1. Home
  2. BODY
  3. 坐骨神経痛の自然な治療法6つ

坐骨神経痛の自然な治療法6つ

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

377,239

MYLOHAS編集部

「あ、痛っ!」お尻から足にかけて脚の裏側を鋭い痛みが走ったら、坐骨神経痛かもしれません。骨盤から脚の裏側を通っている神経の痛みです。

20180604_pain

image via Shutterstock

「幸いなことに、痛みは数週間以内に自然に消える場合が多い」とアリゾナ大学の医学臨床教授でアリゾナ統合医療センターの創設者、アンドリュー・ワイルさん。でも残念ながら、痛みが再び出てくることはないという保証はありません。

ワイルさんによると、アスピリンやイブプロフェンなどの市販の非ステロイド系抗炎症薬は痛みを軽減できます。でも、早く治したい、またはつらさを自然に和らげたいと思うなら、次にご紹介する、坐骨神経痛を緩和する自然な方法を試してみては?

脚を休めて湿布

20180604_pain1

image via Shutterstock

1日か2日、脚を休めて、痛むところに温湿布または冷湿布をすると、坐骨神経の治りを早めることができます、とワイルさん。数日経ったら、運動も効果があるそう。短いウォーキングから始めて、痛みが減ってきたら活動量を増やします。

ストレッチ

20180604_pain3

image via Shutterstock

「ひどく痛んだり、神経痛が長引いたりする場合、医師から理学療法士を紹介されるかもしれません。理学療法士は、ロー・ランジ(両足を前後に開き、沈み込んで片脚を後ろに伸ばす姿勢)やフォームローラー(ウレタンやゴムなどでできた円筒形の器具)を使った動きなど、坐骨神経にかかるストレスを軽くするための特別なストレッチ運動を教えてくれます」(ワイルさん)。

鍼治療

20180604_pain4

image via Shutterstock

代替医療の専門誌、『エビデンス・ベースド・コンプリメンタリー&オルタネティブ・メディシン』誌の研究によると、鍼は坐骨神経痛を緩和すると証明されました。鍼治療は、坐骨神経の問題を含めた腰の痛みに対して、従来の治療法に代わる治療法として許容できるとアメリカ国立衛生研究所(NIH)も認定しています。

アレクサンダー・テクニーク

201806004_pain5

image via Shutterstock

自分の身体の使い方を学ぶ「アレクサンダー・テクニーク」(アレキサンダー・テクニックとも呼ばれます)。ワイルさんによると、坐骨神経痛を軽くする可能性があります。よくない姿勢を矯正し、正しい動き方を習得することで、再発も予防。治療を受けると、身体をやさしく揺らしたり、伸ばしたりして、筋肉の緊張を解いてくれます(ワイルさん)。

マッサージを頼む

20180604_pain6

image via Shutterstock

専門家によると、「トリガーポイント(押すと痛いツボ)」マッサージ治療は、坐骨神経を圧迫している周囲の筋肉をリラックスさせるうえで役立ちます。知識豊富なマッサージセラピストのもとに数回通うと、痛みを和らげる効果があるはず、とワイルさん。

整骨医にかかる

20180604_pain7

image via Shutterstock

筋骨格系(骨や関節、筋肉、腱など)を調整すると、骨盤と脊椎が一直線上にそろって、問題のある部分にかかる圧力が軽くなります(ワイルさん)。カイロプラクティックでも、同じ効果が。

The Editors Of Prevention/6 Natural Remedies For Sciatica

訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた