1. Home
  2. EAT
  3. ハーブティーソムリエに聞いた、30代女性が常備しておきたい種類は?

ハーブティーソムリエに聞いた、30代女性が常備しておきたい種類は?

4,547

横山かおり

1806_herbtea_01

image via shutterstock

薬を飲むほどではないけど、なんとなく調子がよくない……そんなときにおすすめなのがハーブティー。ハーブティーは薬ではありませんが、体にやさしく作用し、心身を整えやすくするといわれます。

今回は、ハーブティーのインストラクター資格をもち、「はあぶ教室」を開講されているハーブティーソムリエの岡部さんにお話を伺いました。

常備しておきたい3つのハーブティー

1806_herbtea_02

image via shutterstock

――家に常備しておきたいハーブティーは何でしょうか?

まず常備して欲しいハーブは、味や香りがはっきりしているもの。次の3つのハーブティーは手に入りやすいですし、揃えておくと便利ですよ。

1つ目は、ジャーマンカモマイル(カモミール)不安ストレスがたまっているときや、ドキドキして眠れないときなどに使います。やわらかな甘さがあり、単品でミルクティーにするのもおすすめ。粘膜を保護してくれるので、喉の痛いとき風邪の引きはじめなどに。また、芯から身体を温めてくれるので冷え性の方にもおすすめです。

市販のものは、最初からペパーミントとブレンドされた状態で販売されているときがあるので、購入の際は成分をきちんと確認してからにしましょう。薬効は花の中心の黄色の部分に多く、茎や葉には含まれていません。花の部分がきちんと入っているのもを選んでください。安いものは茎や葉しか入っていないものが多いので要チェック。

1806_herbtea_03

image via shutterstock

2つ目は、レモングラスです。胃の働きを助け、消化促進作用があると言われるので、食べ過ぎたときや胃もたれに。他にも殺菌効果腹痛下痢頭痛熱っぽい風邪のときにも使われます。爽やかな味と香りで、年齢性別問わず飲みやすいハーブです。妊娠中・授乳中は控えましょう。

1806_herbtea_04

image via shutterstock

3つ目は、ローズです。ホルモンバランスを整えるといわれるハーブのトップ3に入っています。味よりも香りを楽しみながら飲むハーブで、生理痛にもおすすめ。ほかにもイライラをやわらげ落ち込んだ気持ちを前向きにしてくれたり、熱っぽいとき下痢・便秘にも。劣化しやすいので購入後は早めに使い切るようにしましょう。直射日光や湿気には十分気をつけて。妊娠中・授乳中は控えましょう。

30代〜40代の女性におすすめのハーブティー

1806_herbtea_05

image via shutterstock

――肌質や体質が変わりやすい30代〜40代の女性におすすめのハーブティーは?

次の4種類がおすすめです。

(1)ルイボス……活性酸素の除去に役立ち、健康的な若々しさを保つ手助けをしてくれます。アレルギー症状の緩和もサポートし、花粉症気管支喘息アトピーなどにもおすすめです。茶葉のグレードがあるので、オーガニックを選ぶといいですよ。

(2)ネトル……ミネラルが豊富で血液をきれいにするといわれます。体質改善貧血予防花粉症などのアレルギー症状の緩和もサポート。単品では飲みにくいので、常備ハーブに少量ブレンドして楽しみながら飲むのがおすすめです。

(3)ローズヒップ……ビタミン全般(A・B・C・D・E・K)が含まれるハーブ。体の調子や肌を整えるのにビタミンは必須です。ただし、ハーブティーはお湯で抽出するため、水溶性ビタミンのBとCのみしか摂取できません。ハーブティーとして楽しんだ後は、ハチミツなどと混ぜて食べるのもおすすめです。

なお、ティーの水が赤くなるのは単品のローズヒップティーではありません。単品でのローズヒップティーは明るくきれいな黄色となり、酸味も多少ありますが強くはありません。赤くて酸っぱいものはハイビスカスがブレンドされています。ブレンドされていることが悪いわけではありませんが、そのつもりで使ってください。

(4)マルベリー……蚕(かいこ)のエサとなる「桑の葉」のことです。糖の吸収血糖値の上昇を抑えるといわれ、食事の約30分前に飲むとダイエット効果も期待できます。糖尿病の予防にも。腸内環境を整えてくれるので便秘の方にもおすすめ。単品でも飲みやすいハーブです。日本では健康茶としても親しまれてきたものです。

1806_herbtea_06

image via shutterstock

自己判断でハーブティーをブレンドするのは危険ですので、まずは単品から楽しんでみてください。ハーブティーの力を借りて、穏やかに過ごしていたいですね。

はあぶ教室, インスタグラム

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた