1. Home
  2. BODY
  3. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

4,960

MYLOHAS編集部

ああ腰痛! 痛みの前ではみな平等です。ある時期には約3100万人のアメリカ人が苦しんでおり、アメリカカイロプラクティック協会(ACA)によると、私たちの50〜80%が人生のどこかで経験するそう。

20180524_lowback

痛みを防ぐためには体重をコントロールするのが重要といつもいわれます。でも、健康でよく活動しているように見えるのに痛みがなくならないのはどうしてでしょう?

『健康な背中への3週間(Three Weeks to a Better Back)』の著者でニューヨークのカイロプラクターのトッド・シネットさん(カイロプラクティック博士)によると、腰痛は残りの人生を送る上で付いて回るバツのように感じるかもしれませんが、それはまれなケース。痛みは身体で何か別の事態が進行している兆候とも。原因をつきとめ、痛みとサヨナラしましょう。

腰痛のもとになるこれら8つの習慣をよく知り、どうやって修正するかを学んでいきます

自宅で働いている

20180524_lowback1

在宅ワークにはメリットがあります。通勤しなくていい! ヘルシーな軽食が取れる! 休憩も自由! 問題はソファや、最悪ベッドで仕事をしてしまうときです。どちらも首や背中への支えがほとんどないのです。「ソファにもたれたり、ベッドで寝そべったりして仕事する誘惑はありますよね。それは背骨にダメージを与えるもの。そんな仕事場をちょっと変えるだけで、背中や首を痛めることなくフレキシブルな仕事を満喫することができるんです」と、イギリスカイロプラクティック協会(BCA)の記事の中でカイロプラクター、ティム・ハッチフルさん。

対処法

イギリスカイロプラクティック協会によると、テーブルにつき、椅子に座るのが大事。規則的に休憩を取り、電話をするときは歩きまわります。また在宅のメリットを生かして、できるときはストレッチをしましょう。

座ってばかりいる

20180524_lowback2

「座りすぎは“新しい喫煙”といわれるほど健康に悪いといわれています。私たちはずーっと背中を丸めているようにはできていません。どんな筋肉も効果的に動くには縮んだり伸びたりが必要なんです」とシネットさん。座りすぎは前傾姿勢をもたらし、背骨の湾曲をもたらします。それは腰痛を招くことに

対処法

座る動作の反対として、両腕を広げながらバランスボールの上に仰向けに。シネットさんが作った調整可能なブリッジマシンの上で朝2分、夜2分、背骨をやさしく一直線に伸ばすのも良いでしょう。

財布が重すぎる

20180524_lowback3

財布を最後に整理したのは? アメリカカイロプラクティック協会によると、財布もしくはバッグは自分の体重の10%以下に抑えた方がよいそう。女性は必要そうな小物をたくさんバッグに詰め込みがち。それらの重みで身体が悪い姿勢になり、背中を痛めることに。

対処法

必要ない道具でバッグを重くしないようにしましょう。バッグは定期的に空にし、身体のバランスを崩して腰痛になるのを防ぐため、持ち手を変えるように。荷物の多い日は、負担を均等に分けるためにリュックサックを使うのも手。

運動をサボっている

20180524_lowback4

高強度インターバルトレーニング(HIIT)に取り組む必要はありませんが、きびきびしたウォーキングは背中に驚くほどよいのです(もっともHIITにトライしたければ、10分の全身運動で新陳代謝が活発化されるでしょう)! 背骨についての医学誌、『スパイン』誌に掲載された研究によると、運動は背中のケガのリスクを増やすことはなく、むしろわずかに減らすであろうということです。また運動は背中の痛みを10~50%減らすという研究もあります。

対処法

「散歩に行きましょう。その一方、あなたの靴底が正しくすり減っているかチェックしてください」とシネットさん。左右対称にすり減っていなければなりません。もしそうでなければ体重配分が正しくなく、専門医に診てもらった方がよいでしょう。そして背中を鍛えるエクササイズを生活に取り入れてみます。アメリカスポーツ医学会は、バードドッグ、プランク、サイドプランク(いずれも体幹を鍛えるトレーニング法)をすすめています。週3回、1セット10回から始めてみましょう。

