1. Home
  2. BODY
  3. 食べ物で病を予防。心臓によいスーパーフード25

食べ物で病を予防。心臓によいスーパーフード25

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

6,383

キッチンから、命は救える? 食べたもの、飲んだものによってあまたの健康問題から身体を守れることが、研究の発達によってはっきりしてきています。また複数の研究によると、正しい食べ物を選ぶことで予防できる心臓病は最大70%にのぼるということ。

20180607_eat

心臓によい食べ物は脳にもよく、身体全般にもよいのです」(サウス・ビーチ・ダイエットの創設者で著名な心臓専門医のアーサー・アガトストンさん)

キッチンから心臓の健康を守るためのただ小さな秘訣。それは同じ種類の食べ物にこだわらないこと。魚、野菜、全粒の穀物など、毎日楽しむ食品の種類は変えていく。そのスタンスから、心臓の健康のためになる世界のトップの食品25を集めました。より健康な身体に向け、毎週その中のいくつかを混ぜたりかけ合わせたりして摂るようにみては?

天然のサケ(養殖でない)

20180607_eat1

ゆでて、オーブン、グリルで焼いて、このおいしく脂ののった魚は、心臓病の代謝指標を改善してくれるオメガ3系脂肪酸が多いのです。研究では心臓血管を守る抗酸化物質セレンの濃度も高いです。

イワシ

20180607_eat2

この小さな生き物も魚油の形でオメガ3系脂肪酸を含んでいます。有名な米国の医療機関、メイヨークリニックによると、これは善玉コレステロールの濃度を増やしてくれ、心臓発作経験のある人が突然の発作に見舞われるリスクを減らしてくれます。缶詰には多くの塩分が含まれているので、新鮮なものにこだわります。

レバー

20180607_eat3

ウィスコンシン州拠点の予防心臓専門医で『小麦の粒(Wheat Belly)』の著者、ウィリアム・デービスさんによると、レバーも心臓の健康にとってよい脂肪を含んでいます。「それは人間のシナリオ通りの方法。原始の人間は動物をまるごと食べていました。レバーは多くの脂肪を含み、ヘルシーなものです」。

クルミ

20180607_eat4

このナッツにはオメガ3系脂肪酸、食物繊維、ビタミンE、葉酸がぎっしり詰まっており、そのすべてが心臓の健康を促進。また多価不飽和脂肪も多いです。もちろん塩を使わずに食べます。

アーモンド

20180607_eat5

クルミのようにサクサクして、肉感のあるこのナッツはオメガ3系脂肪酸が多く、大きめのクルミの硬い歯ごたえが苦手な皆さんにとって代わりとなるものです。

チアシード

20180607_eat7

この植物ベースのオメガ3系脂肪酸の“パワー基地”はスプーン1杯でたったの60キロカロリーで、悪玉コレステロールと血管プラークの蓄積を減らします。ヨーグルト、スープに混ぜたり、サラダに振りかけたりしてみては。

オートミール

20180607_eat6

長い間言われてきたオートミールのメリットはコレステロールを減らす驚きの食事ということ。プレーンな非加工のものがよいでしょう。インスタントや風味付けされたオート麦はたいてい精製された砂糖に漬かったものです。

ブルーベリー

20180607_eat8

この濃い色のベリーにはレスベラトロール(このパワフルな抗酸化物質については後ほど詳しく)と別の抗酸化物質で病気予防を助けるフラボノイドが含まれています。オートミール、スムージー、ヨーグルトに混ぜます。

コーヒー

20180607_eat9

カフェインジャンキーは喜ぶでしょう。アガトストン医師によると、研究ではコーヒーには抗酸化物質が多く、2型糖尿病のリスクを減らすそう。また1日3杯までのコーヒーは認知レベルを向上させアルツハイマー病のリスクの減少を助けます。

赤ワイン

20180607_eat10

レスベラトロールの重要性に戻りますが、抗酸化特性を持つ化合物でイギリスのレスター大学の研究によるとがんの予防にもつながるそう。暗色のベリー類やブドウに含まれます。マディランワインやカルベネ・ソーヴィニヨンのワインは、コレステロールの減少、動脈の健康増進を助ける抗酸化物質、プロシアニジンを大量に含んでいます。

緑茶

20180607_eat11

その医学的効能で中国の漢方医から長く支持されてきたこの飲み物を一杯。血圧を下げる効能が。心休まる温かさとともにカテキンとフラボノイドが含まれています。それらは凝血を防いでくれるなど心臓の健康にいくつかのメリットのある抗酸化物質に。

豆乳

20180607_eat12

コレステロールの減少を助けることが分かっている有機化合物イソフラボンが多いです。動物のミルクとは違い、コレステロールを含まず、そもそも脂肪分も低いです。血行を促進するナイアシンも含まれています。

ダークチョコレート

20180607_eat13

はい! 幻じゃないんです。でもカカオ成分が少なくとも70%のものを選びます。カカオ成分はフラボノールが動脈を弛緩させるため血圧の低下に関係しています。パーム油のような添加物からの飽和脂肪が含まれていないことのご確認を。

レーズン

20180607_eat14

ひとつまみを。アメリカ心臓病学会で発表された2012年の研究では高血圧の低下を助けるそう。レーズンには高血圧の低下と免疫強化の抗酸化物質を増加させるカリウムが詰まっているそう。

ブロッコリー

20180607_eat15

リストに載っていると思ったはず! この緑色の野菜はコレステロールが少なく、食物繊維が多く、多くの抗酸化物質を含みます。関節を守るのにもよいのです。

芽キャベツ

20180607eat_16

ミニキャベツのようなビタミンリッチな野菜はあなたが嫌いであろうと好きであろうと、心臓によいことに間違いはありません。心血管系で炎症を減らし、血管の健康を改良します。

カリフラワー

20180607_eat17

緑色ではありません。でも抗酸化物質いっぱいで、食物繊維も高く、心臓発作のリスクを下げ、コレステロールを減らすニンニクの構成成分のアリシンを含みます。あと甘党のあなたが、野菜を使って欲求を満たせます。

さつまいも

20180607_eat18

ビタミンC、カルシウム、高血圧の低下を助ける鉄分の大きな源です。心臓によい栄養でいっぱいの皮ごと食べます。

全粒の穀物

20180607_eat19

アガットストン医師はオートブランと米を含む全粒のグルテンフリーの穀物をすすめます。そうした食品はコレステロールを調整してくれるのです。動脈の詰まりなどの心臓病と関係するグルテンに満ちた、加工されたり精製されたりした穀物は避けます。

リンゴ

20180607_eat20

どこにでもある果物ですが、皮はむきません。皮は、フリーラジカルからコレステロールを守るポリフェノールなどの抗酸化物質がすべてある場所。リンゴ(何色でも)はコレステロールの吸収をブロックするペクチンも含んでいます。また、コレステロールを掃き出す食物繊維も。最新の研究でリンゴを1日1個食べた結果、LDLコレステロールの40%が減少したそう。

オレンジ

201806-7_eat21

もう1つのペクチンの源。この柑橘類には血圧を下げ、動脈炎症を減らすフラボノイドが詰まっています。柑橘類には心臓への血流を改善する植物化学物質ヘスペリジン、脳卒中から強力に守ってくれるビタミンCも。

グレープフルーツ

20180607_eat22

オレンジと同じようにグレープフルーツも多くのビタミンCを含み、研究によると脳卒中から守り、コレステロールを減らすのを助けてくれます。(もしあなたが心臓の薬、バイアグラもしくはリピトールのようなスタチン系薬品を服用しているなら、このジューシーな朝食を避けてください。これらの薬と混ざると身体に害が及んでしまう成分を含んでいるからです)

アボカド

20180607_eat23

血中コレステロールと凝血を最小にしてくれる “よい脂肪”として知られる一価不飽和脂肪を含んでいます。ただしカロリーも高いので(平均的なサイズで240キロカロリー)、ほどほどに。

アボカドオイル

20180607_eat24

アボカドから絞られたアボカドオイルは心臓周辺の組織にある脂肪酸を変化させることから、心臓にヘルシーな料理油としても人気。アメリカ国立心臓病研究所の2005年の研究によると、アボカドオイルは心臓病をもたらす動脈硬化を抑えるそうです。

オリーブオイル

20180607_eat25

エクストラバージンを選びます。純度の高いオリーブオイルは高レベルの“よい脂肪”と動脈の凝血をおさえてくれる抗酸化物質を含んでいます。“悪い脂肪”を誘発するコレステロールを含むサラダ油に比べ心臓にとってかなりヘルシーでしょう。

Deborah Hastings/The 25 Best Foods For Your Heart

訳/STELLA MEDIX Ltd.

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    4. ヒントは「脳科学」にあった! 何も叶わない、変わらない現状を変える方法

    5. 幸せになれるのは一瞬だけ。本当は怖い「疲れたときには甘いもの」

    6. ひたすら「なぜ」を繰り返すだけ。ネガティブ思考を消し去る方法

    7. 地味だけど栄養豊富。チーズ欲も満たせるカリフラワーのマッシュポテト

    8. 納豆とヘルシー食材で夏バテ&冷え対策。管理栄養士おすすめレシピ3つ

    9. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    10. あなたも「急かし」症候群? 自分のリズムを取り戻す7つの方法

    1. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    5. おからパウダーの効果は? おいしいダイエットレシピ3選

    6. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    7. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    8. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 肺がんにならないために、今日からできること10

    食べ物で病を予防。心臓によいスーパーフード25

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More