1. Home
  2. EAT
  3. 魅せる野菜! 食べても安心なオーガニック野菜のアレンジメント

魅せる野菜! 食べても安心なオーガニック野菜のアレンジメント

奥田景子

近年、おいしい野菜がたくさん食べられるヴィーガンやベジタリアン、マクロビオティックのレストランが人気です。見ているだけで元気になれる色とりどりの旬のオーガニック野菜は、パーティーのメインになることも増えています。また違った視点で楽しめるベジタブルアレンジメントが登場しました。

美しく、食べても安心な野菜のアレンジメント

1806_farmersyard_02

ベジタブルアレンジメント ボックスタイプ / 4,000円(税込)~

野菜でライフスタイルをデザインするという「Farmer's Yard(ファーマーズヤード)」のベジタブルアレンジメントは、テーブルディスプレイからギフトボックスブーケなど、驚きやワクワク感があるものばかり。

つくっているのは、ファーマーでありクリエイターでもある元フローリストの鈴木広史さんと、野菜ソムリエの彩さんご夫婦。アレンジメントは、野菜なのにどこかヨーロッパのボタニカルアートのような雰囲気も。鈴木さんはクリエイターとして、色彩豊かで造形的な野菜と自然素材を融合させた世界観を演出しています。

「農家の裏庭」という意味をもつ店名は、農家の裏庭で栽培されている野菜のように、少しくらい形が悪くても、本当に安心して食べることができる野菜をつくりたいという思いから名づけられたのだとか。

1806_farmersyard_03

ベジタブルアレンジメント ブーケタイプ / 3,500円(税込)~

美しさだけでなく、食べても安心という安全性も徹底されています。コンパニオンプランツという、土づくりからこだわった無農薬・無化学肥料の自然農栽培法。オーガニックの野菜たちは、世界各地の個性的なものを独自の栽培方法でミニサイズに仕立てたものも。季節ごとに変化する野菜を数多く収穫できるからこそ、見て楽しみ、食べても美味しいところが大きな魅力です。

旬の野菜を届けるため、年間約365品種ほど栽培されているそう。畑で収穫してすぐのものを使っているので、野菜はみずみずしいまま。

パーティやウェディングのテーブルディスプレイも

1806_farmersyard_01

※ディスプレイ、ウェディングの価格は要問合せ。

パーティのときには、テーブルディスプレイされたものを、最後にお持ち帰りできるのは嬉しい。 華やかなウェディングでは、テーブルディスプレイからウェディングブーケ、ヘッドパーツ、ブートニアからプチギフトまで、すべてを色とりどりの野菜でコーディネートすることもできます。野菜好きのカップルからの依頼が増えているそう。

1806_farmersyard_04

それぞれの野菜の効力を知ることで、野菜の楽しみ方、ライフスタイルへの取り入れ方がさらに深く広がるため、アレンジメントと一緒に野菜の機能性や食べ方、レシピなども伝えています。農場にあるアトリエでは、アレンジメントのレッスンが開催されています。

1806_farmersyard_05

愛情を込めて育てられたオーガニック野菜から、生産者さんの思いが伝わってきます。自分でも、そんな野菜をセンスよく飾れたら楽しそうだなと思いました。

Farmer's Yard

    specialbanner
    specialbanner

    Ranking

    1. 代謝を上げて、食欲を抑える「低カロリーな飲み物」6選

    2. お尻をほぐせばラクになる。寝転びながらできる簡単ストレッチ

    3. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    4. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    5. あなたは大丈夫? ものすごくつまらない人に共通する16の特徴

    6. 意外と知らない「爪の切り方」。健康的な爪の形はどれ?

    7. 「オメガ3系脂肪酸」は青魚だけじゃない!意外な●●で摂取できる!?

    8. 背骨、股関節がすっきり! 座ったまま簡単ストレッチ

    9. 一歩進んだアーユルヴェーダ美容!塗って寝るだけナイトパック&1本で3役のボディソープ【プレゼント】

    10. 視力矯正に病気の早期発見も。「進化したコンタクトレンズ」が誕生!?

    1. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    2. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    3. 編集部が自腹買いした優秀コスメ。コスパよすぎの保湿アイテムは?

    4. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    5. だるさや疲労感を改善する、ちょっとした生活習慣のヒント4つ

    6. お尻をほぐせばラクになる。寝転びながらできる簡単ストレッチ

    7. 「一日でやることは3つだけ」。全米でバズったライフハック

    8. 運動習慣がある人も脳卒中に襲われる! その怖さを体験者が激白

    9. お尻の筋肉を気持ちよくほぐす! 「小尻」をめざせるストレッチ

    10. 代謝を上げて、食欲を抑える「低カロリーな飲み物」6選

    1. 普段よりうんちがくさくなる9つの理由を医師が説明

    2. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    3. なぜ眉メイクは難しい? 失敗しないポイントは3つ

    4. 躁とうつを繰り返す「双極性障害」はどんな病気? 有名人がつらさを告白

    5. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    6. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    7. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    8. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    9. あなたの砂糖中毒度はどのくらい? 摂りすぎをチェックする8つの質問

    10. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!