1. Home
  2. BODY
  3. 自律神経が乱れてない? 肥満や疲れ、あらゆる不調の対策法

自律神経が乱れてない? 肥満や疲れ、あらゆる不調の対策法

25,729

20180722_matome

体のあらゆる活動をコントロールする「自律神経」。自律神経には、活動する=ONモードで活発になる交感神経と、休む=OFFモードで活発になる副交感神経の2種類があり、状況に応じてどちらかが優位になっています。自律神経が乱れてくると、体にはさまざまな不調があらわれるのです。気をつけたい内容と対策法をご紹介。

肥満の原因は、自律神経の乱れ

diet0418_02_shutterstock_524311474

応用生理学とスポーツ医学のスペシャリスト、京都大学名誉教授 森谷敏夫先生によると、自律神経がきちんと機能すれば、私たちの体は「食欲のコントロール」と「脂肪の分解燃焼」が自動的に行われるのだそう。自律神経をよみがえらせる方法や、ダイエット方法をチェック。
糖質カットは健康を損なう「水の泡ダイエット」〜京都大学名誉教授 森谷敏夫先生が説く「失敗しないダイエット」とは?

ドクターに聞く自律神経の整え方

20160224_jiritsu_top

自律神経研究の第一人者である小林弘幸ドクターによる、自律神経にまつわることの基本編。「自律神経失調症はあらゆる不調の前兆」だそう。セルフコントロールする方法を取り入れて、バランスを整えたいですね。
自律神経研究の第一人者小林弘幸ドクターに聞く自律神経の整え方

30代女性に多い、自律神経が乱れて起きる「冷えのぼせ」

bodystrategy13_2

冷えやすい生活から自律神経のバランスが乱れて起きる、「冷えのぼせ」。放っておくと、疲れ、不眠、不安、イライラ、肩こり、むくみ、めまい、頭痛、腰痛、生理痛、吹き出物などの不調を起こすことも。あなたは大丈夫? リストに当てはまらないかチェックしてみて。
手足は冷たいのに、上半身だけボーッと熱くなったら?

音楽を聴いて、自律神経やホルモンのバランスを整える

shutterstock_435712963

医学博士・工学博士・薬学博士である藤本幸弘先生によると、リズムとメロディ、ハーモニーから成る音楽が脳にはたらきかけ、自律神経やホルモンのバランスを整えていくそう。耳からの刺激は脳にダイレクトに届き、快楽ホルモン“ドーパミン”や、幸せホルモン“セロトニン”などさまざまなものが分泌されるそう。おすすめの曲もぜひチェックして。
「音楽を聴いてリラックスできる」は、本当?

ハンドマッサージが心とカラダにもたらす4つの効果

20180329_hand

ハンドマッサージでリラックスすることで副交感神経を刺激し、自律神経を整えるそう。快感や幸福感を感じるホルモン、オキシトシンの分泌にもひと役買ってくれるとのこと。記事ではハンドマッサージのポイントや、覚えておきたいツボを紹介しています。
ハンドマッサージが心とカラダにもたらす4つの効果

自律神経を整え、心が落ち着くセルフケア呼吸法

180104_breath_top

自分の意思で自律神経系をコントロールする方法、「呼吸」。深くゆっくりと体の内側をしっかり使って呼吸することで、副交感神経が優位になりOFFモードに導けるそう。深い呼吸には、内臓へのマッサージ効果もあると言われています。呼吸法を取り入れて、心と体をリラックモードへ。
自律神経を整え、心が落ち着くセルフケア呼吸法

文/寺田佳織(マイロハス編集部)、image via shutterstock

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    3. ダイエット&美肌に、朝1杯の「レモン白湯」がおすすめな理由

    4. 知らない間にストレスを蓄積させている行動習慣とは

    5. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    6. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    7. 夜のお出かけ前はこれだけやればOK!「お疲れ顔」がよみがえるメイク直しテク

    8. ちょっとくらい掃除をさぼっても大丈夫! 半永久的に抗菌できる加湿器

    9. オバマ夫妻も取りくんだ不妊治療、IVF(体外受精)について知りたい

    10. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    5. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    6. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    7. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    8. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 肺がんにならないために、今日からできること10

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    自律神経が乱れてない? 肥満や疲れ、あらゆる不調の対策法

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More