1. Home
  2. BODY
  3. 腰の痛みを和らげる5つのストレッチ

腰の痛みを和らげる5つのストレッチ

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

7,036

腰の痛みに悩まされていませんか。でしたらベッドで横になってみるというのはどうでしょう。有名な医学誌JAMAで発表された研究によると、「体幹のストレッチ」であろうと「エアロビクス」であろうと、はたまた「ストレッチ」だって、エクササイズをすることが腰痛を和らげてリスクを減らすためにベストな方法とわかってきたのです。

20180531_stretch1

「やさしめのストレッチの良いところは、痛みがあるときにも行えて、早いうちに効果が見込めること」。こう話すのはプリチキン・ロンジビティ・センター・プラススパのフィットネスディレクターのジェイミー・コステロさん。次に痛みに襲われたときのために5つのストレッチをおすすめしています。

始める前にいくつかの心構えを。各ストレッチでは少なくとも10秒、できれば30秒かそれ以上姿勢をキープするようにします。キープの時間が長いほど痛みを和らげる効果も増えます。さらに、楽しんで行うと気分も爽快に。ストレッチは動作を急ぐのではなく、心休まる音楽を流しリラックスと気分転換に使うのがおすすめ。

01.子どものポーズ

この有名なヨガの姿勢は、痛いときにかたくなった腰の筋肉をやさしく引き伸ばします

手とひざを床につけます。手は肩の真下に、ひざはおしりの真下に。前方にまっすぐに腕を伸ばし、手のひらをぴったりと床に置きます。ゆっくりと正座の姿勢を取って、腕を遠くに伸ばすとともに頭と胸を下に落としていきます。ストレッチがきついときは自分自身を少し支えるため枕をお腹の下に入れ、腰の筋肉の伸ばし方を楽にすることも。20秒か30秒、もしくはそれ以上姿勢をキープ。

02.ネコ/ウシのストレッチ

このダイナミックな動きは子どものポーズをベースに、腰の筋肉を二つの方向に動かし、かたまった筋肉を伸ばして痛みをやわらげます

手と膝を床に付け、四つん這いになった状態から始めます。手は肩の真下、ひざはおしりの真下の位置に。背骨が地面と平行になるようにします。次に、ネコのように、肩甲骨の間を伸ばすように背中を丸め背中の中ほどをストレッチ。5秒キープし、次にリラックスしておなかをおろして背中をやさしく反らせて、これを5秒キープ。これらの動きを30秒かそれ以上繰り返します。

03.腰のツイスト

20180531_stretch3

この動きは腰だけでなく、おしりの筋肉のストレッチにも有効。おしりの筋肉は腰の痛みを感じると収縮して、さらに痛みを大きくしてしまいます。

仰向けに寝て、膝を折り曲げて、足は床に付けます。腕を左右に開いて、Tの字に。両肩を床に付けたまま両膝を左右のどちらかに落としていきます。この姿勢を20秒から30秒キープし、最初の姿勢に戻ります。次は違うサイドに両膝を落とします。ストレッチがきつい場合は、各サイドにひねる際に枕か毛布を畳んだものを膝の下に当てます。

04.膝から胸へのストレッチ

20180531_stretch2-1

ほかのストレッチと同じく、かたくなった腰の筋肉を伸ばすことができます

仰向けに寝て、膝を折り曲げて、足は床に付けます。膝の裏または膝小僧の少し下に手を当てて足を抱えます。両手で膝をやさしく引きながら、ゆっくり胸に向けて動かします。この姿勢を20秒から30秒キープし、最初の姿勢に戻します。

05.骨盤を傾ける

20180531_stretch

つらい腰痛があるときには、まるで骨盤が動かないように感じるかもしれません。このストレッチは骨盤の動きをゆっくりと戻していくものです。

仰向けに寝て、膝を折り曲げて、足は床に付けます。腰をリラックスさせて、力を抜きます(この時に腰の下に手が入るようなら、腰が反っていると感じているはず)、リラックスさせます。体幹の筋肉に力を入れ、すこし骨盤を前に傾け、骨盤を床にぴったりとつるようにします。これを12回から15回繰り返します。

Meghan Rabbitt/5 Stretches To Ease Your Lower-Back Pain

訳/STELLA MEDIX Ltd.

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    4. ヒントは「脳科学」にあった! 何も叶わない、変わらない現状を変える方法

    5. 幸せになれるのは一瞬だけ。本当は怖い「疲れたときには甘いもの」

    6. ひたすら「なぜ」を繰り返すだけ。ネガティブ思考を消し去る方法

    7. 地味だけど栄養豊富。チーズ欲も満たせるカリフラワーのマッシュポテト

    8. 納豆とヘルシー食材で夏バテ&冷え対策。管理栄養士おすすめレシピ3つ

    9. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    10. あなたも「急かし」症候群? 自分のリズムを取り戻す7つの方法

    1. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    5. おからパウダーの効果は? おいしいダイエットレシピ3選

    6. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    7. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    8. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 肺がんにならないために、今日からできること10

    腰の痛みを和らげる5つのストレッチ

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More