1. Home
  2. BODY
  3. 骨を強くするために、整形外科医たちが毎日実践していること

骨を強くするために、整形外科医たちが毎日実践していること

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

5,127

アメリカ国立骨粗しょう症財団(NOF)によると、50歳以上の女性のふたりにひとりが骨粗しょう症のせいで骨折するそう。しかし、そんな驚くような事実があるわりに、あまり骨を守る努力をしていない人がほとんど。牛乳が好きじゃない、運動する時間がない、あるいは「自分は骨折などしない」と思い込んでいるのかもしれません。

整形外科医が実践する、骨を強くする習慣

20180614_bone

image via Shutterstock

でも、筋骨格系のケガや病気を治療する整形外科医の人たちは、もう少し骨の健康に気を配っています。強い骨を作るための習慣や、いそがしい毎日にどうやって実践しているかについて、専門家に話を聞きました

コーヒーには牛乳を3分の1入れて、数杯飲んでいます。(ただの)牛乳は好きじゃないのですが、こうすれば必ず朝にカルシウムとたんぱく質を摂れます」ーーアレクサンドラ(アレクシ)・ペイジさん、カリフォルニア州サンディエゴの整形外科医

アルコールは1日2杯までというルールを厳格に守っています。飲みすぎると、身体がカルシウムを吸収しにくくなり、骨粗しょう症のリスクが高くなります」ーーローラ・マルフィターノさん、ニュージャージー州フォークト・リバーにある医院「ブリエル整形外科」の整形外科医

「週に3〜5回、身体の中心(体幹)を安定させるウェイトトレーニングとして『クロスフィット』(運動強度の高いフィットネスプログラム)をやっています。ウェイトトレーニングは骨を健康に保ち、強くしてくれますから、週に数回行わなければなりません。骨に圧力をかけるほど、骨のリモデリング(生まれ変わり)が活発になります」ーークローデット・ラジャムさん、ニューヨーク市ニューヨーク大学ランゴン医療センターの整形外科医

カフェインが多すぎる炭酸飲料は、骨密度を減少させますから、飲まないようにしています。コーヒーやお茶に含まれるカフェインとコーラに含まれるリン酸は、骨からカルシウムを溶け出させるという学説があります」ーーシェリル・ルービンさん、ニューヨーク州エアモントにある医療センター「ノースウエスト整形外科・スポーツ医学」の整形外科医

「室内で忙しく働いていますが、ビタミンDが十分に作られるように、毎日少なくとも10〜15分は太陽の下で過ごすようにしています。また、座っている時間が長くなりすぎないように、カルテの作成や電話の間はなるべくスタンディングデスクを使います。立っている方が、背中と脚にかかる重力が増えて、骨の成長が促されます。マルチビタミンとカルシウムのサプリメントも、毎日摂っています」ーージョナサン・サルタさん、ロサンゼルスにあるグッド・サマリタン病院の整形外科医

「何があっても、週に2回ウェイトリフティングをしています。旅行したときなど、手近に簡単なジムしかなくても、レジスタンストレーニングを10〜20分行って、筋肉を作り、骨の健康を維持しています」ーーサブリナ・ストリックランドさん、ニューヨーク市にある整形外科専門病院、HSS(Hospital for Special Surgery)の整形外科医

20180614_bone1

image via Shutterstock

「鮭やティラピア、マスなどの魚やキノコ、卵といった、ビタミンDが豊富な食品を毎日メニューに摂り入れるようにしています。普通の牛乳は好きではないので、カルシウムとビタミンDを同じくらい含む強化アーモンドミルクを飲んでいます」ーーフロリダ州マイアミにあるOrthoNOW整形外科緊急ケアセンターの創設者/整形外科医

「フルタイムの外科医で3人の子どもがいるため、早朝のワークアウトを続けるのも必死です。週に5日、毎日45分、ペロトン社製の室内サイクリングバイクを使い、サドルに座らないで脚に負荷をかけるウェイトトレーニングを必ず組み込むようにしています。週に2回行っているホットヨガは、腕と脚のウェイトトレーニングになっています」ーージェニファー・ワイスさん、ロサンゼルスにあるカイザー・パーマネンテ医療機関の小児整形外科医

Hallie Levine/10 Things Orthopedists Do Every Day For Stronger Bones

訳/STELLA MEDIX Ltd.

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    2. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    3. 医師が教える、便秘4タイプ。「便秘は治療が必要な病気」

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. 忙しい朝にオススメ! 3分でできる栄養満点バナナトースト

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. 視野が狭くなっていませんか? | 禅僧のおことば 17

    8. ストレスが原因で臭ってるかも。緊張すると皮膚ガスが出るそうです

    9. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    10. ジェニファー・ロペスの引き締まった腕を作るワークアウトツールとは?

    1. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    2. 太りやすい人、太りにくい人の違いって何? ドクターに聞きました

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 4人に3人は経験する膣カンジダ。自分で簡単に治せます!

    5. 便秘改善に効果的な8つの方法。まずは、おならを出そう

    6. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    7. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. 4人に3人は感染。膣カンジダ症のこと、知っていますか?

    10. 医師が教える、便秘4タイプ。「便秘は治療が必要な病気」

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    3. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    4. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    7. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    8. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    9. ヘルシーそうでも意外とNG? 糖尿病なら避けたい食べ物7種(前編)

    10. 【9月の満月】半年間の成果をたずさえ、再スタートする好期到来

    骨を強くするために、整形外科医たちが毎日実践していること

    FBからも最新情報をお届けします。