1. Home
  2. EAT
  3. おかわりしたくなる、おいしい国産ケールを楽しむ期間限定カフェ

おかわりしたくなる、おいしい国産ケールを楽しむ期間限定カフェ

林 ゆり

1806_kalecafe_01_2

ケールといえば、体によいのはわかっていても、独特の苦さに敬遠してしまうという人も。そんなイメージを覆す、新感覚のケールを試すことができる期間限定カフェQ'SAI Kale Café(キューサイケールカフェ)表参道」が、2018年6月29日(金)から7月8日(日)まで表参道にオープンします。

徹底したこだわりからつくられたケール

1806_kalecafe_03

image via shutterstock

スーパーフードとして昨今人気の高いケールは、食物繊維をはじめ、ポリフェノールビタミンβ-カロテンカルシウム葉酸といった美容にうれしい栄養素がたっぷり。ケールの品質にとことんこだわった製品を作っているのが「キューサイ株式会社」です。

35年以上ケールを研究し続け、土にも水にもケールにも余計なものはいらないという考えから、農薬・化学肥料不使用はもちろん、近隣からの飛散農薬も回避するように収穫や運搬の時期も考慮されています。また、そんなこだわりのケール栽培から、青汁製造・販売までを一貫してグループ会社で行うことで、安全な青汁が私たちのもとに届けられます。人と自然にやさしい“環境保全型農業”を行い、ケール青汁の製造時に残るケールの搾りかすは、家畜のえさに再利用されているそう。ケールの種も、自社グループで採った選りすぐりを使い、栽培管理基準書を作成。栽培時期や肥料の量、施肥のタイミングを細かく設定し、人の手間ひまと感覚、さらに科学的な根拠をもとに良質なケール生産がおこなわれています。ここまで徹底しているとは、驚きました。

国産ケールのオリジナルドリンクを無料で試飲

1806_kalecafe_02

ケールのあの苦さがどうしてもつらい……そんな人にもおいしく飲める青汁を提案してくれるのが「Q’SAI Kale Café(キューサイケールカフェ)表参道」です。期間限定カフェのコンセプトは、「Kale Party(ケールパーティー)」。「Kale de Kaleで本気のインナービューティー」をキーワードに、ケールの魅力をより多くの人に体感してもらおうと、「Kale de Kale Fiber(ケール・ド・ケール・ファイバー)」を使った、おいしくて見た目もおしゃれな限定メニュー4種類登場します。

ケールを気軽に毎日の生活に取り入れてもらいたいという想いから、自宅でも簡単に再現できるメニューだとか。しかも無料。インナービューティーのために、ぜひ飲んでみたいです。

Q'SAI Kale Café(キューサイケールカフェ)表参道
住所:東京都渋谷区神宮前4-26-18 原宿ピアザビル1F・2F「ベーカリーカフェ 426」
期間:2018年6月29日(金)~7月8日(日)
営業時間:12:00~20:00

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた