1. Home
  2. EAT
  3. 牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

牛乳と豆乳、結局どっちを摂るべき? 気になる答えが明らかに

55,489

片岡理森

健康・美容にいいとされている牛乳豆乳。見た目も味も似ているけれど、結局どちらを摂るべきなのでしょうか?

牛乳と豆乳、それぞれの注目成分を知る

1806_2milk_01

image via shutterstock

牛乳と豆乳は、どちらかだけが冷蔵庫に入っているという人が多いのではないかと思います。ちなみに私は豆乳派。植物性たんぱく質であることから、カロリーが低いイメージがあって、ダイエット中でも気兼ねなく飲めると思っていたからです。でも、どうやらそれは勝手な思い込みだったみたい。

ダイエットでは重要なエネルギー量や脂質には、牛乳と豆乳を比べても大きな差はありません。また、炭水化物やたんぱく質にも、さほど差はないと言われています。牛乳よりも豆乳に多く含まれている栄養素はマグネシウムやビタミンK、鉄分やビタミンB6、葉酸です。そのほかのビタミンやミネラルは牛乳のほうが多く含まれています。

(「Diet Plus」より引用)

カロリーにたいした違いがないというのは驚き。なんで豆乳を選んでいたんだろう? と改めて思い返してみて、「大豆イソフラボン」の存在を思い出しました。女性ホルモンに似た働きをしてくれて、骨粗しょう症の予防にもなると言われ、美肌にも効果的だとよく聞く有名な成分。それを選ぶ決め手にしていたのかも。

でも、「カルシウム」がたっぷり含まれている牛乳は、イライラするときに落ち着かせてくれるし、もちろん骨粗しょう症予防にだってなるはず……。やっぱり、どちらを選ぶかは体質と好みの問題なのかと思っていたところ、斬新で明確な答えに出会いました。

ブレンドによる相乗効果で栄養成分をいいとこどり

1806_2milk_02

image via shutterstock

牛乳と豆乳を合わせて取り入れることで、その相乗効果でより効果的に摂取することができると言われています。例えば、豆乳に含まれる植物性のカルシウムや鉄分は体内に吸収されにくいと言われていますが、牛乳と一緒に飲むことで体内に吸収されやすい動物性の成分が吸収率をカバーしてくれると考えられています。また、混ぜて飲むことによりたんぱく質の吸収率も上がると言われているので、よりダイエット効果を期待できるかもしれません。

(「Diet Plus」より引用)

「ブレンドする」は考えたことありませんでした。しかも、一緒に飲むことで栄養成分が効果的に吸収できるとはうれしい発見。牛乳と豆乳のどちらかを選ぶのではなく、どちらも半分ずつ飲んだり料理に使ったりするのが正解と言えそうです。

見た目も味も似ているけれど、これからは相乗効果を意識して、牛乳も豆乳も両方常備しておきたいと思いました。

Diet Plus

    specialbunner

    Ranking

    1. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 乳液とクリームって何が違うの? 両方使った方がいい?

    4. 防水なのに蒸れない。ザ・ノース・フェイスが開発したウエアが革新的!

    5. 季節の変わり目の「風邪」対策。こじらせる前にすべき簡単5つ

    6. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. 「自分は大丈夫」と思わないで。がんを克服した9人のアドバイス

    9. アウトドアグッズの収納力をアップする、便利アイテム2選

    10. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