1. Home
  2. EAT
  3. 夏に向けて簡単デトックス!

夏に向けて簡単デトックス!

最年少スーパーフードマイスター、Lilyのノーギルティー!フード

1,716

Lily

史上最年少17歳の現役高校生スーパーフードマイスター、Lilyこと及川凜々子です。

2年前、オーストラリアとニュージーランドに留学していた際に、「よいものをたくさん食べて痩せる」というオーガニック文化にふれ、日本の“食事制限ダイエット”とはまったく異なる食生活にとてもインスパイアされました。それがきっかけで、スーパーフードに興味を持ち、17歳でJSA認定の 「トップスーパーフードマイスター」の資格をとりました。 今では高校生活の傍ら、レシピ開発やフードスタイリングをしています。

第一回目の「最年少スーパーフードマイスター、Lilyのノーギルティー!フード」、今回のテーマは 「夏に向けて簡単デトックス!」です。 薄着をする機会が増えてくるこの時期、足、二の腕、ウエストなどをきちんと引き締めたいですよね。

shutterstock_587590193

image via Shutterstock

デトックス方法としては、ジュースクレンズやファスティングなどがありますが、どちらもストイックにならなければ成功しませんし、ストレスの原因になってしまう可能性もあります。そんなきついデトックス方法は、私は一切しません。なぜなら、“ノーギルティーフード” 、つまり、罪悪感ゼロの、質のよいものをしっかり食べれば勝手に体がデトックスされるからです。 満腹になりますが、すぐに デトックスされて体が軽くなるんです! ストレスフリーどころか、ハッピーな気分になれます。

では早速、ヘルシーデトックスメニューを紹介していきますね。

1. 野菜たっぷり! 持ち歩きできる生春巻き

springrolls2

「野菜足りてないな〜、でもサラダはシンプルすぎて食べる気分になれないな〜」っていうときに、おすすめなのが、生春巻き! この日私が入れたのは、下の写真にある材料+サニーレタス、アボカド、エビです。

springrolls1

野菜だけでなく、しっかりとタンパク質やヘルシーな油も入れました。ディップソースは、ピーナッツバターで作ってあり、よくあるスイートチリソースよりも濃厚なのに、ヘルシーで満足感があります。

また、生春巻きは持ち運びが楽なので、 学校や仕事場、ピクニックやビーチに持って行くもよしです!

このレシピのスーパーフード:アボカド

avocado

不飽和脂肪酸という、アンチエイジングが期待できるヘルシーな脂肪が含まれています。「油は体に悪い」と思われがちですが、ヘルシーな油はむしろ摂ったほうがよいんです! アボカドは本当に何にでも合い、上品なクリーミーさをプラスしてくれます。物足りない料理にこのスーパーフード、アボカドをプラスするだけで見た目も味もとても満足する一品に早変わりです。

このレシピのスーパーフード:ピーナッツバター

peanutbutter

太るイメージのあるピーナッツバター、そう皆さんが思い浮かべているピーナッツバターは、実は“偽のピーナッツバター”なんです!

偽のピーナッツバターには、ピーナッツのほかに大量の砂糖、塩そして油が含まれているんです。確かにそれだと太ります。でも、このソースに使った“本物のピーナッツバター”は、100%ピーナッツから作られているんです。オリーブオイルとほぼ同じ成分の油を含んでおり、筋力そして代謝を上げてくれるプロテイン、そして食物繊維もとっても豊富に含まれていて、より一層お通じをスムーズにしてくれるんです。

ピーナッツ本来の甘さを感じることができ、本物のピーナッツバターを一度食べると偽のピーナッツバターの甘さやしょっぱさ、脂っこさに気づき、「よく今までこんなものを食べていたな……」と、驚くと思います。「ピーナッツバターは太る」という考えはもう古いんです!

2. さっぱり和風のそばブッダボウル

buddha_bowl

最近いきなり暑くなりすぎて、私の体は追いついていけませんでした(笑)。体がさっぱりしたものしか求めていませんでしたが、しっかりバランスよく食べないと体を維持できないので、何を食べるべきか悩んでいました。 そこで考えたのが、この 「さっぱり和風のそばブッダボウル」 です!

