1. Home
  2. MIND
  3. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

23,798

MYLOHAS編集部

人からほめられて落ち着かない気分になることがありますよね。「お世辞じゃないの?」と思ったり……。そんなときどうしますか? 「まぁ! やめてよ〜」と否定しますか? それとも無視? あるいは感謝するでしょうか(じつは、感謝が正しい反応です!)?

20180619_flattrey

image via Shutterstock

たいていの人は、ほめられるとどう対処したらよいのかわからずに困惑してしまいますし、その理由もさまざま。でも専門家によると、ほめ言葉を受け入れることが心の健康にとって大切なのだそう。

ほめ言葉を受け入れられないのは、「自分に自信がないか、不確かな感じ、不安感を抱えているせいかもしれません」と、著述家で人間関係問題の専門家(博士でもある)、ジェーン・グリーアさん。

「髪でも服装でも、才能や能力でも、ほめられたよいところが何であれ、自分で胸を張れないのです」(グリーアさん)。

でもそれでは、自分を卑下して価値を下げるようなメッセージを自分自身に送っているようなもの。ほめ言葉を受け入れると、何だか不正直な気がするのかもしれません。ですが、自分を卑下してしまうと自尊心が下がり、弱い自己イメージを持つようになってしまいます。

では、あなたの何かをだれかにほめられたとき、どんな反応がNGなのでしょうか?

1. 「えぇ、スタイリストがとても上手だったから」

20180619_flattrey1

image via Shutterstock

「ヘアスタイルがとってもステキ」と友だちからほめられたのに、「ありがとう」と言わずに、ほかの人の力のおかげと伝えてしまう。あるいはもっと深刻なケースでは、厳しい締め切りに間に合わせたことでボスにほめられたのに、あなたが仕事を任せた「だれかのおかげ」にしてしまうなど。

この次、これをしそうになったら、どれくらい懸命に働いたか思い出すか、言われたことが腑に落ちるまで時間をかけてみて。受け入れるには相手の言葉を信じなければなりません。相手が義理で言っているだけだと思わないようにしましょう。

2. 「あら、そんなことないわ!」

だれかに、あなたがどれほどすばらしいか言われたら、その人の頭のなかを想像してみるとよいかもしれません。ほめた人は、何であれあなたがしたことにとても感動して、その行為の価値を認めていると特別に知らせてくれているのです。その親切に対して笑顔で感謝するのではなく、否定してしまっては、あなたによろこんでもらおうとわざわざ言いだしてくれた好意に応えられていないことになります。

「現実として、たいていの人が魅力を感じるのは自信を持った人、自分の価値を知っていて、自尊心のある人なのです」と、精神科医のゲイル・サルツさんが説明。

「ですから、親切にもほめてくれた人に心から感謝しつつ、ほめ言葉を受け入れて、自尊心を満たすのです。そうすれば、現実的でありつつも、ポジティブに自分を見つめられるようにも。最初は、ほめられたときの反応を変えるには本当に努力がいります。人前で楽に試せるように、対応する方法を何通りかひとりで練習しなければならないかもしれません」(サルツさん)。

3. 「ホントに? そう思う?」

20180619_flattrey2

image via Shutterstock

ほめ言葉に疑問を投げかけずにそのまま受け取ると、傲慢と思われるのではないかと心配に思うかもしれません。でも、何かの目標を達成した、あるいはコツコツ取り組んだことを認められて受け入れても、それは単なる事実なのですから、自惚れているとは映りません。「控えめで、過剰に謙虚なことが女性らしいと思うように社会的に順応しているため、女性は男性よりはるかに強く、ほめ言葉を素直に受け取らない傾向があります。女性はほめ言葉を認めて受け入れるのは礼儀正しくない、心地よくないし、好ましくないと感じることが多いのです」とサルツさん。

4. 「まぁ、自分が何を言っているのかわかってる!?」

この場合もやはり、ほめられた自分がどう思うかよりも、ほめてくれた人の気持ちを考えた方がよいケース。だれかがあなたの行動をほめているときに、どうしてその人が言うことをけなして口論しようとするのでしょう?「これはあなたがその人を信頼していない、信用していないという意味になります。その人が言ったことをあなた自身が信じていないので、信用できないと言ってしまっている。つまり、自分の表面しか見ていないとその人を責めているのです」とグリーアさん。

Lindsay Tigar/4 Things You Need To Stop Saying After Getting A Compliment

訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    2. 仕事中に卵巣嚢胞が破裂! どれだけ痛いのか体験者に聞いた

    3. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    4. 栄養士がおやつに推薦! ビタミンE&タンパク質たっぷりなアーモンドの栄養

    5. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    6. 心身を健康に、人間関係も向上する夜習慣

    7. 肩こりや腰痛、全身のコリにも。楽天で買えるフォームローラー5選

    8. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    9. おうちアイテムをリーズナブルに。イオンならキッチングッズも大充実【プレゼント】

    10. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    6. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    7. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    10. ダイエット開始後すぐに体重が減るのはなぜ? 管理栄養士がアンサー

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    5. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    6. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー

    7. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?

    8. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    9. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた