1. Home
  2. BODY
  3. 自律神経が乱れてない? 肥満や疲れ、あらゆる不調の対策法

自律神経が乱れてない? 肥満や疲れ、あらゆる不調の対策法

61,651

MYLOHAS編集部

20180722_matome

体のあらゆる活動をコントロールする「自律神経」。自律神経には、活動する=ONモードで活発になる交感神経と、休む=OFFモードで活発になる副交感神経の2種類があり、状況に応じてどちらかが優位になっています。自律神経が乱れてくると、体にはさまざまな不調があらわれるのです。気をつけたい内容と対策法をご紹介。

肥満の原因は、自律神経の乱れ

diet0418_02_shutterstock_524311474

応用生理学とスポーツ医学のスペシャリスト、京都大学名誉教授 森谷敏夫先生によると、自律神経がきちんと機能すれば、私たちの体は「食欲のコントロール」と「脂肪の分解燃焼」が自動的に行われるのだそう。自律神経をよみがえらせる方法や、ダイエット方法をチェック。
糖質カットは健康を損なう「水の泡ダイエット」〜京都大学名誉教授 森谷敏夫先生が説く「失敗しないダイエット」とは?

ドクターに聞く自律神経の整え方

20160224_jiritsu_top

自律神経研究の第一人者である小林弘幸ドクターによる、自律神経にまつわることの基本編。「自律神経失調症はあらゆる不調の前兆」だそう。セルフコントロールする方法を取り入れて、バランスを整えたいですね。
自律神経研究の第一人者小林弘幸ドクターに聞く自律神経の整え方

30代女性に多い、自律神経が乱れて起きる「冷えのぼせ」

bodystrategy13_2

冷えやすい生活から自律神経のバランスが乱れて起きる、「冷えのぼせ」。放っておくと、疲れ、不眠、不安、イライラ、肩こり、むくみ、めまい、頭痛、腰痛、生理痛、吹き出物などの不調を起こすことも。あなたは大丈夫? リストに当てはまらないかチェックしてみて。
手足は冷たいのに、上半身だけボーッと熱くなったら?

音楽を聴いて、自律神経やホルモンのバランスを整える

shutterstock_435712963

医学博士・工学博士・薬学博士である藤本幸弘先生によると、リズムとメロディ、ハーモニーから成る音楽が脳にはたらきかけ、自律神経やホルモンのバランスを整えていくそう。耳からの刺激は脳にダイレクトに届き、快楽ホルモン“ドーパミン”や、幸せホルモン“セロトニン”などさまざまなものが分泌されるそう。おすすめの曲もぜひチェックして。
「音楽を聴いてリラックスできる」は、本当?

ハンドマッサージが心とカラダにもたらす4つの効果

20180329_hand

ハンドマッサージでリラックスすることで副交感神経を刺激し、自律神経を整えるそう。快感や幸福感を感じるホルモン、オキシトシンの分泌にもひと役買ってくれるとのこと。記事ではハンドマッサージのポイントや、覚えておきたいツボを紹介しています。
ハンドマッサージが心とカラダにもたらす4つの効果

自律神経を整え、心が落ち着くセルフケア呼吸法

180104_breath_top

自分の意思で自律神経系をコントロールする方法、「呼吸」。深くゆっくりと体の内側をしっかり使って呼吸することで、副交感神経が優位になりOFFモードに導けるそう。深い呼吸には、内臓へのマッサージ効果もあると言われています。呼吸法を取り入れて、心と体をリラックモードへ。
自律神経を整え、心が落ち着くセルフケア呼吸法

文/寺田佳織(マイロハス編集部)、image via shutterstock

    Ranking

    1. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    2. 糖質制限と脂質制限ダイエット。管理栄養士がメリット・デメリットを解説

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. サウナでも体は鍛えられる! 研究でわかったサウナの優れた健康メリット

    6. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 乳がんになった人は、卵巣がんになりやすい!?

    9. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    6. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    7. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    10. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?