1. Home
  2. EAT
  3. 「飲みたい」と「美しくいたい」気持ちを満たすビューティビールとは?

「飲みたい」と「美しくいたい」気持ちを満たすビューティビールとは?

小竹美沙

ビール大好きな私が、最近飲んでみて、とても革命的だなと感じたクラフトビールがあります。それは、2018年6月18日に「amritara(アムリターラ)」から発売される「DHEAVA(ディーバ)」。

オーガニック原料と天然温泉水を使ったビール

1806_dheava_top

DHEAVA(330ml)/ 850円(税別)※2018年6月18日発売

「DHEAVA」は、ビールの本場であるドイツ産のオーガニック大麦麦芽オーガニックホップを使用。さらに、仕込み水には水郷・大分県日田の天然温泉水Ojas(オージャス)」を用いています。オージャスには、有機ゲルマニウム、亜鉛、シリカといった成分が豊富に含まれているそう。単品で飲んでもおいしい水なので、とても贅沢です。

ビールは、「水とホップ以外の原料における麦芽の使用比率が50%以上」と定められています。「DHEAVA」では、豊かなコクを活かすために98%もの麦芽を使用。また、ビール酵母には、富山産の大麦天然酵母を採用しています。一般的なビール醸造用酵母ではなく、天然の大麦酵母でビールを醸造することで、原料である大麦の味わいを引き出しているのだとか。

アンチエイジングが期待できるトリュフ抽出エキスを配合

さらに注目したいのが、特許技術によって農薬を使わずに新潟県で栽培されたトリュフから抽出された「トリュフ抽出エキス」。このエキスには、体内アンチエイジングホルモンの王様と呼ばれる「DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)」を体内で増やす効果が期待できるのだとか。「DHEA」は、副腎ホルモンのひとつ。体内で女性ホルモンや男性ホルモンをつくる材料となります。一般的に、20代後半をピークに体内での分泌量が低下すると言われているので、更年期以降の女性にはとくにうれしい成分です。

瓶内2次発酵を用いているため、コクがありながらもきめ細かな天然炭酸が感じられます。苦みや酸味は抑えめで、ホワイトビールに近い口当たり。「飲みたい」と「美しくありたい」という気持ちを1本で満たしてくれる新感覚のビューティビール。大切なお客さまをもてなしたり、いいことがあった日の1杯にぴったりです。

amritara

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析