1. Home
  2. MIND
  3. 本当の美人になる方法——マインド美人で、容姿も美人に!

本当の美人になる方法——マインド美人で、容姿も美人に!

運命を変えるマインド革命

14,222

斎藤芳乃

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

もっと美しくなって、輝いた人生を送りたい。

私たちは、無意識にこうした向上心を持ち、今の自分を超えたいという欲求を持っています。しかし、そこでメイクや服装などに頼ってしまうと、「あれ? 容姿だけ?」というような、ちぐはぐな感じに陥ることがあります。

だからこそ、美しくなるために大切なことは、外見や外側のことよりも、自分の内側=マインドを美しくすることです。今回は、マインドビューティでさらに輝く女性になるための3ステップレッスンをお伝えさせていただきます。

まずは結果論を捨てること

shutterstock_386821024

image via Shutterstock

私たちはつい、「結果」によって、自分を推し量ってしまいますよね。そして、その結果によって、「ああ、やっぱりだめなんだ」という、自分に対する「ダメな証拠集め」をして、どんどん自分の耀きを失わせてしまいます。しかし、この結果論自体が、実は私たちをブスにしてしまうのです。なぜなら、例えば一生懸命、謙虚に、健気に、人を愛そうとしている自分がいる……。けれど、結果にこだわることで、そんな自分を見る目が曇ってしまうんですね。自分にどんなに深い愛があるのかも知らずに、人がダメだと言えば「ああそうなんだね、私はダメ」と、自分という女性を軽々しく否定してきた。容姿や外側の条件で「価値がない」「私は愛される人間ではない」と、勝手に決めつけてしまった。それらはすべてただの誤解だったんです。実際には、自分はこうして男性の気持ちを理解し、自分の行動を省み、そして反省の美しい涙を流し、人を純粋に愛そうとしている……そうした美しさを持った女性なのです。

美しい私は、「私が知っている私」

このように、自分が人を愛そうとしていること、事実として自分が健気に頑張っていること……こうしたことを差し引くのではなく、心から「事実、私はこういう気持ちを持てる女性なんだ」と受け止めてあげる

こうして自分の美しさを目の当たりにし、心震える自分の価値を実感することで、私たちの潜在意識は「本当の私は美しい存在だったんだ」と腑に落ち、自己価値を根底から感じることができるようになるのです。

普段、表面上のことに振り回されて、自分の価値を見られなくなってしまうのはとても辛いこと。でも、日常のなかにもあなたの美しさが存在しています。だれかのために泣けること、人を愛するために努力しようと思える健気な心、相手に寄り添うとするいたいけな気持ち、もっと上手に人を愛したいと思う少女のような繊細な願望……こうしたひとつひとつがすべて美しく、本来、すべての女性のなかにこうした気持ちは存在しています

美しい自分を「与えていく」

そして大切なことは、こうした美しい気持ちを、積極的に「与えていく」ということに集中していくことです。

たとえば、「愛されたい」「美しいって言われたい」こうした気持ちは、だれにでもありますよね。しかし、それよりも、「私はあなたを大切に思っているし、愛したい」「私はこんなふうに誠実に在り、人に公平で在りたい」と、自分の欲求に従い、大切に生きていくこと。こうすることで、「人に自分の美しさを与えながら生きている女性」として、耀きを発しながら生きられるようになるのです。

大事なことは、あなたが発信すること。しかも、自分の美しさを、きちんと自覚しながら……。見返りよりも、「私は今、自分の輝きと価値を発している」と、自信を持ってそう言えるとき、あなたをとりまく世界のすべてが変わっていくことでしょう。

    Ranking

    1. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    2. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    3. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    4. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    5. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    6. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    7. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    8. 10月後半のおひつじ座【LUAの12星座占い】

    9. 一度クサくしてしまった服を、劇的に復活させる方法。洗濯王子が教えます!

    10. 「上腕三頭筋」のトレーニング。1年中、二の腕を鍛えたほうがいい理由とは?

    1. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    4. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    5. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    6. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    7. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    8. 眠る前の習慣に。簡単「骨盤バランス・ストレッチ」で歪みをリセット

    9. 【永久保存版】人気ブランドから良コスパまで。ソムリエおすすめワイングラス22選

    10. 「上腕三頭筋」のトレーニング。1年中、二の腕を鍛えたほうがいい理由とは?

    1. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    2. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    3. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    4. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    5. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    6. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    7. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    8. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら