1. Home
  2. EAT
  3. 300年の時を経てよみがえる、泥棒たちが考案した伝説のビネガー

300年の時を経てよみがえる、泥棒たちが考案した伝説のビネガー

知恵子

冷えたビネガードリンクがおいしい季節になりました。その人気から、店頭でもさまざまな種類のビネガーが出ていますが、なかでも中世の泥棒たちが考案したというアップルサイダービネガーが気になります。

中世から現代まで、人々を助ける「レスキュービネガー™」

1806_fourthievesvinegar_01

ウベルティ フォーシーブスビネガー28 / 4,104円(税込)※「ウベルティ フォーシーブスビネガー20」は3,240円(税込)

それは、フランス・ウベルティ社の「フォーシーブスビネガー20」と、「フォーシーブスビネガー28」。疫病が蔓延した中世フランスで、なぜか感染を免れて暗躍する4人の泥棒たち(Four Thieves)がいました。彼らの体を守っていたのは、秘密のレシピで作られたビネガー。そのレシピと引き換えに減刑になったとか。

この伝説のレシピは1748年から今もなお、フランスの公式な薬局方である「Codex」にも登録されているそうです。そして、約300年の時を経た今、フランス人のナチュロパス(自然療法士)であるルイ・ウベルティが「世界中の人々が健康で幸せであってほしい」という願いを込めて、このレシピを元に現代によみがえらせました。ウベルティ社オリジナルのリンゴを原料に醸造したお酢であるアップルサイダービネガーに植物エキスをブレンドし、ハーブやスパイスをきかせたビネガーです。

中世フランスでは、疫病以外にもさまざまな健康問題があったと考えられます。でも食べ物が豊富にあるはずの現代でも、多くの人が健康問題を抱えています。お酢のかたちをした、人々の健康を守るサプリメント=「レスキュービネガー™」とも言える2種類のフォーシーブスビネガーは、なんとなく元気がない最近疲れやすい、手足が冷えて困るといった人におすすめです。

フランスベストオーガニック製品を受賞

1806_fourthievesvinegar_02

おすすめする理由に挙げられるのは、アップルサイダービネガーの持つ有効性と、ハーブ・スパイス8種類、野菜6種類、フルーツ14種類、合計28種類のパワーが絶妙なバランスで働いているところ。

たとえばハーブには、活力を高め体を守るといわれるセージタイム、体を中からすっきりさせるハーブとして知られているチコリーなどが。またビタミン、有機酸、ポリフェノールなどが豊富なフルーツと、食物繊維やミネラルを含む野菜の植物栄養素が含まれています。果物や野菜、ハーブをそのままエキス化した天然の植物栄養素がアップルサイダービネガーに。ビネガーのおすすめポイントはこんなところにもあります。

2種類のビネガーの違いは、配合した野菜やフルーツ、ハーブの種類の数の違いです。ウベルティ社で最初に発売したのが20種類の「フォーシーブスビネガー20」で、その後研究と開発を重ねてハーブやスパイスを加えた「フォーシーブスビネガー28」を発売しました。「フォーシーブスビネガー20」は2015年のフランスベストオーガニック製品を受賞しています。ハーブやスパイスが苦手な人はこちらからはじめるのがよさそう。

体調不良が気になるとき、体の環境を整えたいときに試してみたい「レスキュービネガー™」。フォーシーブスビネガー2種類は、こちらのサイトより購入可能です。

ウベルティ フォーシーブスビネガー

    specialbunner

    Ranking

    1. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    2. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    3. 家で筋トレ、はじめませんか? Amazonセールで選ぶフィットネス機器5

    4. ぽっこりお腹を撃退! ついでに「姿勢もよくなる」動きって?

    5. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    6. ベッドに溶け込むバターのようになって、10分で寝落ちする方法

    7. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    8. もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

    9. 運動不足になりがちな冬こそ、コレですっきり! フォームローラー5選

    10. 筋トレの王道「プランク」を飽きずに続ける工夫って?

    1. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    2. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    3. 研究で判った「太る食べ方」3つ。つまみ食い、ながら食い、そして......

    4. 「インフルエンザを甘くみてたら死にかけた!」壮絶すぎる体験談

    5. 冬のコーヒータイムに。砂糖・バター不使用のヘルシーレモンチーズケーキ

    6. 飽きがちな筋トレが一気におもしろくなる! 横歩きプランク

    7. 髪がスカスカ? 薄毛をカバーするお助けヘアスタイル5つ

    8. 今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

    9. 腹凹ませには、プランクよりも「プランク歩き」がいい

    10. 【保存版】インフルエンザ対策! 完全ガイド

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 女性も気をつけたい「お尻のがん」。異変を感じたらすべきことは?

    3. おならが出すぎていませんか?臭いおならは不調のサインかも...

    4. 晩秋の軽井沢で検証! アウトドアブランドではじめるおしゃれの冬支度

    5. 1日1分腹筋を鍛えれば、30日で体型は変わります。そのメカニズムは?

    6. 「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

    7. 「体脂肪」を本気で減らす3か条。減量外来ドクターに聞く

    8. 「ぎっくり腰」になったとき、すぐにやるべき対処法は?

    9. 「外よりも、部屋干しの方が正解」と洗濯のプロ。臭わせないコツは?

    10. インフルエンザが悪化しやすい人に共通することは?