1. Home
  2. MIND
  3. 身体によい食事は、BGMの選択からはじまるってホント?

身体によい食事は、BGMの選択からはじまるってホント?

1,094

1807_music_meal01

image via shutterstock

音楽が健康な心と身体の維持に役立つという研究については、これまでにも取り上げてきました。2018年4月末に『Journal of the Academy of Marketing Sciences』で発表されたサウスフロリダ大学ムーマビジネスカレッジの研究によれば、音楽は食事のチョイスにも影響を与えることがわかりました。

音楽のボリュームによって選ぶメニューが変わる

1807_music_meal02

image via shutterstock

同カレッジのマーケティングを専門とするディパヤン・ビスワス教授をはじめとする研究者らは、この研究のためにストックホルムのレストランで、数日間にわたってさまざまなジャンルの音楽を2種類のボリューム(55デシベル/70デシベル)で流し、注文の統計を取りました。

その結果、次のことが判明しました。流れる音楽のボリュームが大きいと、体によくないメニューを注文する客が52%だったのに対し、静かな音楽が流れているときは42%でした。同様に、身体によい食品を注文した客の割合は、静かな音楽が流れている時のほうが大きいものでした。

(「Newsweek」より翻訳引用)

そう言われてみれば、食欲がないと思いながら入ったレストランで、自分でも思いがけずボリューミーなものを注文してしまったり、騒がしいパーティ会場で、普段なら食べないようなものをつまんだ経験が私にも何度かあります。あれは、もしかしたらBGMや騒音のなせる業だったのかもしれません。

音楽のもつ心理的作用を食事に活かす

1807_music_meal03

image via shutterstock

研究者たちは(これを)次のように説明します。ソフトな音楽は、心を鎮める効果を持つため、私たちは選ぶ食品についても注意深くなり、サラダのような身体によいものを選びやすくなりますまわりの音が高いと、刺激とストレスを増やすため、バーガーなど身体によくないオプションを取りやすくなるのです。

(「Newsweek」より翻訳引用)

スーパーなどでも同じことが言えますから、あまりに混んでいたり、BGMが騒音に近い店での買い物は、できれば避けたいところです。さらに、自宅では、料理段階から静かな曲を聞くようにすれば、ばっちり身体によい食事が作れそうです。

また、これから外食時には、メニューや値段、雰囲気だけでなく、BGMにも注意して、レストランを選びたいと思いました。

Newsweek

冠ゆき

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    2. 【お悩み】マンネリ化してしまったパートナーをその気にさせる方法は?

    3. 医師に聞く、性欲のメカニズムとは? よい人間関係とセックスは関係ない

    4. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    5. 将来病気になりにくい人は、腕立て伏せを何回できる?

    6. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    7. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    8. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    3. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 「納豆キムチ」の健康パワーとは? この組み合わせがおすすめな理由

    7. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 妊娠と誤診された大きなお腹。医師も驚いた本当の病気は......

    3. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    4. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    8. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは