1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 汗ばむ季節の必需品。成分にこだわって選ぶデオドラント3選

汗ばむ季節の必需品。成分にこだわって選ぶデオドラント3選

1,773

小竹美沙

1806_deodorant_top

image via shutterstock

蒸し暑さを感じる日には、汗対策デオドラント(制汗剤)を使う人も多いはず。ワキには汗腺が多いため、実は経皮吸収率も高いエリア。肌からの吸収率が高い部分だからこそ、成分にこだわって選びたいものです。そこで今回は、オーガニックコスメブランドからおすすめのデオドラントをセレクトしました。

シトラスの香りでリフレッシュ&スキンケア

1806_deodorant_01

DE ボディミスト EX ホワイライト フレッシュシトラス / 1296円(税込)

made of Organics(メイドオブオーガニクス)」の「DE ボディミスト EX ホワイライト フレッシュシトラス」は、みずみずしいフレッシュシトラスの香りが感じられるボディミスト。天然由来成分100%オーガニック成分配合率98.1%で作られています。また、厳しい基準が設けられているオーガニック認証ACOを取得。重曹と植物成分が肌をさっぱりと整えながらニオイのケアができます。さらに、オーガニックのアロエベラ液汁、ペンタクレスラマクロロバ種子油、10種類のフルーツエキスを配合することで、肌の保湿効果も期待できます。ワキはもちろん、頭皮、首筋、背中、足先など広い範囲に使えるのも魅力的。

アロマテラピーも楽しめるボディスプレー

1806_deodorant_02

オーガニック エチケットボディスプレー ラベンダー / 1458円(税込)

製品すべてにエッセンシャルオイルを用いているアメリカ・カリフォルニア生まれのブランド「EO®(イーオー)」。「オーガニック エチケットボディスプレー 」には、ティーツリー、ベチバー、シトラス、ラベンダーの4種類のアロマが揃います。なかでも、私のお気に入りはラベンダー。植物性アルコールに、2種類のラベンダー精油をブレンドしていて、爽やかで甘すぎない香りです。USDAオーガニック認証を取得しています。

手を汚さないロールオンタイプ

1806_deodorant_03

ロールオンハーブ / 1620円(税込)

ラトビア共和国生まれのブランド「MÁDARA®(マダラ)」。「自然と共生することの大切さを世界中に広めたい」という想いをもつ4人の女性たちによって創業されました。マダラの製品は、ラトビア周辺で育った植物と、植物から抽出されたハーブエキス、植物性オイル、植物性バター、エッセンシャルオイルなどの天然由来成分をベースに作られています。オーガニック認証団体の世界基準ともいわれる「エコサート」の認証を取得しているのもポイント。「ロールオンハーブ」は、ミョウバンと天然のハーブエキスが汗のニオイを抑えてくれるそう。手の平におさまるほどのミニサイズなので、外出先での汗対策にもピッタリです。

どれもオーガニック認証を取得しているので安心、安全。白残りがないのもうれしい。オーガニックのやさしい香りでリフレッシュもできるので、身だしなみアイテムとして、ポーチにひとつ入れておくとよさそうです。

made of Organics,EO®,MÁDARA®MÁDARA®楽天市場店)]

    specialbunner

    Ranking

    1. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    7. 生理予定日はコントロールできる?生理について7つの疑問

    8. ポーチにもぴったり! 収納力抜群な撥水ペンケースで身軽にお出かけ

    9. ママ友との付き合いでは「女」度を下げるのが得策? その理由とは

    10. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    5. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    6. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    7. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 何十年も熟睡できなかった男性が行き着いた、究極の快眠方法とは?

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    8. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    9. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    10. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー