1. Home
  2. BEAUTY
  3. 好感度が上がる頭皮コンディショニング法

好感度が上がる頭皮コンディショニング法

アンファー株式会社

これが決まらないと出かけられない――という身だしなみの必須ポイント。人によっていろいろあると思いますが、筆者の場合はまちがいなく“髪”。以前はファッションでしたが、人に与える印象を考えたとき、髪ほど好感度を左右する要素はないと思うようになりました。

ヘアスタイルが決まらなくなる意外な理由

natuluster_01

シンプルな服でもヘアスタイルが決まった日は、はじめて会う人とも自信を持って話せる気がします。ただ問題は、髪のコンディションを整えるのが年々難しくなってきたこと。毎晩しっかりシャンプーしているのに、髪が妙にベタついたり、分け目にフケを発見したり。出がけにあわてて髪を洗い直す日もあるほどです。

頭皮ケア商品を中心に販売を行っている「アンファー」によると、こうした悩みの原因は髪ではなく、頭皮にある場合が多いとのこと。じつは約8割もの女性が、日によって頭皮の状態が異なる「気まぐれ頭皮」を自覚しているといいます。

髪型が決まるためにしたいこと

30歳前後から「気まぐれ頭皮」に

natuluster_02

毎日ではないものの、環境の変化やストレスなど、さまざまな要因で頭皮のコンディションが乱れてしまうのが「気まぐれ頭皮」

アンファー」の調査(※)によると、「気まぐれ頭皮」が気になりだすのは30歳前後から。20代後半~30代女性の約7割(67%)が、「10代の頃と比べて、頭皮の状態が気になりやすくなった」と回答しており、年齢にともなって頭皮の悩みを感じやすくなることがわかりました(図1)。

natuluster_06

図1

かゆみやベタつきが気になると、無意識に頭皮を掻いてしまったり、髪を手でひんぱんに触ってしまうなど、不潔な印象を与えるしぐさをしてしまうこともあります。第一印象を損なわないためにも、頭皮のコンディションは常に良好に保っておきたいもの。

natuluster_07

図2

ところが調査結果では、「現在、日常的に頭皮のケアをしている」と回答した人はたったの12%(図2-左)。頭皮ケアをしていない理由としては、「何をすればいいかわからないから」と答えた人が61%ともっとも多く、「面倒だから」(30%)、「忙しいから」(24%)などの回答を大きく上回りました(図2-右)。

私も「気まぐれ頭皮」かも?

頭皮コンディションがメンタルを左右する

natuluster_03

頭皮ケアが清潔感に関わるのはもちろんのこと、見逃せないのは“気持ち”に与える影響の大きさです。

natuluster_08

図3

アンケートの結果によると、頭皮の状態が気になる日は、「その日1日の幸福度が下がると思う」と答えた女性は79%。「仕事や家事へのやる気が下がると思う」人は77%、「仕事や家事への集中力が下がると思う」人は79%にのぼりました(図3)。

頭皮のコンディションが1日の幸福度や、仕事・家事へのやる気にも影響を与えるとは……。自分を振り返っても納得の結果ですが、あらためて女性のメンタルのデリケートさを感じます。

幸福度がアップするヘアケアって?

不意打ち注意。頭皮の悩みTOP3

natuluster_04

女性が気になる頭皮の状態については、「かゆみ(95%)」、「ニオイ(77%)」、「ベタつき(74%)」がTOP3にランクイン。ただし、頭皮の状態が気になることが「毎日ある」人は少数派で、「たまにある」という回答が目立っていました(図4-左)。

natuluster_11_a

図4

さらに、「自分の頭皮は、日によってコンディションが異なる“気まぐれ頭皮”だと思いますか?」という質問に対しては、77%が「そう思う」と回答(図4-右)。

いつもと同じケアをしているのに、疲れやストレスで頭がかゆくなったり、睡眠不足が続くとフケが気になったり……。さまざまな原因から、急に不意打ちのようにやってくるのが頭皮のトラブルなのです。

不意打ち頭皮トラブルの回避法

まずは毎日のシャンプーから変えてみる

natuluster_05

疲れたときや忙しいときほど女性を悩ませる「気まぐれ頭皮」。環境や心身の変化に負けない頭皮を育てるには、毎日のケアが大切です。

気になっているのに頭皮ケアをスタートできないのは、「何をすればいいかわからない」ことが最大の理由。それなら、毎日のシャンプー&トリートメントをスカルプケア用に変えてみる、という方法があります。天然由来成分を90%以上配合した「スカルプDのオーガニック」なら、オーガニック志向の人も頭皮ケアに挑戦できるはず。

スカルプDのオーガニック」は、サルフェートフリー、ノンシリコン、パラベンフリー、鉱物油フリー、合成着色料フリー。シャンプーはもっちりとコシのある泡立ちで、髪を摩擦から守りながら、頭皮まですっきり爽快に洗い上げてくれます。

トリートメントは、指につけて伸ばすと糸を引くほど濃厚。髪だけでなく頭皮までしっかりつけ、保湿できる、新感覚の使用感です。試しにアウトバストリートメントをつけずにヘアドライしてみたところ、いつもは乾燥して広がる髪がツルンとなめらかに。髪の根元はふんわり立ち上がっているのに、毛先までしっとり。うるおい保湿力に驚きました。

頭皮にもつけられるトリートメント

みずみずしいペア&リリーの香りは甘すぎず、自然体でリラックスできます。汗ばむこれからの季節にも、心地よく使うことができそうです。

好感度を上げたいなら、自分に自信を持つことがいちばん。毎日のシャンプーで、サラリと透明感のある女性を目指してみませんか。

スカルプDのオーガニック

※調査名「頭皮に関する意識実態調査」/調査対象:15~39歳女性(500名・全国)5歳ごとに年代均等割付/調査期間:2018年2月19日(月)~20日(火)/調査方法:インターネット調査

撮影/内山めぐみ(商品) 文/ 田邉愛理

    Ranking

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    3. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    4. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    5. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. ヴィーガンメニューは「おいしい」が当たり前。注目のヴィーガンレストランを紹介

    8. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 愛用の「箸置き&カトラリーレスト」たち。献立や器を考えるのとは別の楽しみがある

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    3. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    4. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    5. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    6. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    7. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    8. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    9. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    10. 秋。新しいコースを走ってみよう。「ランニングを再開したい人」向けメニュー

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    3. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    4. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    5. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    6. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    7. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