1. Home
  2. BODY
  3. 自律神経が乱れてない? 肥満や疲れ、あらゆる不調の対策法

自律神経が乱れてない? 肥満や疲れ、あらゆる不調の対策法

64,064

MYLOHAS編集部

20180722_matome

体のあらゆる活動をコントロールする「自律神経」。自律神経には、活動する=ONモードで活発になる交感神経と、休む=OFFモードで活発になる副交感神経の2種類があり、状況に応じてどちらかが優位になっています。自律神経が乱れてくると、体にはさまざまな不調があらわれるのです。気をつけたい内容と対策法をご紹介。

肥満の原因は、自律神経の乱れ

diet0418_02_shutterstock_524311474

応用生理学とスポーツ医学のスペシャリスト、京都大学名誉教授 森谷敏夫先生によると、自律神経がきちんと機能すれば、私たちの体は「食欲のコントロール」と「脂肪の分解燃焼」が自動的に行われるのだそう。自律神経をよみがえらせる方法や、ダイエット方法をチェック。
糖質カットは健康を損なう「水の泡ダイエット」〜京都大学名誉教授 森谷敏夫先生が説く「失敗しないダイエット」とは?

ドクターに聞く自律神経の整え方

20160224_jiritsu_top

自律神経研究の第一人者である小林弘幸ドクターによる、自律神経にまつわることの基本編。「自律神経失調症はあらゆる不調の前兆」だそう。セルフコントロールする方法を取り入れて、バランスを整えたいですね。
自律神経研究の第一人者小林弘幸ドクターに聞く自律神経の整え方

30代女性に多い、自律神経が乱れて起きる「冷えのぼせ」

bodystrategy13_2

冷えやすい生活から自律神経のバランスが乱れて起きる、「冷えのぼせ」。放っておくと、疲れ、不眠、不安、イライラ、肩こり、むくみ、めまい、頭痛、腰痛、生理痛、吹き出物などの不調を起こすことも。あなたは大丈夫? リストに当てはまらないかチェックしてみて。
手足は冷たいのに、上半身だけボーッと熱くなったら?

音楽を聴いて、自律神経やホルモンのバランスを整える

shutterstock_435712963

医学博士・工学博士・薬学博士である藤本幸弘先生によると、リズムとメロディ、ハーモニーから成る音楽が脳にはたらきかけ、自律神経やホルモンのバランスを整えていくそう。耳からの刺激は脳にダイレクトに届き、快楽ホルモン“ドーパミン”や、幸せホルモン“セロトニン”などさまざまなものが分泌されるそう。おすすめの曲もぜひチェックして。
「音楽を聴いてリラックスできる」は、本当?

ハンドマッサージが心とカラダにもたらす4つの効果

20180329_hand

ハンドマッサージでリラックスすることで副交感神経を刺激し、自律神経を整えるそう。快感や幸福感を感じるホルモン、オキシトシンの分泌にもひと役買ってくれるとのこと。記事ではハンドマッサージのポイントや、覚えておきたいツボを紹介しています。
ハンドマッサージが心とカラダにもたらす4つの効果

自律神経を整え、心が落ち着くセルフケア呼吸法

180104_breath_top

自分の意思で自律神経系をコントロールする方法、「呼吸」。深くゆっくりと体の内側をしっかり使って呼吸することで、副交感神経が優位になりOFFモードに導けるそう。深い呼吸には、内臓へのマッサージ効果もあると言われています。呼吸法を取り入れて、心と体をリラックモードへ。
自律神経を整え、心が落ち着くセルフケア呼吸法

文/寺田佳織(マイロハス編集部)、image via shutterstock

    regularbanner

    Ranking

    1. 性生活は大事。シングルマザーの彼女が愛に目覚めたきっかけは?

    2. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    3. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    4. プロテイン入りの食品は本当に健康にいいの? 買う前に自問すべき3つの質問

    5. お酒をやめるとやせますか? 3か月の禁酒で5.4kgの成功例は

    6. とかすだけで簡単ストレートヘア。SALONIAの新ヒートブラシ【プレゼント】

    7. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    8. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    9. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    1. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    2. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    3. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?

    4. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    5. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    6. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    7. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    8. 【保存版】インフルエンザ対策! 完全ガイド

    9. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    10. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    5. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    6. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?