MYLOHAS

[ Special Feature ]

今日も明日も。
自分クオリティ、もっと上がる。

あなたは大丈夫? 正しいムダ毛処理のやり方をチェック

むだ毛を処理する女性

──グリッティより転載

もう何年も続けているムダ毛処理。

本当は全身脱毛したいけど、予算の事情でずっとカミソリ処理ばかり……。

だけど、いつも自己流で、じつは正しい処理方法を知らないってことに気づきました。

クイズに答えて、自分のムダ毛処理を見直そう

そこで、ムダ毛処理に関するクイズに答えて、自分のいまのやりかたが正しいかどうか確かめてみましょう。


Q1. カミソリで剃るときの正しい方向は?

A. 毛の流れに逆らって
B. 毛の流れに沿って

[正解]
B. 毛の流れに沿って
逆剃りはしっかり剃れる分、肌を傷つけてしまう危険も。基本は毛の流れに沿って剃りましょう。


Q2. 埋没毛の正しい処理は?

A. 毛抜きでていねいに抜いてあげる
B. ボディスクラブで古い角質をとってあげる

[正解]
A. 毛抜きで抜く
スクラブは炎症の原因になるのでNG。毛抜きで上手に抜けたらベストですが、心配な場合は皮膚科を受診してください。


Q3. ムダ毛処理後の正しいアフターケアは?

A. クリームで保湿する
B. 皮膚をやわらかくするためにお湯で温める

[正解]
A. クリームで保湿する
剃ったばかりの肌は角質が薄くなっていてデリケート。刺激の少ないクリームで保湿して乾燥を防ぎましょう。


Q4. カミソリで剃る場合、正しいのは?

A. バスタイムで体を洗うときに石鹸の泡を使って剃る
B. 乾いた状態の肌に乳液やクリームを塗布して剃る

[正解]
B. 乾いた状態の肌に乳液やクリームを塗布して剃る
クリームで皮膚を保護して剃ることで、必要な角質を取りすぎることなく剃ることができます。

いままで当たり前にやってきたムダ毛処理だけど、意外と自分の知識は間違っていたみたい……。

ポツポツ肌の原因は毛穴周りの炎症だった!

女性の脚

意外と気づいてなかったムダ毛処理の間違い。

じつは、そんな間違ったムダ毛処理が黒ずんだ毛穴周りなどの炎症を引き起こし、ポツポツ肌の原因になることもあるのだそう。

そう教えてくれたのは、秋葉原スキンクリニックの廣澤朋子先生です。


廣澤先生「カミソリで剃るということは、皮膚表面をピーリングしている状態。古い角質も一緒に剃ることで肌がトーンアップしたりと美容効果も期待できますが、高頻度で剃っていると、皮膚を守る角質層まで削ってしまい、バリア機能が弱くなったり、摩擦がかかったりすることで、毛穴付近に炎症が起きてしまうこともあります」

炎症が起きると赤くなり、しばらくするとメラニンによる色素沈着がおきて黒くなるのだそう。これが、ポツポツ肌の原因。

きれいになりたくて繰り返してきたムダ毛処理が、じつはポツポツ肌の原因だったなんて!

正しいケア方法をおさらいして、ポツポツ肌とはさよなら

女性の脚

とはいえ、夏場はムダ毛を処理する機会も増えるので、いくら正しい処理をしていてもポツポツ肌を回避できないときも。そんなときの救世主が、毛穴周りの炎症を改善できる医薬品「ケアノキュア®です。

ケアノキュア®

[第2類医薬品]ケアノキュア®

ケアノキュアはカミソリや毛抜きなどのムダ毛処理によって目立つようになったポツポツ肌を改善し、きれいなすべすべ素肌へと導いてくれるクリーム

有効成分が炎症を抑え、肌の新陳代謝をうながすことで毛穴にアプローチ。また、菌の繁殖を抑える殺菌成分が配合されています。

伸びのいいクリームを1日に数回気になるところに塗りこむと、炎症で黒ずんだ毛穴周りにしっかり作用。

いままでは保湿するくらいにとどまっていたけど、これからは医薬品による治療という新しい選択肢で、毛穴の目立たない肌を手に入れることができそう。

ケアノキュア

[第2類医薬品]ケアノキュア®

間違った自己流には、もうさよなら。

正しいムダ毛処理とケアノキュアを味方につけて、この夏は素肌にもっと自信を持ちたい。

ケアノキュア

Sponsored by 小林製薬株式会社


廣澤朋子先生

廣澤朋子先生

東京女子医科大学医学部医学科卒業後、日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、大学病院勤務を経て、平成28年より秋葉原スキンクリニック勤務。どんな質問にもていねいにやさしく答えてくれ、患者から絶大な支持を得ている。

撮影(商品)/中山実華 写真/Shutterstock 文/諫山由梨子

test