1. Home
  2. MIND
  3. 「幸せで当然の毎日」あなたがもっともっと愛を受け取るために必要なこと

「幸せで当然の毎日」あなたがもっともっと愛を受け取るために必要なこと

運命を変えるマインド革命

12,661

斎藤芳乃

こんにちは。 マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。

6月、梅雨まっさかりの毎日ですね。 続く雨の日に、心がくすんでしまう日もあるのではないでしょうか? けれど同時に、6月は「ジューンブライド」の6月でもあります。くすんだ心をそのままにせず、自分を大切にすることで、大切な人と出逢い、永遠の愛を誓う。そんな美しい月にすることもできますね。

shutterstock_547631278

image via Shutterstock

今回は、ジューンブライドの6月にちなみ、もっとあなたが愛されて大切にされる、そのためのたったひとつの方法について、マインドレッスンさせていただきますね。

なかなか思い通りに愛されない。そんなとき、何が起きている?

思い通りの愛が得られないとき、実は、私たちの潜在意識=無意識では、「自分が愛されない情報ばかり与えられて、疲れ果ててしまっている」ということが起きています。

あまりにも、「お前には価値がない」と言われ、
あまりにも、「やったってどうにもならかなった」愛の経験が積み重なり、
あまりにも、「どんなに頑張っても愛してもらえなかった」
あまりにも、「本当に誠実に接していたのに、裏切られることしかなかった」

こんな経験ばかりを周囲から与えられたとしたら、「どんなに愛しても努力してもダメなんだ」と、潜在意識が強く決めてしまうのです。そして、

「ほらね、また愛されないでしょ?」
「ほらね、また無視されたでしょ?」
「ほらね、また裏切られたでしょ?」

「やっぱり私なんて愛されないに決まっているんだから」
「やっぱり私なんて誰も見てくれないに決まっている」
「やっぱり誠実にしたって、そんなの価値がない。騙す人ばっかりなのよ」

と、さらにネガティブな現実を100%受け止めてしまい、愛されない現実を強固に頑なに信じてしまう……。

とても悲しいことですが、こうしたことが起きているんですね。本当はこんなことしたくないんですね。でも、ついしてしまう。それは、心=潜在意識が、あまりにも愛されなかった経験に傷ついてきたからです。

愛されないときほど、自分を労って。そう、あなただけのせいじゃない。

こんなときほど、過去を思い出しながら、「それは本当に私だけのせいだった?私だけが悪かったの?」と尋ねてあげてください。

あなたは子供心に、とても一生懸命に愛したかもしれない。でも、相手がそれを受け取らなかったのは、あなただけのせい?

あなたは相手のことを考えて、精一杯尽くしてきた。でも、相手がそれを誠実な愛だと理解せず、ないがしろにしたのは、あなただけのせい?

あなたは自分を犠牲にしてまでも、相手の機嫌をとったり、相手の意に添うように行動してきた。でも、相手がそこにあぐらをかいてもっともっとあなたをないがしろにしたのは、あなただけのせい?

こう考えると、「愛されなかったことを、自分だけの責任にしすぎている」ことがわかると思います。あなたのせい「だけ」じゃない。愛しあえなかったのは、相手のせい「も」ある。でも、あなたはそれを、「私が悪いから」「私がダメだから」と「すべて自分の責任だと受け取ってしまった」んですね。そして、「ほらね」と世界を決めつけるようになってしまった……。

愛されない苦しみを抱えているときは、こんなふうに、相手の責任を自分のせいにしすぎて、そこからとめどないネガティブなルールに入ってしまっていることが多いのです。

あなたは「愛せた過去」がある。なら、同じだけ「愛されていい」 こうして「自分のせいではなかった」とだんだん柔らかく捉えられるようになったら、今度は、「相手がどうであれ、あなたが相手にしてあげたこと」の価値を受け取り直してみましょう。

「私は愛した」
「私は一生懸命だった」
「私は自分を犠牲にしてまで相手を優先した」
「私はできないことがあってもできるだけ努力した」

「相手が」ではなく、「私は」どう愛したのか、そこだけにフォーカスを当てるのです。

すると、あなたの本当の価値が浮かび上がってきますよね。ここからは、今までの人生のすべてを記憶しているあなたしか分からない領域ですが、今までのすべての記憶があるあなたになら、あなたがどれだけ人を愛してきたか、分かるはずです。 それを充分に受け取ってあげたら、そこで初めて、「ああ、こんな私は、本当は愛されて良かったんだ」「愛を受け取れない・愛を受け取らない・愛のない人ばかりをずっと相手にしてきたから、それを理解できなかったんだね」「でも、私には愛される価値があったんだ」と、自分を認めてあげてください。こうして潜在意識が「愛されてよかったんだ」と決められたとき、「愛されて当然」の現実がやってきます。 苦しい現実も、愛が遠のいてしまうのも、こうしたマインドの変化で変えていくことができる。

あなたはもっともっと愛されながら生きていい人。そのことを100%受け取って、幸せな6月にしてくださいね。

    specialbunner

    Ranking

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    3. 「感じのいい人」と「感じの悪い人」の違いは脳の使い方にあった!

    4. 【クイズ】頭痛を早く治すには?

    5. ひどい肩こり解消エクササイズ「肩甲骨プッシュアップ」

    6. ダイエット中の人に言ってはいけない! 7つの禁句とOKワードは?

    7. 高栄養&腸内環境を整える「甘酒」の作り方。炊飯器で放置するだけ!

    8. ひどい肩こり解消エクササイズ「サイドプランク」

    9. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    10. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    3. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    4. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    5. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    6. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    7. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    8. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. ひどい肩こり解消エクササイズ「肩甲骨プッシュアップ」

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    5. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    6. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    10. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!