1. Home
  2. SPORTS
  3. 生理、睡眠、活動量。女性の健康をサポートするスマートウォッチ「Fitbit Versa」が登場!

生理、睡眠、活動量。女性の健康をサポートするスマートウォッチ「Fitbit Versa」が登場!

2,651

山本千尋

生理周期をはじめ、睡眠やエクササイズ、活動量、そして消費カロリーなど、女性に役立つ機能がギュッと詰まったスマートウォッチ「Fitbit Versa(フィットビットヴァ―サ)」が6月15日に発売されます。

fitbit_330

フィットビットヴァ―サは、ブラック、ピーチ、グレーの3色。希望小売価格28,490円(税込)。チャコールまたはラベンダーのスペシャルエディションは、それぞれブラックのクラシックバンドもついて、希望小売価格31,320円(税込)

次の生理日や妊娠しやすい期間、排卵日までわかる

“女性の健康とフィットネス” に特化したFitbit Versaは、専用アプリとスマートウォッチで、健康状態をさまざまな角度からチェックできます。女性の体にとって、毎月の生理は無視することのできない大きな存在。Fitbit Versaなら、次の生理や妊娠しやすい期間、排卵日まできめ細かく予測してくれます。

日本での発売に先駆け、Fitbit Versaの新製品発表会において、産婦人科医でスポーツドクターの高尾美穂さんと睡眠コンサルタントの友野なおさんによるトークショーが行われました。

MJP_2302_preview-1

調子がよいときから、コンディションを記録しておく習慣を

産婦人科医でスポーツドクターの高尾美穂さんによると、生理サイクルや自覚症状を記録しておくことは、診察する上でとても重要な情報になるのだとか。生理はひと月のサイクル、流れの最後に起こるものだから、不調になる前の状態や前回はどうだったのかを把握しておくことが大事なんですね。

MJP_2526_preview

「アスリートだけでなく、女性全般にいえることですが、調子が悪くなったときに慌てて理由を探そうとします。普段から記録をとっておけば、調子がよいときは何がよかったのか、悪いときは何が原因なのかを探るヒントになるので、不調になったときに、よりよい改善方法が見つけやすくなります」(高尾さん)

マイナスからゼロじゃなく、ゼロからプラスに変える

忙しい毎日を送っていると、生理周期や症状だけでなく、運動量や睡眠状態など、総合的に記録を残しておくことは至難の業。でも、Fitbit Versaなら、わずらわしい思いをすることなく、日々の健康状態を記録していけるのです。

「調子が悪くなってから、マイナスの状態をゼロに戻すのではなく、日頃からよい状態をキープして、ゼロからプラスに転じていくために、Fitbit Versaは女性の味方となるツールになると思います」(高尾さん)

ぐっすり眠れば免疫力もアップして、心も体も健康に

生理周期とともに、睡眠を記録しておくことも女性にとって重要だというのは、睡眠のスペシャリスト・友野さん。

MJP_2580_preview

「ぐっすり眠ることができれば、免疫力が上がり、心身ともに健康になりますよ」(友野さん)

日本人は睡眠時間が少ないといわれますが、OECDの調査によると、日本は26か国中、2番目に寝ていない国。1番は韓国ですが、その差は2分なのでほとんど変わりません。なかでも、40~50代の女性が1番寝ていないのだとか。

「女性の睡眠時間が短い理由はいくつか考えられますが、男性に比べて女性は心理的な負担を引きずる傾向にあることが明らかになっているので、このことも影響しているかもしれません。とくに生理中や生理前に睡眠に不調を感じる人は、生理と睡眠の記録をとることから始めてはいかがでしょうか」(友野さん)

ブルーライトを見ずに、睡眠計測が開始できる

産婦人科医の高尾さんは、4年ほど前からスマホのアプリで睡眠記録を取り続けていましたが、Fitbit Versaと併用してみると、Fitbit Versaで計ったほうが、睡眠時間が短めできびしいデータが出るそうです。それは、本当に眠っている状態しかカウントしていないということ。正確なデータが記録できるのは、うれしいですね。

「そもそも寝る直前にスマホを操作するのはおすすめできない」というのは、友野さん。その理由は、眠りを妨げるブルーライトが目に入ってしまうから。Fitbit Versaなら、つけて寝るだけで、勝手に計測してくれるので、寝る直前にブルーライトを見る心配もなくなります

Fitbit Versaは、4月にアメリカで先行発売されて、出荷台数はすでに100万台を突破。健康意識の高さがうかがえます。生理や睡眠、そして毎日の食事や運動量など、自分の生活を “記録していくこと” は、健康的な将来へのファーストステップ。マイナスからではなく、ゼロからスタートするためにも、今、自分の体はどのような状態なのか、把握することから始めましょう!

Fitbit Versa は、2018年6月15日から、Amazon、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、上新電機、ケーズデンキ、エディオン、ノジマ、東急ハンズ、ロフト、バーニーズニューヨーク、X’tyle vision(ゼビオ)、ソースネクストにて販売開始。

Fitbit

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. のどちんこの腫れを放っておかないほうがいい、5つのシビアな理由

    3. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    4. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    5. カヒミ・カリィさんの癒しに欠かせない。家に増え続けているものとは...

    6. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    7. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 「1日おきの断食」をたった1カ月ほど続けたら?

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    8. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    9. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由