1. Home
  2. MIND
  3. 身体によい食事は、BGMの選択からはじまるってホント?

身体によい食事は、BGMの選択からはじまるってホント?

1807_music_meal01

image via shutterstock

音楽が健康な心と身体の維持に役立つという研究については、これまでにも取り上げてきました。2018年4月末に『Journal of the Academy of Marketing Sciences』で発表されたサウスフロリダ大学ムーマビジネスカレッジの研究によれば、音楽は食事のチョイスにも影響を与えることがわかりました。

音楽のボリュームによって選ぶメニューが変わる

1807_music_meal02

image via shutterstock

同カレッジのマーケティングを専門とするディパヤン・ビスワス教授をはじめとする研究者らは、この研究のためにストックホルムのレストランで、数日間にわたってさまざまなジャンルの音楽を2種類のボリューム(55デシベル/70デシベル)で流し、注文の統計を取りました。

その結果、次のことが判明しました。流れる音楽のボリュームが大きいと、体によくないメニューを注文する客が52%だったのに対し、静かな音楽が流れているときは42%でした。同様に、身体によい食品を注文した客の割合は、静かな音楽が流れている時のほうが大きいものでした。

(「Newsweek」より翻訳引用)

そう言われてみれば、食欲がないと思いながら入ったレストランで、自分でも思いがけずボリューミーなものを注文してしまったり、騒がしいパーティ会場で、普段なら食べないようなものをつまんだ経験が私にも何度かあります。あれは、もしかしたらBGMや騒音のなせる業だったのかもしれません。

音楽のもつ心理的作用を食事に活かす

1807_music_meal03

image via shutterstock

研究者たちは(これを)次のように説明します。ソフトな音楽は、心を鎮める効果を持つため、私たちは選ぶ食品についても注意深くなり、サラダのような身体によいものを選びやすくなりますまわりの音が高いと、刺激とストレスを増やすため、バーガーなど身体によくないオプションを取りやすくなるのです。

(「Newsweek」より翻訳引用)

スーパーなどでも同じことが言えますから、あまりに混んでいたり、BGMが騒音に近い店での買い物は、できれば避けたいところです。さらに、自宅では、料理段階から静かな曲を聞くようにすれば、ばっちり身体によい食事が作れそうです。

また、これから外食時には、メニューや値段、雰囲気だけでなく、BGMにも注意して、レストランを選びたいと思いました。

Newsweek

冠ゆき

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 良質な睡眠、肌ツヤUP、太りにくい体へ。食べ方で血糖をコントロール!

    2. 腰に一番よい寝姿勢は? 腰や背中が痛いときオススメの寝方を専門家が指南

    3. 痩せてきたのに、なんかクサイ。「ダイエット臭」って知ってますか?

    4. おやつ代わりに! ヘルシー&空腹になりにくい低糖フルーツ9種

    5. あなたが知ってる「代謝」の知識、実は間違っているかも。ファスティングは代謝をあげない?

    6. 相手の本音がわかる、7つのボディーランゲージ

    7. 女性が楽しめる、オーガニックウイスキーやジンのおすすめブランド

    8. 数分で眠りに落ちる。アメリカ海軍から学ぶ睡眠テクニック

    9. カヒミカリィさんが、NYのダイエット事情をお届け

    10. 足裏を鍛えるといいことづくめ。1日10分の簡単エクササイズ

    1. 糖質制限でガマンしない、失敗しない。糖質で太らない5つのヒント

    2. 「この日空いてる?」と予定を聞かれたときのスマートなかわし方

    3. 本当に二日酔いに効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    4. キスだけでもうつる「梅毒」がいま増加中! 初期サインを見すごさないで

    5. 管理栄養士が教える、食べ過ぎた次の日のNG行動3つ

    6. 足裏を鍛えるといいことづくめ。1日10分の簡単エクササイズ

    7. おやつ代わりに! ヘルシー&空腹になりにくい低糖フルーツ9種

    8. 腰に一番よい寝姿勢は? 腰や背中が痛いときオススメの寝方を専門家が指南

    9. 良質な睡眠、肌ツヤUP、太りにくい体へ。食べ方で血糖をコントロール!

    10. 数分で眠りに落ちる。アメリカ海軍から学ぶ睡眠テクニック

    1. あなたは大丈夫? 糖尿病予備軍の見過ごせないサイン7つ

    2. 「歩くたびに疲れがとれる」と噂のサンダルを履いてみた

    3. レモンウォーターは本当に健康の効果があるの? 2週間試してみた結果

    4. 40代から「感情」が老化する。とても簡単な脳のアンチエイジング法

    5. 若年性乳がん、どんな人がなりやすい?

    6. 歯周病菌は女性ホルモンが好き? 30代で変えたいデンタルケアの基本

    7. 糖質制限でガマンしない、失敗しない。糖質で太らない5つのヒント

    8. 「この日空いてる?」と予定を聞かれたときのスマートなかわし方

    9. 本当に二日酔いに効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    10. 医師が教える副腎疲労。ひどい疲れには3つの“フリー”

    身体によい食事は、BGMの選択からはじまるってホント?

    FBからも最新情報をお届けします。