ストレスがかかっている

20180524_lowback5

シネットさんの見解ではストレスは背中の痛みを引き起こす一番の要因。多くの研究が、感情が痛みに影響することを明らかに。脳と行動についての専門誌、『ブレイン・ビヘイビア』誌の2016年の研究では、マインドフルネスをベースとしたストレス軽減法は背中の痛みと前頭葉の感情認識をコントロールする仕組みを効果的に改善することがわかりました。

対処法

自分のストレスレベルを計り、日常生活にリラクゼーションを取り入れます。軽いヨガもよいでしょう。慢性の腰痛にとても効果あり。

食生活がダメ

20180524_lowback6

消化器系の調子は、背中の調子にも影響を。下痢、便秘、おなら、胃のむかつきなどはその場で痛みを引き起こします。「胃や消化器の不調は炎症とガスを作り出します。そのガスはたいてい腰の筋肉を含む腹腔に圧力(1平方センチメートルに1キログラムほど)をかけるのです。それはサッカーボールを膨らませる圧力と同じくらい」(シネットさん)

そうなると背中が痛むのも無理はありません。シネットさんは、食生活がキャンディ、ポテトチップス、ピザやソーダのような栄養価の低いものに偏っている人に会いますが、どれも炎症につながるもの。一方、よい食べ物ばかり取っている腰痛持ちの人にも会うそう。生野菜サラダやグリーンスムージーもガスを生み出し、やはり背中に圧力がかかります。

対処法

バランスのとれた食事は消化器系の問題と背中の痛みに驚くべき効果が。「抗炎症食がオススメ。自分にとって正しい食事を把握しましょう。それはひとそれぞれ異なります」(シネットさん)。加工度の高い食品、精製された炭水化物、砂糖、アルコールは、有名な炎症の犯人です。

間違った枕を使っている

20180524_lowback7

もしくは、枕をまったく使っていないこと。「背中の痛みを防ぐには、頭と首は楽にしていなければなりません」とシネットさん。頭が首より下に来るのが理想的な枕の位置。2016年の研究では枕の高さを上げると頭と首に圧力がかかったり、背骨が反ったり曲がったりして、痛みと睡眠の質の低下につながるとされています。

対処法

「もしいつも仰向けに寝ているなら、背中の通常の湾曲を再現するため、膝の下にも枕を置いてください」とシャーリーライアン能力研究所のプラカシュ・ジャラバヤンさん(臨床医学者、博士)。ジャラバヤンさんは、横向き寝の人は脚を胸の方向にひいて、膝の間に枕を挟んで、おしりと同じ高さにするようオススメします。そして可能なら、うつ伏せ寝は避けた方がよいそう。腰を反らせてしまい、負担がかかってしまうからです。

喫煙者である

20180524_lowback8

もしまだ何か禁煙する理由が必要ならこれ。ノースウエスタン大学の2014年の研究によると、喫煙者は非喫煙者に比べ慢性の腰痛に3倍なりやすいそう。この研究の興味深い点は喫煙がシンプルに背中に影響するのではなく、脳に影響すること。研究者代表のボグダン・ピーターさんはプレスリリースで述べます。「喫煙は背中の痛みへの脳の反応に影響し、痛みの発症への回復力を低下させるようです」

対処法

禁煙は腰痛が慢性化するのを防ぐこともわかりました。2014年の(国際予防医学ジャーナルに掲載された)組織的な報告によると、禁煙成功のカギは、ガムやパッチ、もしくはチャンピックスのような薬品でのニコチン置き換え療法です。主治医と相談を。

​Maggie Niemiec/8 Ways Your Daily Routine Can Cause Lower Back Pain

訳/STELLA MEDIX Ltd.

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析