1. Home
  2. STYLE
  3. 6月28日は幸せをはこんでくるストロベリームーンを見るチャンス!

6月28日は幸せをはこんでくるストロベリームーンを見るチャンス!

星と暮らす

5,099

「ストロベリームーン」とは、夏至にいちばん近い満月(もしくは、6月の満月)のこと。そのネーミングは、ネイティブ・アメリカンが季節に応じて満月につけた名前に由来するといわれています。

今年は6月21日(木)が夏至だったので、いちばん近い満月は6月28日(木)。さあ、もうすぐストロベリームーンがめぐってきます!

イチゴは初夏の収穫物。だからストロベリームーン

strawberrymoon_01

日本では春のイメージが強いイチゴですが、そもそもの旬は初夏。初夏に山へトレッキングに行くと、赤く色づきはじめた野イチゴをよく見かけますよね。

1年のうちに12回あらわれる満月を、大自然のいとなみの節目と考えていたネイティブ・アメリカンは、ほぼ一定のサイクルでめぐってくる満月に、身近な動物や季節の収穫物などの名前をつけました。彼らが、初夏の恵みであるイチゴと、6月の満月を結びつけたのは、自然のなりゆきといえるかもしれません。

イチゴと6月の満月のつながりは、初夏という季節だけではなく、その色にも関係性があります。というのも、この時季の満月は赤みがかってみえることがあるからです。

なぜ赤みをおびて見えるのか?

strawberrymoon_02

日本を含む北半球では、太陽の高さは夏に高く、冬に低くなります。それとは反対に、満月の高さは夏に低く、冬に高くなります。つまり、1年のうちで太陽の高さ(南中高度)がもっとも高くなる夏至のころの満月は、真南に昇っても低めに位置しているということ。朝日や夕日が赤くみえるように、低空にいる満月も赤っぽくみえることがあるわけです。

とはいえ、品種改良された真っ赤なイチゴのように見えるわけではありませんし、当日の天候や大気の状態に左右されて赤みをおびないことだってあります。赤い満月が見られたら、かなりラッキーだと思ってください。

ねらい目は、夕方の東の低空

せっかくめぐってきた年に一度の機会ですから、赤みがかったストロベリームーンをひと目見たいですよね。まったくチャンスがないわけではありません。狙うべきタイミングは、月が東の空に昇ってきたとき。

東から昇ってきたばかりの太陽が赤く見えるのと同じように、満月も赤っぽく(もしくはオレンジ色や、黄色が強い感じ)に見える可能性が高いといえます。東京の月の出の時刻は、18時58分(日の出の時刻が地域によって違うように、月の出の時刻も異なります)。ですから、19時頃から東の低空に注目していれば、ストロベリームーンに出合えるかもしれません。

一説によると、ストロベリームーンを見ると、「幸せになれる」「好きな人と結ばれる(結婚できる)」のだそう。そんな言い伝えを知っておくと、よりいっそう満月を見るワクワクや喜びが感じられそうです。

景山えりか

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    4. 生米から30分で、もちもち玄米ごはんを作る方法 【TOKYO VEGAN】

    5. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    6. ふたりの関係に刺激をプラス! カップルに試してほしいこと<後編>

    7. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    8. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    9. 寒い日のヨガレッスンに。足元を温めながらリラックスできるレッグウェア

    10. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    1. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. 4人に3人は経験する膣カンジダ。自分で簡単に治せます!

    4. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    5. 医師が教える、便秘4タイプ。「便秘は治療が必要な病気」

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. カリスマ女医が教える、「美肌菌」が増える食事の13か条

    8. 便秘改善に効果的な8つの方法。まずは、おならを出そう

    9. 太りやすい人、太りにくい人の違いって何? ドクターに聞きました

    10. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    3. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    7. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    8. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    9. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    10. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    6月28日は幸せをはこんでくるストロベリームーンを見るチャンス!

    FBからも最新情報をお届けします。