1. Home
  2. MIND
  3. 本当の美人になる方法——マインド美人で、容姿も美人に!

本当の美人になる方法——マインド美人で、容姿も美人に!

運命を変えるマインド革命

12,905

斎藤芳乃

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

もっと美しくなって、輝いた人生を送りたい。

私たちは、無意識にこうした向上心を持ち、今の自分を超えたいという欲求を持っています。しかし、そこでメイクや服装などに頼ってしまうと、「あれ? 容姿だけ?」というような、ちぐはぐな感じに陥ることがあります。

だからこそ、美しくなるために大切なことは、外見や外側のことよりも、自分の内側=マインドを美しくすることです。今回は、マインドビューティでさらに輝く女性になるための3ステップレッスンをお伝えさせていただきます。

まずは結果論を捨てること

shutterstock_386821024

image via Shutterstock

私たちはつい、「結果」によって、自分を推し量ってしまいますよね。そして、その結果によって、「ああ、やっぱりだめなんだ」という、自分に対する「ダメな証拠集め」をして、どんどん自分の耀きを失わせてしまいます。しかし、この結果論自体が、実は私たちをブスにしてしまうのです。なぜなら、例えば一生懸命、謙虚に、健気に、人を愛そうとしている自分がいる……。けれど、結果にこだわることで、そんな自分を見る目が曇ってしまうんですね。自分にどんなに深い愛があるのかも知らずに、人がダメだと言えば「ああそうなんだね、私はダメ」と、自分という女性を軽々しく否定してきた。容姿や外側の条件で「価値がない」「私は愛される人間ではない」と、勝手に決めつけてしまった。それらはすべてただの誤解だったんです。実際には、自分はこうして男性の気持ちを理解し、自分の行動を省み、そして反省の美しい涙を流し、人を純粋に愛そうとしている……そうした美しさを持った女性なのです。

美しい私は、「私が知っている私」

このように、自分が人を愛そうとしていること、事実として自分が健気に頑張っていること……こうしたことを差し引くのではなく、心から「事実、私はこういう気持ちを持てる女性なんだ」と受け止めてあげる

こうして自分の美しさを目の当たりにし、心震える自分の価値を実感することで、私たちの潜在意識は「本当の私は美しい存在だったんだ」と腑に落ち、自己価値を根底から感じることができるようになるのです。

普段、表面上のことに振り回されて、自分の価値を見られなくなってしまうのはとても辛いこと。でも、日常のなかにもあなたの美しさが存在しています。だれかのために泣けること、人を愛するために努力しようと思える健気な心、相手に寄り添うとするいたいけな気持ち、もっと上手に人を愛したいと思う少女のような繊細な願望……こうしたひとつひとつがすべて美しく、本来、すべての女性のなかにこうした気持ちは存在しています

美しい自分を「与えていく」

そして大切なことは、こうした美しい気持ちを、積極的に「与えていく」ということに集中していくことです。

たとえば、「愛されたい」「美しいって言われたい」こうした気持ちは、だれにでもありますよね。しかし、それよりも、「私はあなたを大切に思っているし、愛したい」「私はこんなふうに誠実に在り、人に公平で在りたい」と、自分の欲求に従い、大切に生きていくこと。こうすることで、「人に自分の美しさを与えながら生きている女性」として、耀きを発しながら生きられるようになるのです。

大事なことは、あなたが発信すること。しかも、自分の美しさを、きちんと自覚しながら……。見返りよりも、「私は今、自分の輝きと価値を発している」と、自信を持ってそう言えるとき、あなたをとりまく世界のすべてが変わっていくことでしょう。

    specialbunner

    Ranking

    1. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    2. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    3. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    4. 「お尻のがん」が増えている。その痛みや出血、痔ではないかも!?

    5. お腹とお尻のぜい肉を一度に取り除く! お尻で床をタッチする運動

    6. ニンニク口臭、ドブ口臭。口の臭いの悩みを徹底解決!

    7. ベッドに溶け込むバターのようになって、10分で寝落ちする方法

    8. 食欲コントロールできる、10個の簡単メソッド

    9. 洗ってないシーツはカビやダニの温床! ベストな洗濯頻度は月◯回?

    10. サプリメントを摂る必要は本当にあるの? 医師に聞きました

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    4. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    5. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    6. とかすだけで簡単ストレートヘア。SALONIAの新ヒートブラシ【プレゼント】

    7. 性生活は大事。シングルマザーの彼女が愛に目覚めたきっかけは?

    8. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    9. ランニングに「低負荷・多回数」の筋トレがいい理由

    10. 脇腹の肉をつまめる人は、すぐにやるべき簡単エクササイズ

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    7. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    8. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    9. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?