1. Home
  2. BODY
  3. あなたがいつもお疲れな7つの理由

あなたがいつもお疲れな7つの理由

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,949

いつもお疲れですか? それはあなただけじゃないんです。アメリカ人の5人に2人が週のほとんどで疲労を感じていると答え、アメリカ疾病対策センター(CDC)の研究では大人の3人に1人が十分な睡眠がとれていないそう。仕事や学校、家庭や友達付き合い、その他もろもろの関わりのなか、疲労を忙しさのせいにするのは簡単。

20180628_tukare

image via Shutterstock

でも、「なんでこんなに疲れているの? 」。といつも自問しているなら、それを“スルー”してはいけません。スケジュールを調整し、職場での仕事量を減らし、もっと寝るようにするなど2、3週間かけて生活習慣を変えていきます。

「こうした変化の後でも疲労感が続くなら、専門家の助けが必要です」とアトランタの内科医サンドラ・アダムソン・フライファーさん。過度の疲労はより深刻な病気や症状のサインで対処が必要な可能性が......。

これからあなたのもやもや感の原因かもしれない7つを説明しましょう。

貧血

貧血による疲労は、肺から組織や細胞に酸素を運ぶ赤血球が不足しているため。虚弱感や息切れを感じるはず。貧血は、鉄分やビタミンの欠乏、失血、内出血、関節リウマチ、がん、腎不全などの慢性疾患によって引き起こされるもの。

カリフォルニア大学サンフランシスコ校の臨床検査医学の非常勤教授で医師のローレンス・コラッシュさんによると、出産可能な世代の女性は、月経中の失血や妊娠中や授乳中の余分な鉄分の消費のために、鉄分不足の貧血に特にかかりやすいそう。

症状

常に疲れを感じるのは最たるもの。ほかには極端な衰弱感、不眠、集中力の欠如、心拍数の上昇、胸の痛み、頭痛などが。階段を登ったり短い距離を歩いたりするなどの簡単な運動で解消することができます。

検査

貧血の徹底的な調査には、身体検査、赤血球のレベルを調べるための全血球計算を含む血液検査があります。便失血の検査も一般的。

対処法

貧血は病気ではありません。解決が必要な何かが身体で進行している兆候です。そのため対処法も貧血の裏にある原因によって変わります。シンプルには鉄分の多い食品を多く取ること。ただし医師に正しい対処法をご相談を。

脱水

2-1

image via Shutterstock

疲れていたり気分が悪かったりするのは、しばらくの間、一杯の水を飲んでいなかったからでは? それは偶然ではないのです。脱水状態が気分やエネルギーレベルに実際に影響を与えることがあるから。研究者は脳の一部が水分が少ない時に縮むと考えています(驚きです)。このような認知症状が現れないよう過度な脱水を避けなければなりません。多少脱水しただけでもけだるく感じ始めるもの。研究によると75パーセントものアメリカ人が毎日十分に水分を取れていないそうです。

症状

のどが渇かないようにしなければいけませんが、それも症状の1つ。ほかには(疲労感に加えて)、濃い色の尿が出る、頭がぼーっとする、指の腫れ、頭痛、乾燥肌が。

検査

脱水は普通失った水分の体重に占める割合で判断されます。どれだけ脱水したかを知るため、次に運動する前と後に体重を計ります。1~2%ならわずかな脱水です。2~4%なら普通の脱水。5%以上ならかなりの脱水です(医師を呼んでください)。

対処法

普通の脱水までなら簡単。もっと水を飲むだけ!

甲状腺疾患

甲状腺ホルモンがバランスを崩しているときは、日々の活動でさえクタクタになるでしょう。甲状腺はネクタイの結び目くらいの大きさで首の前部にあり代謝をコントロールするホルモンを生み出します。甲状腺ホルモンが多すぎると(甲状腺機能亢進症)、代謝が速くなります。少なすぎると(甲状腺機能低下症)、代謝が遅くなります

症状

甲状腺機能低下症は筋肉の疲労感と衰弱感を引き起こし、太ももの変化から最初に気づくはず。自転車を漕いだり階段を登ったりするような運動もより困難になるからです。ほかの甲状腺異常の症状には、説明困難な体重減少、常にほてる感じ、心拍数の増加、生理の期間が短くなったり頻度が落ちたりする、のどの渇きの増加、などが。

「甲状腺機能亢進症は、20代と30代の女性で最もよく診断されますが、高齢女性や男性にも発症する可能性があります」と、コロンビア大学メディカルセンターニューヨーク甲状腺センターの共同ディレクターで医師のロバート・J・マコネルさん。

甲状腺機能低下症は、軽度の活動でも、疲労感、集中の困難、筋肉痛を引き起こします。そのほかの症状には水分貯留による体重増加、常に寒気を感じる(暖かい気候でも)、生理の出血が多く頻繁になる、そして便秘が。甲状腺機能低下症は、50歳以上の女性に最も多く、マコネルさんによると、事実、50歳以上の女性の10%は少なくとも軽度の甲状腺機能低下症だそう。

検査

甲状腺疾患は血液検査によって診断されます。「甲状腺機能障害は治療しやすいので、疲労感や筋肉の衰弱感を訴える人は検査を受けるべき」(マコネルさん)。

対処法

甲状腺疾患の治療法はさまざまですが、投薬、手術、または放射性ヨウ素の投与などがあります。

糖尿病

3-1

image via Shutterstock

毎年、100万人以上の人々が2型糖尿病と診断されていますが、より多くの人がかかっていることすら知らない可能性もあります。糖分は、グルコースとも呼ばれますが、体を動かす燃料になるものです。2型糖尿病の人々はグルコースを適切に使えず、血中に蓄積していきます。ジョンズ・ホプキンズ大学の研究者によると、糖尿病の人は、身体をスムーズに動かすエネルギーが足りないために、最初の警告サインとしてよく疲労を感じるそう。

症状

常に感じる疲労感のほかに、のどの過剰な渇き、頻尿、空腹、体重減少、短期、膣カンジダ症、視力障害が。

検査

二つの有名な検査があります。空腹時血糖値テストはより一般的で8時間の絶食後の血糖値を測定します。経口ブドウ糖負荷試験(OGTT)はブドウ糖液を飲む前と、その2時間後の2度に血液を採取します。

対処法

食事の改善、投薬、もしくは(それに加え)、インシュリン投与などで症状をコントロールする方法を医師が指導するでしょう。

うつ病

ブルーな気分、以上にうつ病は睡眠、食事、自分と他人への感覚に影響を与える重大な病気です。治療しなければ、症状は数週、数カ月、あるいは数年にわたって続くでしょう。

症状

私たちは皆同じようなうつ病になるわけではありません。でも一般的にはエネルギーの減退、睡眠や食事パターンの変化、記憶と集中力の障害、絶望感、無力感、ネガティブな考えを引き起こすものです。

検査

血液検査はありませんが、医師は一連の質問をすることでうつ病を特定することができます。もしあなたが以下の症状のうち5つ以上を2週間以上経験している、もしくはそれらが日常生活に支障をきたしているなら、医師かメンタルヘルスの専門家に相談しては。

  • 疲労感もしくはエネルギーの減退
  • 睡眠時間が少なすぎる、または多すぎる
  • 絶え間ない悲しさ・不安感・虚無感
  • 食欲減退と体重減少
  • 食欲と体重の増加
  • かつて楽しんでいた活動への興味や喜びの喪失
  • 落ち着かない、もしくは短気
  • 頭痛・慢性的疼痛・便秘やその他消化器の障害などの治療の効かないしつこい身体的症状
  • 集中・記憶・意思決定の困難
  • 罪悪感・絶望感もしくは無力感
  • 死や自殺を考えること

対処法

うつ病と闘うほとんどの人は、対話による治療と薬物療法の組み合わせによって改善しています。

慢性疲労症候群

4-1

image via Shutterstock

この厄介な症状は、急にやってくる強い疲労感を引き起こします。慢性疲労症候群(CFS)に苦しむ人は日常的な行動をするのにもとても疲れ、ちょっとした骨折りでも簡単にへとへとになるのです。

