1. Home
  2. EAT
  3. 実は、食べた方がやせる? おやつの種類とタイミング

実は、食べた方がやせる? おやつの種類とタイミング

3,824

片岡理森

ダイエットを意識しているときに甘いものは大敵! と、あたりまえのように信じてきました。でも、そんな思い込みはもう捨てていいみたい。

太りにくい時間に食べる「おやつ」はダイエットの味方

20180619_dp_,main

ランチのあと数時間経つと、ちょっと口寂しくなってきます。でも甘いものはダメ! と言い聞かせてミントを食べたり、水やコーヒーでごまかしたり……だんだんイライラして集中力を失うことも。そんなときは、むしろ「おやつ」を積極的に食べた方がいいようです。

おやつを3時前後に食べることによって、夕食の食べ過ぎを防ぎ、血糖値の急激な上昇を抑えられるため、脂肪の吸収率を下げるという効果を期待できます。さらに、この時間帯が1番太りにくい時間帯でもあると言われています。

(「Diet Plus」より引用)

頑張って夕食まで我慢しても、その分ご飯を多めに食べてしまったり、寝る前にうっかりデザートを食べてしまったらダイエットは台無し。代謝されやすい時間に食べれば、ダイエットの邪魔をすることもなく、むしろその後の暴食を防いでくれる「賢い間食」と言えそう。「3時のおやつ」にはちゃんと意味がありました。

一口に「おやつ」といってもいろんな種類があります。最近では、ナッツやドライフルーツをたっぷり使ったシリアルバーや、大豆を使ったクッキーなど、罪悪感なく食べられるものもよく見かけます。ほかにも、栄養学的におすすめの「おやつ」があるそう。

美容と健康をサポートする「おやつ」3選

1806_sweets3_022

image via shutterstock

チョコレートカカオポリフェノールには強い抗酸化作用があるため、体の老化現象を防ぎアンチエイジング効果があると言われています。ほかにも、血管を丈夫にして血液の流れを促し代謝アップに役立ったり、ストレスを緩和させる効果があると言われています。

チーズビタミンB2は特に脂肪の代謝を促進する働きがあるため、脂肪が蓄積されにくい体作りに効果を期待できます。また、カルシウムには歯や骨を丈夫にするという働きのほかにも、脂肪の吸収を抑えて太りにい体質作りにも役立つと考えられています。

甘酒】ダイエット中に不足しがちな栄養補給になり、乱れた栄養バランスを整えてくれると考えられています。

(「Diet Plus」より抜粋引用)

ダイエット時でも3時にチョコレートが食べられたら、ストレスも解消できて無理なくダイエットが続けられる気がします。チーズは食事に近いので、空腹時に食べたい。キャンディー状のものなら持ち歩きやすそうです。甘酒は豆乳と一緒に飲んだりして、たんぱく質補給も同時にできたらなおいいかも。発酵飲料なので、腸活にも役立つはず。

食べる時間や内容、量に注意すれば、「おやつ」は美容と健康をサポートしてくれる頼もしい習慣でした。今日は3時に何を食べようかな? と考えるのが毎日楽しみになりそうです。

Diet Plus

    specialbunner

    Ranking

    1. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    4. 抜け毛、白髪などエイジングの悩みに。美容のプロおすすめのヘアケア

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    8. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    9. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    10. ちょっと待って! トマトは「やさい麹」にすれば最強の発酵食になる

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    3. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    4. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    5. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    6. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    10. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた