1. Home
  2. BODY
  3. 「運動してるのに、体重が減らない!」そこには、こんな理由が潜んでいた [The New York Times]

「運動してるのに、体重が減らない!」そこには、こんな理由が潜んでいた [The New York Times]

5,202

マウスに回し車を与えるとマウスはその中で走るようになるが、消費カロリーはそれほど増えない。なぜなら、走っていない時の行動も変わってしまうから──。

運動するマウスの行動と代謝に関する最近の研究で、こんなことが判明した。マウスの実験とはいえ、減量のために運動を始めた人も注目すべき結果だ。

消費カロリーは増えたのに……

20180603_nyt_weight_top

image via shutterstock

ここ数年の数々の研究で、運動だけでは減量に効果的でないという事実が明らかになっている。運動によって消費カロリーは増えるにもかかわらず、体重の減少は数学的な想定よりもはるかに少なかったのだ。

今回研究を行った米テキサス州のバンダービルト大学などの研究者らは、その理由について、人間でもその他の動物でも、運動をするとより空腹になり、より多くのカロリーを摂取するから、もしくは運動をしていないときに座っている時間が増えるからだろうと考えた。それによって運動で消費したカロリーを相殺してしまい、結果として体重が減らないのだろう、と。

研究では、回し車つきのケージに、若くて健康で標準的な体重のオスのマウスを入れ、その行動を観察した。その際、最初の4日間は回し車をロックして動かないようにし、その後の9日間はロックを外した。ロックを外してからはマウスは自由に回し車で走ることができ、また好きなように食べたり動き回ったりすることもできた

するとマウスは進んで回し車に入って走り、乗って降りてを何時間も繰り返すようになった。結果、運動によるマウスのエネルギー消費は大幅に増加した。

運動をしていない時の行動が変化

20180603_nyt_weight_2

image via shutterstock

ところが、食習慣は変化していなかった。カロリー消費は増えても、食べる量は増えなかったのだ。

一方で、マウスの行動に変化があった。回し車で走り始めた直後から、回し車がロックされていた時のようにケージの中を歩き回らなくなった。 代わりに、回し車の中で走っていないときは休憩している時間が増え、歩き回る時間が減った

体と脳がエネルギー不足を感知?

運動をしたマウスは、1日の消費カロリーが摂取カロリーを少し上回り、わずかにカロリー不足の状態だった。だがもしマウスが回し車がロックされていたときのようにケージの中を歩き回っていたとすれば、カロリー不足の程度は約45%も増えると推定されるという。

運動をしたマウスの歩き回る時間が減った理由は明らかではない。だが、研究を率いたバンダービルト大学医学部の分子生理学者ダニエル・ラーク氏によれば、疲れや時間不足が理由とは考えにくい。マウスにとって回し車を走ることは骨が折れるような作業ではないし、起きている間中ずっとしているわけでもないと、ラーク氏は指摘する。

それよりも、マウスが運動を始めたことでエネルギーが不足し始めたと体と脳が感知し、ペースを落としてエネルギーを温存し、ホメオタシス(恒常性)を維持し、体重を減らさないよう信号を送ったとラーク氏は考えている。

当然ながらマウスと人間は違うが、この研究結果が示唆しているのは、運動によって減量したいと考えているなら、食事にも注意し、また運動をしていないときに活動が減らないように注意すべきということだ。

©2018 The New York Times News Service[原文:Why Exercise Alone May Not Be the Key to Weight Loss/執筆:Gretchen Reynolds](抄訳:Masako. M)

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    4. ヒントは「脳科学」にあった! 何も叶わない、変わらない現状を変える方法

    5. 幸せになれるのは一瞬だけ。本当は怖い「疲れたときには甘いもの」

    6. ひたすら「なぜ」を繰り返すだけ。ネガティブ思考を消し去る方法

    7. 地味だけど栄養豊富。チーズ欲も満たせるカリフラワーのマッシュポテト

    8. 納豆とヘルシー食材で夏バテ&冷え対策。管理栄養士おすすめレシピ3つ

    9. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    10. あなたも「急かし」症候群? 自分のリズムを取り戻す7つの方法

    1. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    5. おからパウダーの効果は? おいしいダイエットレシピ3選

    6. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    7. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    8. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 肺がんにならないために、今日からできること10

    「運動してるのに、体重が減らない!」そこには、こんな理由が潜んでいた [The New York Times]

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More