻が利く」という特技のおかげです。

「C社のカタログのデザイン、ちょっと色を変えたみたいだけど確認とってるのかな。今度のデザイナー、なーんかきな臭いのよね。クレームは芽のうちに潰しとかないと……。あとで電話しておこうっと」
「いつも愛妻弁当のO部長、今日はコンビニランチなんだ。イライラしてるし、スーツよれてるし、奥さんとケンカでもしたのかなぁ。C社の提案書もうできてるけど、チェックしてもらうの明日にしようかな」
「向かいの席の後輩Aちゃん、今日は香水強めかも。ワンピースだし、これ絶対合コンかデートでしょ。残業にならないように、おととい頼んだアレ進捗確認しとかなきゃ」

こんな調子で、鋭い観察眼と嗅覚を生かした“先読み力”が清水さんの武器。清水さんに頼むとトラブルが少ない、状況判断が的確なので仕事がしやすいと、周囲からの評価は上々。後輩からは頼れる先輩、上司からは任せられる部下として一目置かれているのです。

帰宅ラッシュでは特技が悩みに

hakugen_03

いっぽう、その特技に振り回されてしまうことも。鋭すぎる嗅覚は諸刃の剣。仕事においては強みでも、頭痛の種に変わってしまうことがあります。

最悪なのは、日々の通勤や帰宅ラッシュの車内。新陳代謝の盛んなスポーツ少年の汗、ぺっとりと光る紳士の整髪料、マダムのたおやかな香水……いろいろなニオイが渾然一体となって、清水さんを苦しめるのです。

「はぁー、甘酸っぱい女子高生の制汗剤のニオイも、まわりと混ざるとすごいパンチ力……。マスクをしても防げない!!」

自制心の強い清水さんも、この時間だけは心穏やかではいられない。そこら中に消臭スプレーを吹きかけたい衝動と闘いながら、魔の20分間を乗り切るしかありません。

hakugen_04

満員電車だけでなく、街を歩いているとプーンと漂ってくる都会独特のニオイも、夏は強くなるような気がします。繁華街を行けば焼き肉や、喫煙所周辺のタバコの臭い、交通量の多い道路の排気ガスなど、たくさんの臭いに遭遇するので、真夏でも街中を歩くときはマスクが手放せません。

「くんくん。それでもなんだか臭うと思ったら、これ私の服の生乾きのニオイ!? ああ……。」

唯一ほっとできる居場所を作るには

hakugen_05

そんな清水 香さんがようやくほっとできるのは、いとしい自分の部屋にたどり着き、消臭スプレー「ノンスメル清水香」をひと吹きする瞬間。こもった空気の嫌な臭いも、パンツスーツにしみついたしつこい臭いもスッキリ落ちて、気持ちも解放されるのだそう。

仕事が立て込んで疲れた夜は、落ち着きのあるウッディ調の「ウッディフレッシュの香り」か、上品で爽やかな「ハーバルフレッシュの香り」をチョイス。ほのかな香りに癒やされて、明日への元気がわいてきます。

早めに帰れてお料理をがんばった日は「無香タイプ」をシュッ。キッチンに窓がない清水 香さんのお部屋ですが、「ノンスメル清水香」を使えば気になるニオイが残りません。アロマやお香の香りを楽しむときも、「無香タイプ」で空間をリセットしてから……が清水さんの習慣。

そして友達を家へ招く日は、華やかで女性らしい「フローラルフレッシュの香り」をシュシュッ。もしデートに誘われたら、この香りをお気に入りの服にひと吹きしていくつもりでいます。なにかと鼻が利く清水 香さんにとって、「ノンスメル清水香」は手放せない存在のようです。

消臭だけじゃない。除菌もできる「ノンスメル清水香」

seisuika_item

ノンスメル清水香」は、業務用消臭剤から誕生した家庭用の消臭スプレー。衣類や布製品にしみついたニオイだけでなく、空間の気になるニオイまでくまなく消臭。アルコール濃度が高いことから乾きが早く、使用後もベタベタしないので、湿気の多い夏も気持ちよく使える便利なアイテムです。

ノンスメル清水香」の消臭力がなぜ優れているかというと、アルコール成分が布の繊維にしみついたニオイ物質を溶かし、消臭成分がニオイ物質をにおわない物質へと変えてくれるから。同時に除菌もできるので、ニオイの原因となる菌の増殖を抑え、ニオイの発生も軽減します。

ホテル業界のプロが認めた、確かな消臭力と除菌効果が「ノンスメル清水香」の特長。空間をリセットしたいときは無香タイプ、ほのかな香りでリラックスしたいときは3種類の微香タイプと、気分に合わせて選んでみてください。

ノンスメル清水香

イラスト/古荘風穂 文/ 田邉愛理

【合わせて読みたい】

オフィスの「におい問題」を解決するには? 仕事に役立つ「スメルマネジメント」を考える

「いま、オフィスのトレンドは『オープンスペース』です。フロアからパーティションをなくすだけでなく、執務スペースと休憩場所がひとつなぎになった、いわゆ...

https://www.lifehacker.jp/2018/07/nonsmell-seisuika.html

旅のプロでも不可避!海外旅行中の思いがけないトラブルとは? | ROOMIE(ルーミー)

旅ライターとして活躍する小林香織さんは、好きなタイミングで国内外を旅しながら、さまざまなウェブメディアや個人ブログで旅にまつわる記事を執筆している、旅のプロ。短...

https://www.roomie.jp/2018/07/438810/

    Ranking

    1. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    2. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    3. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    4. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    5. 結局、ほとんどの不調は「自律神経」。自律神経を乱す3大原因とは?

    6. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    7. イライラしたら「実況中継」。ムダなケンカをなくすアンガーマネジメントのスキル

    8. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    1. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    2. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    3. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    4. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    5. 家事の小さなストレスを減らしてくれる、こだわりの「スポンジ」

    6. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    7. しっかり胸を開いて深呼吸。寝ても疲れが取れないときに試したいストレッチ

    8. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    9. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    10. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    1. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    2. 【心理テスト】しめじ、舞茸、エリンギ。あなたを「きのこ」に例えたら? タイプ別性格診断

    3. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    4. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    5. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    6. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    7. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    8. 自分なりの定番が2~3品あればいい。おせち作りのハードルを下げるひと工夫

    9. 結局、ほとんどの不調は「自律神経」。自律神経を乱す3大原因とは?

    10. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと