1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. オーガニックゆずを生産し続けるために生まれたスキンケア

オーガニックゆずを生産し続けるために生まれたスキンケア

林 ゆり

1806_wanowa_01

日本には、それぞれの地域ごとに特色を持った農産物や伝統が息づいています。ただ、後継者不足から、今後消滅してしまう懸念も。そんな「農産物」と「香り」のものづくりを組み合わせた商品を作って発信すれば、地域も活性化し、伝統的な農産物も後世に残すことができるはず……そんな想いから誕生したブランドが「WANOWA(和の環)」です。

つくる人と使う人の気持ちをつなぐ

1806_wanowa_02

「WANOWA」は、使う人がつくる人、つくる人が使う人を想うという“気持ちの環”を大切にものづくりを行っているブランドです。作り手の生業を残し、後継者も育て、日本の伝統文化や技術を継承できればと考えているそう。

生活習慣が変わるなか、素晴らしい農作物であっても、食べたり、使ったりする機会が減っているものは確かにあります。無くなってしまってからでは復活するのは難しい。減少しているいま、私たちが使いたいものとして後世に残せるというのは素敵ですよね。

オーガニックゆずで作られたハンドクリームとフェイスパック

1806_wanowa_03

WANOWA ハンドクリーム 国造ゆず / 2,000円(税別)

キーワードが「香り」ということで、「WANOWA」で最初に登場したのが「ハンドクリーム」と「フェイスパック」です。年に一度、石川県能美市のゆず農家で採れる貴重なオーガニックゆずで作られました。

その香りは、一度嗅いでみると他のゆずとの違いがすぐにわかる爽やかさ。そのゆずをたっぷり使って精油をとり、ハンドクリームに。また、精油を抽出するときにでる芳香蒸留水であるハーブウォーターをたっぷり使用し、フェイスパックが作られました。

1806_wanowa_04

WANOWA フェイスパック 国造ゆず(1枚)/ 700円(税別)

合成香料や合成着色料、さらにパラペンフリー、フェイスパックはエタノールもフリーで、肌にやさしい仕様になっています。余計なものを配合せず丁寧に育てられたゆずだからこそ、使う人もハッピーになれる製品として私たちのもとに届くのは、まさに“環”でつながっていることを実感できます。

生産者への支援の環も広がる

1806_wanowa_05

秋には同シリーズのミルキーローションとマルチバーム、また、岐阜県中津川市の貴重なヒノキを使ったハンドクリームとミルクローションも発売予定だとか。少しずつアイテムが増えるのが楽しみです。

「WANOWA」は、商品の売り上げの2%が貴重なゆずの持続的な生産を支援する活動に寄付されます。日本の恵みや文化、伝統を活かしたこだわりのアイテムがつくられ、それを私たちが購入し、心地よく使い続けることで“環”が広がっていくと思うとうれしくなります。

WANOWA(和の環)

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析