1. Home
  2. BODY
  3. 美容と健康に欠かせない! 医師監修の“腸内フローラ”基礎知識

美容と健康に欠かせない! 医師監修の“腸内フローラ”基礎知識

腸内環境を整える

4,798

「腸活」「腸内環境をととのえて健康に」など、私たちの美容と健康には、腸を元気にすることが欠かせません。ですが、便秘や下痢など腸のトラブルはだれしも経験したことがあるのではないでしょうか。

腸を元気にするためにとても重要なのが「腸内フローラ」です。腸内フローラとはどんな役割をしているのか、基礎を学んでいきましょう。

  1. そもそも腸内フローラとは?
  2. 腸内細菌って? それぞれの役割は?
  3. どういう腸内環境がベストなのか?
  4. 腸のバランスが悪いと、健康状態はどうなるのか

1. そもそも腸内フローラとは?

腸内フローラを表すイラスト

私たちの腸の中には、約1000種類、100兆個もの細菌が生息しています。これらを腸内細菌といい、その重さは1.5〜2キロほどもあるといわれています。「細菌」と聞くと身体に悪いイメージがありますが、これらの細菌は私たちの健康になくてはならないものが多くあります。

腸内細菌は、種類ごとにグループを形成してまとまり、腸の壁面に棲んでいます。これらを顕微鏡でのぞくと、お花畑(flora)のように見えることから、腸内フローラと呼ばれています。

腸内フローラの様子は、人それぞれで違います。人種や年齢でも違いますし、普段の食事や生活習慣によっても変わってきます

2. 腸内細菌って? それぞれの役割は?

腸内細菌を表すイラスト

腸内細菌は、善玉菌、悪玉菌、日和見菌と、大きくわけて3つに分類されます。

善玉菌

私たちのカラダにいいはたらきをしてくれるもので、乳酸菌やビフィズス菌などの種類があります。免疫力を高めて感染症にかからないようにしたり、食べたものの消化吸収を助ける、ビタミンを合成する、腸管運動を促進するなどの作用があります。

善玉菌のなかでも、その数がもっとも多いのがビフィズス菌です。その数は、うんち1gあたり100億個以上といわれています。

悪玉菌

その名の通り、カラダの中で有害な物質を作る菌です。代表的なものに、大腸菌やウェルシュ菌、黄色ブドウ球菌などがあります。

これらの菌は、腸の中を悪玉菌が増殖しやすいようにアルカリ性に傾けていき、腸内を腐敗させたり、発がん物質や毒素といった有害な物質を作り出していきます。

日和見菌

善玉菌と悪玉菌のどちらか優勢なほうに味方をする菌で、腸内フローラの7割を占めます。腸内が酸性に保たれていて善玉菌の味方をしているときは問題ありませんが、免疫力が下がったり、アルカリ性に傾きはじめると、悪玉菌と一緒になって腸内で悪いはたらきをすることがわかっています。

ですが、日和見菌の詳しい機能や種類はまだまだわかっていないことがたくさんあります。

3. どういう腸内環境がベストなのか?

腸内細菌のバランスを表すイラスト

「お花畑」という名の通り、バランスが整った腸内フローラは、色とりどりの美しい花が一面に咲き誇り、甘い蜜やいい香りが漂っているようなイメージです。

その一方で、腸内フローラのバランスが崩れると、咲き誇っていた花が枯れてしまい、見るも無残な状態になってしまいます。

バランスがいい腸内フローラは、善玉菌、悪玉菌、日和見菌が2:1:7の割合で腸内に存在する状態。悪玉菌が優勢になり、このバランスが崩れると、カラダにはさまざまな悪影響が及びます。

4. 腸のバランスが悪いと、健康状態はどうなるのか

腸内のバランスが崩れ、腹痛を起こしている女性を表すイラスト

ではあなたの腸内フローラのバランスが崩れていないかどうか、下記のチェックリストを試してください。

・便秘が続いている
・下痢をすることが多い
・肌荒れがひどい
・最近、集中力がなくなってきた
・気分が落ち込むことが多い
・太りやすくなった
・カラダがむくみやすい
・疲れが取れづらい
・夜はなかなか寝付けず、朝起きてもスッキリしない
・風邪をひきやすい

腸内のバランスが崩れ、肌荒れを起こしている女性を表すイラスト

悪玉菌が優勢になり、腸内フローラのバランスが崩れると、悪玉菌が作り出す有害物質が増えます。有害物質は、便秘や下痢といったお腹の調子を悪くするだけでなく、肌荒れや肩こり、老化、太りやすさなどにも関係するといわれています。

これ以外にも、うつ病や糖尿病や過敏性腸症候群、脂肪肝、大腸がんなどの病気を引き起こす原因になるともいわれています。


特に私たちは、便秘がちという人も多いのではないでしょうか。長年便秘に悩んでいると出ないことに慣れてしまい「一日くらい出なくても大丈夫」「週末に下剤で出せばいいか」と気楽に考えている人は要注意です。

2016年の厚労省の調査によると、日本人女性のがんの部位別死亡率の1位は大腸がんです。罹患者数も乳がんの次に多くなっています。

今は大丈夫でも、将来をいきいきと健康に暮らすのであれば、腸内フローラを整える生活習慣を身につけることはとても大事なことなのです。

便秘改善の凄腕ドクターに聞いた「腸活」におすすめのスーパーフード3選

女性の美とアンチエイジングを長年追求してきた小林メディカルクリニックの小林暁子院長に取材。「第2の脳」と呼ばれるほど複雑で重要な器官であり、心とカラ...

https://mylohas.net/2018/06/169081intestines.html

参照元:『便活ダイエット~便秘外来の医師が教える、排便力がアップする11のルール』小林弘幸(ワニブックス)、『人生を変える賢い腸のつくり方−ココロまで整える腸内フローラ活性術』内藤裕二(ダイヤモンド社)

文/大場真代、イラスト/古荘風穂

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    2. 消防士や警察官も実践! 16秒でできる、緊張感を和らげる方法

    3. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    4. 腟や外陰部の違和感、感じたことありませんか?

    5. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    6. ぬくもり香る柔軟剤「アロマリッチ フローラルキャンドルアロマの香り」で寒い冬を乗り切る【プレゼント】

    7. あなたも「急かし」症候群? 自分のリズムを取り戻す7つの方法

    8. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    9. 低脂肪・高タンパクな簡単レシピ。鶏むね肉のソテー トマトヨーグルトソース

    10. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    1. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. おからパウダーの効果は? おいしいダイエットレシピ3選

    5. 肺がんにならないために、今日からできること10

    6. 咳と鼻づまりをやわらげる、自宅でできる対処法11

    7. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    8. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 肺がんにならないために、今日からできること10

    美容と健康に欠かせない! 医師監修の“腸内フローラ”基礎知識

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More