1. Home
  2. BODY
  3. 香りつきのアイテムを使ってる? 膣カンジダ症の原因6つに気をつけて

香りつきのアイテムを使ってる? 膣カンジダ症の原因6つに気をつけて

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

16,043

膣カンジダ症になったことがあれば、症状はわかりますよね。かゆみ、焼けるような感覚、そしてカッテージチーズみたいな白いかたまりのおりもの。確かにイヤなものですが、本当によくある感染症で、ほとんどの女性が一生の間に少なくとも1回は経験しているそう。普通に皮膚や粘膜に存在する(常在菌と言います)カンジダ菌が増えすぎて、膣の中の細菌のバランスがくずれるために起こります。

20180622_titu

image via Shutterstock

でも、繰り返し起こるようなら、カンジダ菌が増える原因があるのかも。それがわかれば、また起こる前に予防できます。次に、カンジダ症につながりやすい要素6つと、その危険を避ける方法をご紹介しましょう。

タンポンをあまり替えない

「カンジダ菌は湿度の高い環境で増殖しますから、たっぷり湿気を含んだ生理用ナプキンやタンポンは繁殖しやすいのです」と、ニューヨーク大学ランゴーン医療センターの産婦人科助教、タラネー・シラジアンさん。おすすめの解決策は、当然ながら生理用ナプキンやタンポンを頻繁に(少なくとも4時間ごとに)取り替えること。あたたかい季節は特に注意。

抗生物質を服用している

「レンサ球菌扁桃炎や尿路感染症などで抗生物質を服用している場合、身体の中でいろいろなはたらきをしている細菌のシステムが混乱してしまいます」。メリーランド州ルーザービル・パーソナル・フィジシャンズ病院の医師、キャスリン・A・ボーリングさんはこう説明します。

抗生物質は膣の中の善玉菌も殺してしまいますから、カンジダ菌が増えすぎる結果に

よい菌を増やして、感染症を起こす危険を防ぐには、抗生物質と一緒にプロバイオティクスのサプリメントを取るといいそう。「乳酸菌の一種、ラクトバチルス菌が入ったプロバイオティクスがいちばんです。健康な女性の膣にたくさんいる菌ですから」(ボーリングさん)。サプリメントではなく食べ物でよい菌を取りたい場合は、ヨーグルトがよいそうです。ただし、「生きた活性状態の菌」が入ったものを。

血糖値が高い

糖尿病か前糖尿病ですか? 気をつけて。カンジダ菌は糖からエネルギーをもらい、膣のような身体の中の湿った部分で増殖します。血糖値が正常範囲を超えているかもしれないと思ったら、医師に相談。糖質制限ダイエットが有効かも。

感染したパートナーと接触している

20180622_titu2

image via Shutterstock

膣カンジダ症はうつります!「口腔カンジダ症(口の中のカンジダ菌が増殖)や性器カンジダ症のパートナーからうつることがあります」が、性器カンジダ症は包茎の男性に多いようです、とボーリングさん。相手の男性が感染していなくても、セックスの回数が多いと、膣のpHが変化して、カンジダ菌の方が善玉菌より強くなってしまうことがあります。セックスの直後におしっこすると有効かも。

ぴったりした下着をつけている

20180622_titu3

image via Shutterstock

「ぴったりした合成繊維の下着をつけていると、デリケートゾーンの“風通し”が悪くなって、あたたかい湿った環境になり、カンジダ菌が増殖しやすくなります」と、シラジアンさん。

膣が自然に外気に触れるように、少なくとも週に1〜2回、ノーパンで寝てみてはと提案。汗を吸ってくれて通気性のある素材でできた、エクササイズ用の下着もよさそう。

香りつきの女性用衛生用品を使っている

20180622_titu4

image via Shutterstock

デリケートゾーンをトロピカルフラワーやパイナップルみたいな香りにしたい? でも、ちょっと待って。シラジアンさんによると、香りつきのスプレーや拭きとりワイプ、ウォッシュ(洗浄剤)、それに香料入りのバブルバス入浴剤でさえ、気をつけて使わないと、膣の中の酸性度が下がってカンジダ菌に感染しやすくなる場合があります(それで膣の洗浄なんて、もってのほか)。代わりに穏やかな普通の石けんを。

Christine Coppa/6 Most Common Causes Of Yeast Infections

訳/STELLA MEDIX Ltd.

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. レディー・ガガのすっぴんを支える、ビタミンCに秘められたパワー

    2. 【お悩み】セックスをする気が起きず、性欲がなくなってしまったかも......

    3. たった20秒でOK。脳をしっかり休ませたいときに取り入れたい動作

    4. 管理栄養士が教える、40代からのダイエットのコツ。避けたい方法は?

    5. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    6. 夜の営みにプラス効果!? 精のつく身近な食べ物10

    7. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    8. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    9. 二日酔いによく効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    10. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    3. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    4. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    5. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    9. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    10. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン