1. Home
  2. EAT
  3. あなたの砂糖中毒度は? クイズ形式でチェック

あなたの砂糖中毒度は? クイズ形式でチェック

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

2,991

あなたは砂糖とうまくつきあえていますか? 管理栄養士監修のクイズで、あなたが砂糖を摂りすぎていないかを判定してみましょう。A、B、Cどれが多いかメモをしてみて。

20180615_suger

image via Shutterstock

甘い飲み物や食べ物をどのくらいの頻度で食べていますか?(甘いものにはノーカロリーの人口甘味料を使ったものも含みます)

A. 1か月に多くても1回か2回。あまり甘いものは好きではない

B. 週に何回かデザートを食べるが、炭酸飲料はほとんど飲まない

C. ほぼ毎日

定番の朝食のメニューは?

A. スクランブルエッグと野菜、アボカドトースト、あれば前日の夕食の残り

B. ギリシャヨーグルト、オートミールとフルーツ、あるいはスムージー

C. 甘いシリアル、マフィン、あるいはクッキー

コーヒーにはどのくらい砂糖や人口甘味料を入れる?

A. 入れない

B. 小さじ1杯、あるいは小袋1包

C. 少なくとも小さじ2杯、あるいは小袋2包

甘いものを買う頻度は?(たとえばコンビニでキャンディーを買うなど)

A. まず買わない

B. どうしても甘いものを食べたくなったときだけ

C. よく買う、最低でも週に1回

隠れて甘いものを食べることはある?

A. ない。デザートを食べるときは食事のときか、だれかと一緒の特別なとき

B. 年に何回か、ひとりでソファーに座ってアイスクリームをがっつり食べている

C. デザートは、だれにも文句を言われずに、基本的にひとりで食べる

甘いものを隠しておいて、あとで食べることはある?

A. ない。そんなことをする必要はない

B. 普段はしないけれど、お気に入りのケーキが冷蔵庫に一切れしか残っていないときは他の人が見つけられないように奥に入れることも

C. ある。お気に入りのものをとっておいてひとりで食べている

甘いものや白いパンの誘惑に負けてしまうことはある?

A. ほとんどない。そういうものはあまり好きではないので

B. たまに、空腹で仕方がないときに負けてしまうことはあるけれど、普段はクッキーを1〜2枚食べれば我慢ができる

C. ある。こういった甘いものを食べはじめるとお腹一杯でもやめられない

甘いものをたくさん食べるときに「こんなに食べるのは最後」と自分に言い聞かせることは?

A. ない

B. 砂糖をやめようとしたことは何回かあるけれど、長く続かないと気づいた

C. よくそうやって自分に言うが、結局やりきれなくて罪悪感にさいなまれる


では答えを見てみましょう。

Aが多い人

もしかしてあなたは人間ではないかも? 違いなく砂糖中毒ではありません。むしろ、甘いものには反応しないタイプなのかもしれません。普通の人とは思えないくらいなので、その秘訣を教えてもらいたいくらいです。

Bが多い人

あなたと砂糖との関係は、健全なようです。食べたいときには、甘いものを楽しみつつも、人生をデザートに支配されているわけではありません。だから、特に砂糖を減らす必要はありません。無理に減らすと逆効果になるかもしれません。1日に1回くらいはなにか甘いものを食べてもよいでしょう。そのくらいなら、我慢しているような気にもならないので、あとで食べ過ぎることもありません。

Cが多い人

「砂糖中毒」というと言葉が強すぎるかもしれませんが、砂糖との関係はあまり良好ではありません。でも、いきなり全部やめようとはせずに、栄養士と一緒にすこしずつ甘いものを減らすようにしてみましょう。たとえばコーヒーに入れる砂糖を3袋から2袋にしたり、デザートは毎日ではなく週に3回にしたりするなど。もし全部やめてしまうと、常にそのことばかり考えて人生が台無しになってしまいますから。

Marygrace Taylor/Quiz: Are You Addicted to Sugar?

訳/Noriko Yanagisawa

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 運はつくれる。“いいこと”をたぐり寄せる7つの感情習慣

    2. 疲れを感じるのはこのせいかも。マグネシウム不足かもしれない6つのサイン

    3. 産婦人科医・宋美玄さん。セックス、生理...「悩みを打ち明けられることが多かった」

    4. ケイト・スペードの死で浮上した自殺にまつわる謎──自殺がいちばん多いのはどの時期か

    5. 暑さに負けない! 管理栄養士がすすめる「疲労回復食材」と成分リスト

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. 糖尿病を予防する7つの方法と、血糖値を自然に下げる7つの食品とは?

    8. 「心停止」と「心臓発作」の違い。知っていると、誰かの命を救えるかも

    9. 自律神経が乱れてない? 肥満や疲れ、あらゆる不調の対策法

    10. 人間関係をもっとスムーズにするには? 相手の心に響く話し方のヒント

    1. 運はつくれる。“いいこと”をたぐり寄せる7つの感情習慣

    2. 糖尿病を予防する7つの方法と、血糖値を自然に下げる7つの食品とは?

    3. 「会話のクセ」を見直すだけで、不幸な人間関係から脱出できる

    4. 正しい糖質制限って? 糖質が怖くなくなる6つの秘策

    5. 夜中に目覚めて眠れない...。寝つけなくなる5つの理由

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. 疲れを感じるのはこのせいかも。マグネシウム不足かもしれない6つのサイン

    8. 暑さに負けない! 管理栄養士がすすめる「疲労回復食材」と成分リスト

    9. 食べたい衝動に負けない5つの方法と、ヘルシーな食生活の最新情報6つ

    10. ケイト・スペードの死で浮上した自殺にまつわる謎──自殺がいちばん多いのはどの時期か

    1. 正しい糖質制限って? 糖質が怖くなくなる6つの秘策

    2. 運はつくれる。“いいこと”をたぐり寄せる7つの感情習慣

    3. 糖尿病を予防する7つの方法と、血糖値を自然に下げる7つの食品とは?

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 麺類を食べても太らない3つのコツ

    6. 人生が変わる。「習慣」を味方につけると起こるいいことは?

    7. 「会話のクセ」を見直すだけで、不幸な人間関係から脱出できる

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 薄い色は栄養不足? 経血の色6パターンでわかる身体の変化

    10. 人間関係をスムーズにして、「敵」を作らないためのマインド術

    あなたの砂糖中毒度は? クイズ形式でチェック

    FBからも最新情報をお届けします。