1. Home
  2. EAT
  3. 初心者でも失敗しにくい「ぬか漬け」作りのポイント

初心者でも失敗しにくい「ぬか漬け」作りのポイント

4,430

横山かおり

1806_labcoo_top

暑い日が続くと、自然と体が欲しがるのは塩分。手軽に、食卓に一品増やすのにおすすめなのが「ぬか漬け」です。大人になるにつれて、ぬか漬けに興味を持つ人が増えていくように感じます。

今回は、兵庫県たつの市ぬか漬け屋さん発酵教室を行っている「発酵LabCoo(ラボクー)」の松下さんにお話を伺いました。

プラスチックよりも琺瑯容器がおすすめ

1806_labcoo_02

最近のぬか漬けといえば、手軽にタッパーなどでできるイメージがありますが、ぬか漬け初心者はまず何を揃えればいいでしょうか?

「まず揃えるべきものとしては容器です。おすすめしているのは『野田琺瑯』の『レクタングル深型LL』。もちろん野田琺瑯でなくてもよいのですが、基本的には琺瑯(ほうろう)容器をおすすめしています。3.5〜4リットル入るものを用意していただくのがよいですね。お手軽なプラスチックの容器を選んでしまいがちですが、ぬか漬けは塩や酸が強く、そのせいでプラスチックだとよくない物質が溶け出す事があると聞きます。それにプラスチックはにおい移りが激しいです。傷つきやすくもあるので、傷が入ったところに雑菌が繁殖しやすくなります。何より見た目的にも琺瑯の方が断然かわいい。キッチンの目につくところに置いていても目障りになりません。初期費用をある程度かけたほうが、頑張ろうという意識にも繋がるのではないでしょうか」(松下さん)

手軽にぬか漬けをはじめるにはプラスチックで十分かと思っていましたが、それが雑菌の繁殖に繋がるとは驚きです。ぬか漬けを失敗なくはじめるためにも、容器選びには注意が必要なようです。

基本のぬか漬けレシピ

1806_labcoo_03

「発酵LabCoo」では特別な配合を行っているそうなのですが、今回はぬか漬け初心者のために一般的なぬか漬けレシピを教えていただきました。

<材料>

  • 米ぬか…1kg (ぬかと水が1:1に対し、塩が10%です。)
  • 水…1L
  • 塩…100g
  • 昆布…10㎝角(千切りにする)
  • 鷹の爪…1本(種を取り刻む)

<作りかた>

  1. 容器に水と塩を入れ、塩をよく溶かす。
  2. 塩が溶けたら鷹の爪と昆布を加え、米ぬかを入れてよく混ぜる。
  3. 米ぬかの状態にもよるので、水分の調整を行う。できたぬか床を一握り握ってみて、水が染み出す程度にする。
  4. そのまま一晩置き、翌日より捨て漬けを行う。

1日1回野菜を漬け替え、前日入れた野菜を出して新しい野菜を漬けます。1週間程度で酸味が出てきたらできあがりです。その後も1日1回かき混ぜてあげてください」(松下さん)

ぬか床は冷蔵庫に入れない

ぬか漬けは最初に作ってしまえば、あとは混ぜるだけというイメージがあります。ぬか漬けを作るにあたって、間違いがちなポイントは何かありますか?

「一度ぬか床を作ると、永遠においしく漬けることができると思われがちです。しかし、毎日ぬか床を混ぜているからといって、そんなことはありません。ちゃんとお手入れが必要なのです。

ぬか床に含まれる塩分は野菜を漬けるたびに野菜に移っていき、ぬか床そのものの塩分はどんどん減っていきます。それをちゃんと足してやらなければ、おいしくなくなってしまいます。そのためにも、毎日ぬか床をかき混ぜたときに『ぬか床の味見』をして下さい。 『ぬか床を食べるの!?』と思われるかもしれませんが、ぬか床がおいしくないと漬けたお野菜もおいしくなりません。毎日ぬか床の味見をすることで、ぬか床の状態を知りメンテナンスを行うことが必要です。そうすることでおいしさを維持できます。

また、ぬか床を冷蔵庫に入れるというのも間違いです。気候によっては必要な時期もありますが、冷蔵庫に入れると乳酸菌の働きが悪くなりおいしくなりません。真夏や数日出かけるときなどは冷蔵庫に入れますが、それ以外は基本常温で管理します。

さらに『ぬか床をおいしくするために』と薬味をたくさん入れるのも逆効果。ぬか床の旨味はたくさんの野菜を漬けることで、野菜の旨味をぬか床に与えてあげましょう。その方がおいしいぬか床になりますよ」(松下さん)

「ぬか床のために」と思っていたことが裏目に。多くの人が間違えがちなことばかりではないでしょうか。おいしいぬか漬けを食卓に並べるために、ぬか床の味見を日々行っていれば、小さな変化にも気づけるようになるかもしれません。毎日愛情を持ってぬか床と接することで、いつもの食卓をより愛しく感じることができそうです。

発酵LabCoo(ラボクー)

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた