1. Home
  2. MIND
  3. 本当の美人になる方法——マインド美人で、容姿も美人に!

本当の美人になる方法——マインド美人で、容姿も美人に!

運命を変えるマインド革命

13,679

斎藤芳乃

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

もっと美しくなって、輝いた人生を送りたい。

私たちは、無意識にこうした向上心を持ち、今の自分を超えたいという欲求を持っています。しかし、そこでメイクや服装などに頼ってしまうと、「あれ? 容姿だけ?」というような、ちぐはぐな感じに陥ることがあります。

だからこそ、美しくなるために大切なことは、外見や外側のことよりも、自分の内側=マインドを美しくすることです。今回は、マインドビューティでさらに輝く女性になるための3ステップレッスンをお伝えさせていただきます。

まずは結果論を捨てること

shutterstock_386821024

image via Shutterstock

私たちはつい、「結果」によって、自分を推し量ってしまいますよね。そして、その結果によって、「ああ、やっぱりだめなんだ」という、自分に対する「ダメな証拠集め」をして、どんどん自分の耀きを失わせてしまいます。しかし、この結果論自体が、実は私たちをブスにしてしまうのです。なぜなら、例えば一生懸命、謙虚に、健気に、人を愛そうとしている自分がいる……。けれど、結果にこだわることで、そんな自分を見る目が曇ってしまうんですね。自分にどんなに深い愛があるのかも知らずに、人がダメだと言えば「ああそうなんだね、私はダメ」と、自分という女性を軽々しく否定してきた。容姿や外側の条件で「価値がない」「私は愛される人間ではない」と、勝手に決めつけてしまった。それらはすべてただの誤解だったんです。実際には、自分はこうして男性の気持ちを理解し、自分の行動を省み、そして反省の美しい涙を流し、人を純粋に愛そうとしている……そうした美しさを持った女性なのです。

美しい私は、「私が知っている私」

このように、自分が人を愛そうとしていること、事実として自分が健気に頑張っていること……こうしたことを差し引くのではなく、心から「事実、私はこういう気持ちを持てる女性なんだ」と受け止めてあげる

こうして自分の美しさを目の当たりにし、心震える自分の価値を実感することで、私たちの潜在意識は「本当の私は美しい存在だったんだ」と腑に落ち、自己価値を根底から感じることができるようになるのです。

普段、表面上のことに振り回されて、自分の価値を見られなくなってしまうのはとても辛いこと。でも、日常のなかにもあなたの美しさが存在しています。だれかのために泣けること、人を愛するために努力しようと思える健気な心、相手に寄り添うとするいたいけな気持ち、もっと上手に人を愛したいと思う少女のような繊細な願望……こうしたひとつひとつがすべて美しく、本来、すべての女性のなかにこうした気持ちは存在しています

美しい自分を「与えていく」

そして大切なことは、こうした美しい気持ちを、積極的に「与えていく」ということに集中していくことです。

たとえば、「愛されたい」「美しいって言われたい」こうした気持ちは、だれにでもありますよね。しかし、それよりも、「私はあなたを大切に思っているし、愛したい」「私はこんなふうに誠実に在り、人に公平で在りたい」と、自分の欲求に従い、大切に生きていくこと。こうすることで、「人に自分の美しさを与えながら生きている女性」として、耀きを発しながら生きられるようになるのです。

大事なことは、あなたが発信すること。しかも、自分の美しさを、きちんと自覚しながら……。見返りよりも、「私は今、自分の輝きと価値を発している」と、自信を持ってそう言えるとき、あなたをとりまく世界のすべてが変わっていくことでしょう。

    Ranking

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    7. 乳製品不使用でもこっくり濃厚。クリームを使わないクリームパスタ

    8. これって老眼のはじまり? 目に不調を感じたら気をつけたいこと

    9. どう摂ればいい? 美容と健康を底上げし、ストレスから私たちを守る「ビタミンC」

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    6. 乳製品不使用でもこっくり濃厚。クリームを使わないクリームパスタ

    7. すぐに真似してみたい。こぐれひでこさんのアイデアいっぱいサラダ7選

    8. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    9. オンラインで広がったヨガの可能性。モデル・野沢和香さんが次に挑戦したいことは

    10. 上げたいのは「免疫力」。健康を底上げする新キーワード「デカン酸」に注目

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 歯磨きが睡眠に与える影響は? 寝る前に絶対やっていはいけないこと

    6. 調査でわかった。「男性が本当にほしいギフト」と「女性が贈りたいギフト」は一致していた

    7. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    8. 頭痛持ちの人が「やらないほうがいいこと」4つ。えっ、クラシック音楽も!?

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 脚も環境も喜ぶサスティナブル・スニーカー。いっぱい歩いても、なんなら走っても大丈夫

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら