1. Home
  2. EAT
  3. アラン・デュカスが教えるファーマーズ・マーケットめぐり

アラン・デュカスが教えるファーマーズ・マーケットめぐり

The New York Times

20171229_nyt2_top

海外旅行に出掛けたときは、旅先で地元のファーマーズ・マーケットを必ず訪れるべきと話すのは、9か国に25軒のレストランを展開する世界的なセレブシェフ、アラン・デュカス氏。「どこの国のどの町でも、どんな季節でも、市場は絶対にはずせない見どころだよ。その土地の文化がそのまま映し出されているんだから」

次の旅ではデュカス氏にならってマーケット歩きをしてみよう。観光客が心にとめておきたいローカル市場を最大限活用するポイントとは?

旬の食材を覚えて、朝早い時間に訪れる

20171229_nyt_01

旅先では地元のファーマーズ・マーケットをチェックしよう。ランチやお土産探しにもぴったり (Lars Leetaru / The New York Times)

マーケットの多くは朝早く開き、午後早々には閉まってしまう。しかも、質の高い品やデイリープロダクツは昼前にほとんど売り切れる。だから、いいものを手に入れたいなら、朝早起きして出かけるべし。また、欲しい食材の旬を頭に入れておくことも重要。たとえば、南フランスでのバカンスでイチゴを見つけたいなら、7月までに訪れるよう計画したほうがいい。旬があるのは生鮮品だけじゃない。多くのチーズも季節によって変わるという。「旬の産物を買うように心がけておけば、その土地の最高のものに出会えることうけあいだよ」とデュカス氏。

手に入れた食材を手料理に

もし可能なら、キッチン設備のある宿泊施設にすると、旅の市場巡りの楽しみはぐんとアップ。ファーマーズ・マーケットで手に入れた活きのいい地場の産物をすぐさま調理することができるからだ。凝った料理にする必要はない。フランス西部の古都サントに旅したデュカス氏のように、マーケットで目にとまった獲れたてのヨーロッパエビジャコを塩とバターでソテーするだけで、最高のディナーができあがる。

ランチも市場で

大きな市場なら大抵、土地の産物を使った郷土料理を出す簡易食堂や屋台が併設されている。「新鮮な食材を伝統的な味付けでその場で調理していて、値段も手頃」、まさに言うことなしとデュカス氏もおすすめ。南仏ニースの市場はひよこ豆の粉で作ったクレープのソッカが名物。一方、イタリアの市場では必ずといっていいほど自家製パスタをだすスタンドが出ている。

お土産を買うのにも便利

美味しい旅のお土産を見つけるのにも市場はぴったり。ハチミツやジャム、搾りたてのオリーブオイル、チーズなど、スーツケースに詰めて持ち帰りもOKのプロダクツがたくさん売られている。デュカス氏いわく「家に帰ってからも、買ってきたハチミツの瓶を開けるたび、楽しかった旅の思い出がよみがえるってもんだろう?」

近所のマーケットも狙いめ

マーケットをのぞく楽しみは、わざわざ遠くまで旅行をしなくても体験できる。ニューヨークに住んでいるなら、電車に飛び乗り、ハドソンバレーまで足を伸ばせばいい。もっといえば、ユニオン・スクエアやグランド・アーミー・プラザなど、街のど真ん中にもマーケットはある。戦利品の食材はその日のうちに家庭で調理。日々簡単に手に入る生鮮品で料理をする喜びを覚えたなら、「人生が変わるはず」とデュカス氏は断言する。

©2017 The New York Times News Service[原文:How to Get the Most Out of Farmer's Markets While Traveling /執筆: Shivani Vora](翻訳:十河亜矢子)

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. トレーニングでお腹の脂肪は減る? 減らない? 部分やせの謎

    2. 心理学を活用。ネガティブな感情を分析すると、自己肯定感が上がるワケ

    3. 医師に聞く、脂肪や糖の吸収をカットできる3つの食品

    4. ストレスを抱えやすい人の脳の特徴3つ。イヤなことが頭から離れない...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 糖質&カロリーを抑えたナイスなアイス「ナイスクリーム」の作り方

    7. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    8. むくみ解消にお役立ち! カリウムをバナナよりも多く含む食品

    9. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    10. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    1. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. ストレスを抱えやすい人の脳の特徴3つ。イヤなことが頭から離れない...

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 痛い! もう何もしたくない......。「痛み」の影響とその対処法

    6. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. 他人に優しくできない人の深層心理って? 本当の「思いやり」とは

    10. シャワーだけで済ますはNG。医学的に正しいお風呂の入り方

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 意外に多い!? 生理中の下痢。突然のアクシデントを解消する方法

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. カリウムといえばバナナでしょ! と思ってる? じつはカリウムが多い食品8

    8. おしっこが近くなる8つの原因。水を控えたほうがいいのはウソ?

    9. あなたの体重が減らない5つの隠れた理由。栄養士が指摘します!

    10. ホルモン乱れが原因? 甲状腺が弱っている5つのサイン