症状

他のサインとしては頭痛、筋肉と関節痛、衰弱感、リンパ節の過敏さ、集中の困難が。原因がわからないため、慢性疲労症候群は不可解なままです。

検査

何もありません。医師は診断を下す前に全身性エリテマトーデスや多発性硬化症のような症状の似た他の病気の可能性を除外しなければなりません。

対処法

悲しいことに、慢性疲労症候群には、認可された投薬治療はありません。セルフケア、抗うつ薬、対話による治療、またはサポートグループに参加することが役に立つでしょう。

睡眠時無呼吸

どれだけ休息を取っても起きている間に疲れている場合、この睡眠障害かもしれません。睡眠時無呼吸の症状には、睡眠中の短時間の呼吸を妨げられる状態が含まれます。最も一般的なタイプの閉塞性睡眠時無呼吸では上気道が実際に数秒間、閉塞もしくは虚脱し、呼吸を再開するため、起きるよう脳に警告します。「閉塞性睡眠時無呼吸の人には一晩で数十回または数百回も呼吸が止まってしまう人もいるはず」とテネシー州ノックスビルのバプテスト睡眠研究所の元医学ディレクターで医師のロザンヌ・S・バーカーさん。

症状

睡眠時無呼吸はしばしばいびきがサインとなり、たいてい翌日に疲労が続きます。また、心臓病、高血圧、脳卒中をもたらす可能性があるため、検査することが重要です。

検査

睡眠クリニックに一晩滞在し、睡眠ポリグラフ検査を受けます。これは睡眠パターン、呼吸の変化、脳の活動をモニターする痛みのない検査です。

治療

もし睡眠時無呼吸と診断されたなら、CPAP(持続陽圧)デバイスを処方されるでしょう。それは鼻と口にフィットするマスクで、寝ている時に気道に空気を送り込みます。状態の深刻さによっては医師は手術を勧めるかもしれません。

Julie Evans/7 Reasons You're Tired All The Time

訳/STELLA MEDIX Ltd.

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 運はつくれる。“いいこと”をたぐり寄せる7つの感情習慣

    2. 疲れを感じるのはこのせいかも。マグネシウム不足かもしれない6つのサイン

    3. 産婦人科医・宋美玄さん。セックス、生理...「悩みを打ち明けられることが多かった」

    4. ケイト・スペードの死で浮上した自殺にまつわる謎──自殺がいちばん多いのはどの時期か

    5. 暑さに負けない! 管理栄養士がすすめる「疲労回復食材」と成分リスト

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. 糖尿病を予防する7つの方法と、血糖値を自然に下げる7つの食品とは?

    8. 「心停止」と「心臓発作」の違い。知っていると、誰かの命を救えるかも

    9. 自律神経が乱れてない? 肥満や疲れ、あらゆる不調の対策法

    10. 人間関係をもっとスムーズにするには? 相手の心に響く話し方のヒント

    1. 運はつくれる。“いいこと”をたぐり寄せる7つの感情習慣

    2. 糖尿病を予防する7つの方法と、血糖値を自然に下げる7つの食品とは?

    3. 「会話のクセ」を見直すだけで、不幸な人間関係から脱出できる

    4. 正しい糖質制限って? 糖質が怖くなくなる6つの秘策

    5. 夜中に目覚めて眠れない...。寝つけなくなる5つの理由

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. 疲れを感じるのはこのせいかも。マグネシウム不足かもしれない6つのサイン

    8. 暑さに負けない! 管理栄養士がすすめる「疲労回復食材」と成分リスト

    9. 食べたい衝動に負けない5つの方法と、ヘルシーな食生活の最新情報6つ

    10. ケイト・スペードの死で浮上した自殺にまつわる謎──自殺がいちばん多いのはどの時期か

    1. 正しい糖質制限って? 糖質が怖くなくなる6つの秘策

    2. 運はつくれる。“いいこと”をたぐり寄せる7つの感情習慣

    3. 糖尿病を予防する7つの方法と、血糖値を自然に下げる7つの食品とは?

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 麺類を食べても太らない3つのコツ

    6. 人生が変わる。「習慣」を味方につけると起こるいいことは?

    7. 「会話のクセ」を見直すだけで、不幸な人間関係から脱出できる

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 薄い色は栄養不足? 経血の色6パターンでわかる身体の変化

    10. 人間関係をスムーズにして、「敵」を作らないためのマインド術

    あなたがいつもお疲れな7つの理由

    FBからも最新情報をお届けします。