1. Home
  2. EAT
  3. ダイエットに適しているチーズとは? 簡単に作れるレシピつき

ダイエットに適しているチーズとは? 簡単に作れるレシピつき

2,629

片岡理森

タンパク質やカルシウムが豊富なチーズは、ダイエット中でも摂りたい食材だと聞きます。それでも、やっぱりカロリーが気になるところ。

ダイエットに適しているチーズとは?

1807_cottagecheese_01

image via shutterstock

ダイエットカウンセラー大西ひとみさんによると、大西さんがフィットネス大会に出る際に、実際に3か月間毎日食べていたチーズがあるそうです。それは、カッテージチーズ

カッテージチーズは脂肪分が非常に少なく、高タンパクなチーズです。(中略)低脂肪(1%)のものから作られたものになると、カロリーは74kcal、タンパク質は12.4g、脂質は1g、炭水化物は3.2gになります。(中略)タンパク質は基礎代謝を維持・増加させるのに不可欠な上に、腹もちを良くさせる効果もあり、食べ過ぎを防いでくれるので、ダイエットの強い味方になってくれる重要な栄養素です。

(「Diet Plus」より引用)

低カロリーばかりを意識して、ただ体重を落とすだけのダイエットは、体に悪影響を与えたり、リバウンドの可能性もあります。より健康的で美しくシェイプアップした体をつくるダイエットを考えたとき、タンパク質は欠かせない栄養素。低脂肪で高タンパクなカッテージチーズは、理想的な食材と言えそうです。

さっそく食事に摂り入れていきたいところですが、カッテージチーズは身近なスーパーではあまり見かけない食材。大西さんによると、低脂肪牛乳を使って簡単に手作りできるのだとか。

低脂肪カッテージチーズの作り方

1807_cottagecheese_02

<材料>(1人分/約125g/カロリー約72kcal)

  • 低脂肪牛乳…1リットル
  • レモン汁…大さじ6

<作り方>

  1. 鍋に牛乳を入れて中火にかけ、木べらでかき混ぜながら85℃になるまで温め火を止めます。(温度計がない人は、鍋の周りに小さな泡がふつふつと出てくるようになるのを目安に火を止めてください。)
  2. 1にレモン汁を加えて、さっと軽くかき混ぜたら20分ほどおいておきます。
  3. ボウルにさらし布をしき、2を流し入れ絞ります。さらし布に残ったものがカッテージチーズです。
  4. 3にお好みでフルーツを飾り、ハチミツをかけて召し上がってください。

(「Diet Plus」より引用)

低脂肪牛乳とレモン汁だけで作れるとは驚き。あっという間にできるので、これなら毎日でも続けられそう。

1807_cottagecheese_03

image via shutterstock

クセのない味わいなので、食べ方のアレンジもいろいろ考えられます。フルーツやハチミツをかけたり、サラダにのせたり。焼いたバゲットにトマトやサーモン、ディルなどのハーブと一緒にのせれば、ちょっとおしゃれな前菜にも。いつものサンドイッチの具に加えたり、パンケーキに混ぜたら、栄養もおいしさもアップしそうです。

ダイエットを意識しているときにチーズを摂るのは不安でしたが、種類を選べば、むしろ積極的に摂り入れたい食材だということがわかりました。満腹感も得られるので、食事に対するストレスも減って、我慢することなくスリムで美しい体がつくれそうです。

Diet Plus

    specialbunner

    Ranking

    1. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    2. 肌やメンタルを左右する女性ホルモン、コレステロールが関係している?

    3. 人気ボールペンがスタイリッシュに収納できる「飛び出すペンケース」セット

    4. 肩こり、腰痛、動悸、息切れ...。医師にきく症状別「更年期対策」

    5. 最大24アイテムが試せる! メイクやスキンケア盛りだくさんコフレ4選

    6. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    7. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    8. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. 「感謝する」気持ちを大切に。夜習慣で変わる人間関係

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 【クイズ】完全栄養食の卵に入っていない栄養素はどれ?

    7. がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    5. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    6. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    7. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?

    8. 聞こえているのに聞き取れない...耳の障害「APD」の症状と改善策

    9. 炭酸飲料や果汁100%ジュースを飲み続けるとどうなる!?

    10. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?