1. Home
  2. MIND
  3. 本当の美人になる方法——マインド美人で、容姿も美人に!

本当の美人になる方法——マインド美人で、容姿も美人に!

運命を変えるマインド革命

12,761

斎藤芳乃

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

もっと美しくなって、輝いた人生を送りたい。

私たちは、無意識にこうした向上心を持ち、今の自分を超えたいという欲求を持っています。しかし、そこでメイクや服装などに頼ってしまうと、「あれ? 容姿だけ?」というような、ちぐはぐな感じに陥ることがあります。

だからこそ、美しくなるために大切なことは、外見や外側のことよりも、自分の内側=マインドを美しくすることです。今回は、マインドビューティでさらに輝く女性になるための3ステップレッスンをお伝えさせていただきます。

まずは結果論を捨てること

shutterstock_386821024

image via Shutterstock

私たちはつい、「結果」によって、自分を推し量ってしまいますよね。そして、その結果によって、「ああ、やっぱりだめなんだ」という、自分に対する「ダメな証拠集め」をして、どんどん自分の耀きを失わせてしまいます。しかし、この結果論自体が、実は私たちをブスにしてしまうのです。なぜなら、例えば一生懸命、謙虚に、健気に、人を愛そうとしている自分がいる……。けれど、結果にこだわることで、そんな自分を見る目が曇ってしまうんですね。自分にどんなに深い愛があるのかも知らずに、人がダメだと言えば「ああそうなんだね、私はダメ」と、自分という女性を軽々しく否定してきた。容姿や外側の条件で「価値がない」「私は愛される人間ではない」と、勝手に決めつけてしまった。それらはすべてただの誤解だったんです。実際には、自分はこうして男性の気持ちを理解し、自分の行動を省み、そして反省の美しい涙を流し、人を純粋に愛そうとしている……そうした美しさを持った女性なのです。

美しい私は、「私が知っている私」

このように、自分が人を愛そうとしていること、事実として自分が健気に頑張っていること……こうしたことを差し引くのではなく、心から「事実、私はこういう気持ちを持てる女性なんだ」と受け止めてあげる

こうして自分の美しさを目の当たりにし、心震える自分の価値を実感することで、私たちの潜在意識は「本当の私は美しい存在だったんだ」と腑に落ち、自己価値を根底から感じることができるようになるのです。

普段、表面上のことに振り回されて、自分の価値を見られなくなってしまうのはとても辛いこと。でも、日常のなかにもあなたの美しさが存在しています。だれかのために泣けること、人を愛するために努力しようと思える健気な心、相手に寄り添うとするいたいけな気持ち、もっと上手に人を愛したいと思う少女のような繊細な願望……こうしたひとつひとつがすべて美しく、本来、すべての女性のなかにこうした気持ちは存在しています

美しい自分を「与えていく」

そして大切なことは、こうした美しい気持ちを、積極的に「与えていく」ということに集中していくことです。

たとえば、「愛されたい」「美しいって言われたい」こうした気持ちは、だれにでもありますよね。しかし、それよりも、「私はあなたを大切に思っているし、愛したい」「私はこんなふうに誠実に在り、人に公平で在りたい」と、自分の欲求に従い、大切に生きていくこと。こうすることで、「人に自分の美しさを与えながら生きている女性」として、耀きを発しながら生きられるようになるのです。

大事なことは、あなたが発信すること。しかも、自分の美しさを、きちんと自覚しながら……。見返りよりも、「私は今、自分の輝きと価値を発している」と、自信を持ってそう言えるとき、あなたをとりまく世界のすべてが変わっていくことでしょう。

    specialbunner

    Ranking

    1. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. 抜け毛、白髪などエイジングの悩みに。美容のプロおすすめのヘアケア

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    8. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. ちょっと待って! トマトは「やさい麹」にすれば最強の発酵食になる

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    3. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    10. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた