1. Home
  2. MIND
  3. 身体によい食事は、BGMの選択からはじまるってホント?

身体によい食事は、BGMの選択からはじまるってホント?

1,163

冠ゆき

1807_music_meal01

image via shutterstock

音楽が健康な心と身体の維持に役立つという研究については、これまでにも取り上げてきました。2018年4月末に『Journal of the Academy of Marketing Sciences』で発表されたサウスフロリダ大学ムーマビジネスカレッジの研究によれば、音楽は食事のチョイスにも影響を与えることがわかりました。

音楽のボリュームによって選ぶメニューが変わる

1807_music_meal02

image via shutterstock

同カレッジのマーケティングを専門とするディパヤン・ビスワス教授をはじめとする研究者らは、この研究のためにストックホルムのレストランで、数日間にわたってさまざまなジャンルの音楽を2種類のボリューム(55デシベル/70デシベル)で流し、注文の統計を取りました。

その結果、次のことが判明しました。流れる音楽のボリュームが大きいと、体によくないメニューを注文する客が52%だったのに対し、静かな音楽が流れているときは42%でした。同様に、身体によい食品を注文した客の割合は、静かな音楽が流れている時のほうが大きいものでした。

(「Newsweek」より翻訳引用)

そう言われてみれば、食欲がないと思いながら入ったレストランで、自分でも思いがけずボリューミーなものを注文してしまったり、騒がしいパーティ会場で、普段なら食べないようなものをつまんだ経験が私にも何度かあります。あれは、もしかしたらBGMや騒音のなせる業だったのかもしれません。

音楽のもつ心理的作用を食事に活かす

1807_music_meal03

image via shutterstock

研究者たちは(これを)次のように説明します。ソフトな音楽は、心を鎮める効果を持つため、私たちは選ぶ食品についても注意深くなり、サラダのような身体によいものを選びやすくなりますまわりの音が高いと、刺激とストレスを増やすため、バーガーなど身体によくないオプションを取りやすくなるのです。

(「Newsweek」より翻訳引用)

スーパーなどでも同じことが言えますから、あまりに混んでいたり、BGMが騒音に近い店での買い物は、できれば避けたいところです。さらに、自宅では、料理段階から静かな曲を聞くようにすれば、ばっちり身体によい食事が作れそうです。

また、これから外食時には、メニューや値段、雰囲気だけでなく、BGMにも注意して、レストランを選びたいと思いました。

Newsweek

    specialbunner

    Ranking

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    4. 下腹部をガッツリ凹ます、カエルみたいな動きの筋トレ

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    7. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    8. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    9. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    10. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    3. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    4. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    8. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    9. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    10. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?