「ブッダボウル」とは、ワンプレートで手軽に多くの栄養素が摂れるレシピです。きゅうり、にんじん、アボカド、そば、ゆで卵、そしてその下にはベースとして溢れんばかりのほうれん草を敷き詰めました。ドレッシングには、おろし生姜入りめんつゆ、トッピングにはネギ、ヘンプシード、黒ごまを。 和×アボカドって、実は洋との掛け合わせよりも美味しかったりするんですよね。

このレシピのスーパーフード:そば

shutterstock_258837581

image via Shutterstock

私たちが昔から食べている蕎麦、実は今世界中からスーパーフードとして注目されているんです! タンパク質が多く含まれていることで有名なキヌアと同じくらい、タンパク質を含み、また食物繊維も豊富です。

このレシピのスーパーフード:ヘンプシード

hempseed

日本語では、麻の実といいます。ほぼ無味に近いので、何にでも使えます! ヘンプシードは、肉や魚よりもタンパク質を多く含み、さらにチアシードよりも食物繊維を多く含んでいるんです。タンパク質によって代謝が上がった体に食物繊維が取り込まれると、より一層体内がデトックスされます。

3. チアシード&ベリーのカラフルパフェ

chiaseed_parfait

甘いものがものすごく食べたくなるときってありませんか? 「でも痩せたい……」、そんな経験、だれにでもありますよね。キレイになりたくてダイエットしてるのにストレスがかかっていたら、心も見た目もキレイにはなれません

私はいつも、「自分の体の声を聞く」=「自分が食べたいものを食べる」ということを意識しています。それでもなぜ太らないのか? それは、“質のいいもの”を食べているからです。 質のいいものは体をデトックスしてくれるんです。

そこで紹介したいのが、この「チアシード&ベリーのカラフルパフェ」です! スーパーフードたっぷりで、食べることによって体をデトックスしてくれます。 しっかり甘いのに、罪悪感ゼロの“ノーギルティーフード”です!

下の層から順番に、 ミックスベリーのチアシードジャム、チアプディング、ラズベリー、ミックスベリーのチアジャム、グラノーラ、ベリー類です。 見ただけでも満足できる一品になっています。

このレシピのスーパーフード:チアシード

chiaseed1

私たちの腸は、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維という2種類の食物繊維を摂取したときに、一番早くデトックスされます。チアシードは、その2つの食物繊維を多く含んでいるため、より効果的にデトックスをしてくれるスーパーフードなのです。

チアシードを約2倍の水と混ぜ、10〜15分放置しておくと、チアシードが水分を含み、ゼリー状になるんです。これを利用し、卵やゼラチンの代わりとして、私のキッチンでは大活躍です!

このレシピのスーパーフード:マキベリー

maqui

ミックスベリーのチアシードジャムに入っている、マキベリーパウダー。見た目も味もアサイーに似ていますが、実はアサイーよりも優秀なんです!

体の機能の促進、血液の巡りを良くし、デトックス効果の期待できるポリフェノールを、なんとアサイーの5倍含んでいます。ポリフェノールだけでなく、便秘を解消してくれる食物繊維や、鉄分などのミネラルも豊富なんです。

ポリフェノールは水に溶けるため、尿とともに体外に排出されます。なので、1日中こまめに摂るとマキベリーのよさを 実感できます。


どうでしたか? こんな美味しいものをお腹いっぱいに食べて体がデトックスされるなんて、最高ですよね。「食べなければ痩せる」というわけでは、まったくないんです! みなさんも今回私が紹介した料理で、夏に向けて簡単デトックスしてみてくださいね。

次回は、今回のチアシードパフェに使用したオイルフリーのホームメイドグラノーラや、スムージーなどを紹介します。

撮影(1,7枚目を除く)/Lily

    specialbunner

    Ranking

    1. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 乳液とクリームって何が違うの? 両方使った方がいい?

    4. 季節の変わり目の「風邪」対策。こじらせる前にすべき簡単5つ

    5. 防水なのに蒸れない。ザ・ノース・フェイスが開発したウエアが革新的!

    6. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. 「自分は大丈夫」と思わないで。がんを克服した9人のアドバイス

    9. アウトドアグッズの収納力をアップする、便利アイテム2選

    10. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