1. Home
  2. BODY
  3. 薄い色は栄養不足? 経血の色6パターンでわかる身体の変化

薄い色は栄養不足? 経血の色6パターンでわかる身体の変化

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

96,176

MYLOHAS編集部

毎月やってくる生理。腹痛やおなかの張り、疲労感なども一緒に連れてきて、悩みのタネですが、もうすこし敬意を払う価値があるかもしれません。何と言っても、身体全体の健康についてたくさんの情報を提供してくれるからです。

経血の色0

たとえば、生理が不順だと、甲状腺の問題、PCOS(「多嚢胞性卵巣症候群」という排卵障害)、ホルモンのアンバランスなどさまざまな原因が考えられるほか、体重がすくなすぎるという可能性も。そして生理が来なければ来ないで、妊娠検査を受けたくなる場合も。

経血の色からも、身体の中で何かが起こっているかもしれないとわかります。ピンク色や白味がかった明るい赤から暗褐色まで、さまざまな経血の色。次に、それが何を意味するのか、そして医師の診断を受ける方がよいのかどうかをご紹介します。

ピンクがかっている場合

経血の色1

「特にいつもより量がすくない場合、または熱心なランナーならエストロゲンがすくないのかもしれません」とニューヨークの機能性医学ナースプラクティショナー(臨床医と看護師の中間にあるアメリカの医療職)、マーガレット・ロメロさん。研究によると、運動しすぎるとエストロゲンの量が減って生理不順につながり、生理がなくなる場合もあるとか(プロの女性アスリートでは排卵が止まることもめずらしくありません)。

それほど重大には思えないかもしれませんが(せめて1、2回でも、生理をスキップできたらいいのにと願うのは皆同じ)、エストロゲン量が下がったのに放っておくと、骨粗しょう症のリスクが高くなります。ですから、最近マラソンのトレーニングを始めた、生まれてはじめてエクササイズを始めた、あるいは運動の強度を高くしたなどの場合で、突然経血の色が薄くなり、量が減ったり止まったりしたら、医師に相談する方がよいかも。

ロメロさんによると、ピンク色っぽい経血の原因としてはほかに栄養失調、PCOS、それから閉経に備えて卵巣がエストロゲンをあまり作らなくなる閉経周辺期(一般的には閉経の4、5年前ころに起こります)に入った、などがあります。

水っぽく見える場合

経血の色2

「栄養不足かもしれません」とニューヨークのマウント・サイナイ医科大学の臨床助教、アリッサ・ドウェックさん。白っぽくて薄い経血は、特に普通ならば生理がすこし重くなるはずの時期に軽くなる一方であるならば、重い貧血のサインだそう。2、3回の生理の間、様子を見て、当てはまるかもしれないと思ったら、栄養不足の検査について医師に相談。

混乱しそうですが、生理が重い場合も鉄不足の可能性があります(生理が重い女性236人を調べたフィンランドの研究によると、27%が鉄不足、60%が重症の貧血でした)。1時間もしないうちに生理用ナプキンやタンポンから経血が染み出してしまう、夜にナプキンやタンポンを替えるために何度も目覚める、あるいはいつも疲れているなら、身体の鉄分量を調べてみても無駄ではありません。

暗褐色の場合

経血の色3

古くなった子宮内膜の破片と血液が、身体の外に出てきたのかも。でも、あわてないで。これは正常です。ドウェックさんによると、「必ずこういうことが起こる理由はわかっていませんが、血液がしばらくとどまっていて、とてもゆっくり出てくることがあるようです。そのため普通より長く酸化されるので、茶色や黒っぽい色に見えます」。

子宮内膜がはがれ落ちるペースは、人によってさまざまですが(雪のひとひらのように、生理は毎回違います)、たいていの場合、生理のはじめの頃か終わり頃に茶褐色の経血があっても心配する必要はありません

ジャムみたいな濃い赤色で大きなかたまりがある場合

経血の色4

プロゲステロン量がすくなくて、エストロゲン量が多いかも。ドウェックさんによると、すこしくらいかたまりがあるのは正常ですが、500円硬貨より大きいような場合は、重大なホルモンのアンバランスの可能性があります。ロメロさんのおすすめは、乳製品、大豆、砂糖を控えて、変化があるかどうか様子を見ること。

もうひとつの可能性は子宮筋腫。ほとんどが良性ですが、痛みを伴うことがあるので、かたまりの多い重い生理の原因ではないかと思ったら、超音波検査を受けてみましょう。

灰色と赤が混じっている場合

経血の色5

感染症かもしれません。「壊死のようなイヤな臭い」を伴う場合が多い、とドウェックさん。ちゃんと治療を受けられるように、検査してもらいます。

ドウェックさんによると、流産する女性でも、「レバー」みたいに見える灰色の組織のかたまりが混じることがありますから、妊娠や流産の可能性があると思う人は、できるだけ早く医師の診察を受けます。

クランベリーのような明るい赤色の場合

経血の色6

健康的で正常な生理です。もちろん、どう見えれば「正常」かは、人によって違いますが、一般的に言って、ちょっとチェリー味の粉末ジュースみたいに見える全体的に明るい赤色の経血であれば、すべてうまく行っているというサイン。

Alanna Nuñez/6 Things Your Period Blood Color Tells You About Your Health

訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    6. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    10. 「外陰部の腫れ」は悪性がんの恐れも。セルフチェックの方法は?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    10. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?