1. Home
  2. EAT
  3. ヨーグルト・乳製品だけじゃない。次世代の「乳酸菌フード」で体調改善

ヨーグルト・乳製品だけじゃない。次世代の「乳酸菌フード」で体調改善

6,215

小林純子

毎朝、乳酸菌飲料やヨーグルトを口にしている方は多いのではないでしょうか。すべては「乳酸菌」を摂るため。善玉菌の乳酸菌を増やして、腸内環境を整えることが健康&美容に効果的だからです。乳酸菌はヨーグルトや乳製品から摂るものと思っていましたが、研究開発が進みお菓子などに乳酸菌類を含んだ商品が登場しています。

研究開発が明らかにした可能性

shutterstock_1072663562

乳酸菌とは糖から乳酸を多く作る菌の総称で、特定されている乳酸菌の数はなんと400種類もあります。昔から乳酸菌や乳酸発酵食品は食べられていましたが、100年ほど前に科学者メチニコフが「ヨーグルトによる不老長寿説」を発表。乳酸菌と健康の関連性を科学的に示したことで、世界中でヨーグルトが食べられるようになりました。

長寿社会を迎え、ヘルシーライフをおくりたいと願う人が増加すると、今まで以上に乳酸菌パワーに熱い視線が注がれています。

そんな期待に応えるべく、食品企業は研究開発と試行錯誤を繰り返し、乳酸菌そのものの使い勝手を向上させることに成功しています。 今までは、ヨーグルトや乳製品の生きた乳酸菌をそのまま摂ることで、大腸の腸内環境を整え、間接的に免疫力を高めていました。ところが、プラズマ乳酸菌のような新しく発見された乳酸菌は、小腸で吸収され直接免疫細胞を活性化することが報告されています。生きた状態でなくても、効果が変わらないことが明らかになった結果、加工食品として配合することが可能になったのです。

多様化する乳酸菌フード

富士経済が昨年6月に発表したレポートによると、乳酸菌類を配合した商品の市場規模は2016年が3,563億円。2017年には3,803億円に拡大すると予想されています。主にヨーグルトが市場をけん引していましたが、最近の傾向として乳酸菌を配合したチョコレートなど、菓子商品が好調になっているのだとか。どんな商品が登場しているかご紹介します。

お菓子

1-1

  • ポテトチップス:カルビー株式会社のプラズマ乳酸菌を1,000 億個配合したポテトチップス「ぽいっと!ナッツソルト味」。
  • チョコレート:株式会社ロッテの「乳酸菌ショコラ」には、生きた乳酸菌ブレビスT001株が含まれます。乳酸菌ブレビスT001株は、腸内環境を改善することが報告されています。
  • せんべい:亀田製菓株式会社の植物性乳酸菌K-2を配合した「白い風船ミルククリーム」。 植物性乳酸菌K-2は、整腸作用とアトピー性皮膚炎やスギ花粉症などのアレルギー症状を 緩和する作用を持っています。

味噌汁

2-1

ひかり味噌株式会社の一杯に200億個の乳酸菌EC-12株を配合した「元気プラス 乳酸菌入りおみそ汁 減塩」。乳酸菌EC-12株は腸内の免疫細胞に働きかけることにより、腸内環境を整えることに優れています。

サプリメント

ロイテリお口のサプリメント1

オハヨーバイオテクノロジーズ株式会社の「ロイテリ お口のサプリメント」は、1日1粒で生きたロイテリ菌を手軽に摂ることができます。ロイテリ菌は「ロイテリン」という抗菌物質を作り出し、体内の悪玉菌を見極め活動を抑制するはたらきがあります。

お菓子などから乳酸菌が摂れるって、ちょっと驚きませんか? 健康のためにヨーグルトや乳製品を使ったお料理を考えなくても、いろいろな食品から乳酸菌の働きを得ることができるのはうれしいですね。

ヨーグルト選びは“味ではなく菌で”

shutterstock_699804892

乳酸菌類を含んだ商品の開発が進むなか、ヨーグルトは菌の機能をアピールする方向へと進化しています。 例えばオハヨー乳業の「ロイテリヨーグルト」は、歯ぐきを丈夫で健康に保つ機能が報告されているロイテリ菌。明治の「明治ブルガリアヨーグルトLB81プレーン」には腸内細菌のバランスを整える、おなかの調子を良好に保つ、などの効果が得られるLB81 乳酸菌。小岩井乳業の「iMUSE生乳ヨーグルト」には風邪やインフルエンザの発症や症状低減効果が期待されるプラズマ乳酸菌が含まれているのです。

今までは、味や好きなブランドでヨーグルトを選んでいましたが、「風邪をひきそうだから…」「内臓脂肪を減らしたいから……」と、菌の機能でヨーグルトを選ぶスタイルになっているのです。 乳酸菌類を配合した商品が次々に登場することで、ヘルシーメニューや商品選びに変化が起きそうですね。

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析