1. Home
  2. BODY
  3. 年齢・性別・閉経とは無関係で起こるホットフラッシュの6つの原因

年齢・性別・閉経とは無関係で起こるホットフラッシュの6つの原因

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

3,789

MYLOHAS編集部

いつものようにひとりで何か日常的なことをしているときに、突然、身体が暑く感じます。まるで、ホッカイロでも当てたかのようにカーッと。

20180601_hot

image via Shutterstock

そんな症状が出るホットフラッシュはとても厄介。心臓がドキドキして、皮膚が赤くなり、過ぎ去った後には汗に濡れたシャツと悪寒が残ります。

普通は閉経やその前後に起こるもの。ところが、健康情報ウェブサイトを運営する非営利組織、ヘルシーウィメン(HealthyWomen)のCEO、ベス・バッタリーノさん(女性の健康の専門家で登録看護師)によると、「ホットフラッシュは実にさまざまな原因でいつでも現れる可能性があります」とのこと。どのような年齢の女性(そして男性)でも起こるのだとか。

その原因に進む前に、重要なポイントをひとつ。ホットフラッシュに襲われても何も怖がる必要はありません、とワイル・コーネル医科大学の内科医、アレクサンドラ・ソワさん。「ホットフラッシュがある人とない人がいる理由はわかっていませんが、良性または一過性の症状がほとんどです」

一定のペースでホットフラッシュが続くようなら、起こったときにスマホやメモ用紙に記録しておくとよいそう。「何時頃か、起きたときに何をしていたか、メモしておきます」(ソワさん)

記録しておくと、何がホットフラッシュの引き金になったのかわかりやすくなります 。赤ワインとかストレスとか」と、アメリカの総合医療機関、クリーブランド・クリニックで産婦人科医を務めるリン・シンプソンさん。このようなデータは、医師がホットフラッシュの原因を探るためにも役立ちます。

では、閉経とは無関係でよくあるホットフラッシュの原因、そしてその対処法に進みましょう。

01 .処方薬

20180601_hot1

image via Shutterstock

多くの一般的な処方薬の副作用としてホットフラッシュが現れます、とシンプソンさん。よくある薬としては、オピオイド、抗うつ薬、骨粗しょう症の薬などだそう。

バッタリーノさんは、新たに薬を服用するようになった頃の変化に着目するようすすめます。「ホットフラッシュが始まった時期と一致していれば、おそらくそれが原因です」

どうすればよいか:その薬を処方してくれた人(医師など)に知らせます。同様の薬の中でもホットフラッシュを起こさないタイプに替えられるかもしれません。「身体がその薬に慣れると、ホットフラッシュが治まる場合もありますから、長く続くものではないかどうか医師に確認してもらえます」(バタグリーノさん)

02 .体重が重すぎる

20180601_hot2

image via Shutterstock

体脂肪は代謝されてエネルギーの元になります(この仕組みが、肥満とがんの関連性につながっていると聞いたことがあるかもしれません)。そして、体重が重すぎると新陳代謝に影響しますから、ホットフラッシュも起きやすくなります、とバッタリーノさん。

どうすればよいか:治療法はおわかりですね。カリフォルニア大学サンフランシスコ校の研究によると、食事をヘルシーなものに変えて運動すれば、ホットフラッシュを軽減する効果があります。体重が重すぎたり、肥満と判断されたりした女性を対象としたこの研究では、健康的な食事にして週に200分運動したグループは、減量しようとしなかったグループに比べて、ホットフラッシュが減った人は2倍でした。

03. 食べ物のアレルギーか過敏症

20180601_hot3

image via Shutterstock

とても辛い食べ物を取ると、ほとんどの人がホットフラッシュのような状態になります、とシンプソンさん。でも、食べ物のアレルギーまたは不耐性がある人は、食事に含まれていた何かが原因かもしれません(バッタグリーノさん)。

どうすればよいか:シンプソンさんによると、よくある原因はアルコール、カフェイン、そして硫化物などの添加物。このような食品を取ったら、身体の反応に気をつけてみると、関連性がわかるかもしれません。それでわからなければ、アレルゲンを特定するための方法、「除外食」について、医師か登録栄養士に相談。

04 .不安感

20180601_hot4

image via Shutterstock

「ストレス」と「不安」という言葉は、同じような意味で使われる場合が多いかもしれませんが、ストレスや恐れ、心配といった感情の具体的な現れについて言う場合、メンタルヘルス(精神面の健康)の専門家は「不安」の方をよく使います。心臓のドキドキと神経質にもじもじするのは、典型的な不安症状。そして、不安を感じると、不快な症状も起きてきます、とバッタリーノさん。

どうすればよいか:「単純ですが、意識して呼吸すると、不安感を鎮める効果があります」(バッタリーノさん)。運動、瞑想、ヨガも、不安感を撃退するために有効。それでも効かないようなら、もっと深刻な不安症かもしれませんから、医師や認知行動療法士に相談します。

05 .ホルモンや内分泌系に関連した問題

20180601_hot5

image via Shutterstock

ホルモンや内分泌系に関連した問題があると、閉経に似た症状が現れることがあります。特に甲状腺の問題、とりわけ甲状腺の活性過剰は、ホットフラッシュの原因に(バッタリーノさん)。ソマさんによると、感染症やウイルスも原因になるそう。

どうすればよいか:甲状腺の問題であれば、ホットフラッシュのほかにも症状があるはず。心臓の動悸、理由不明の体重減少、トイレが近い、特定の時間に極度な疲れを覚える、などはすべて甲状腺の活性過剰に関連した症状です。感染症も含めてほかの問題であれば、体温の上昇、下痢や腸の不快感などの症状があります、とソマさん。ホットフラッシュと一緒にこのような症状がある場合は、医師に相談。

06 .寝室が暑い

20180601_hot6

image via Shutterstock

体温は夜中ずっと、自然に変動します、とシンプソンさん。ですから、夜中に暑苦しく感じたり、汗をかいて目覚めたりすることはよくあります(女性も男性も)。

どうすればよいか:夜中に起こるホットフラッシュであれば、部屋の中が暑い、毛布が多すぎる、あるいは着すぎているせいかも。「その場合、温度調節を下げるか、毛布や着ているものを減らすという単純な方法で治まるでしょう」(シンプソンさん)。

Markham Heid/6 Common Causes Of Hot Flashes That Aren't Menopause

訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    6. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    10. 「外陰部の腫れ」は悪性がんの恐れも。セルフチェックの方法は?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    10. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?