1. Home
  2. BODY
  3. 何歳からでも、ワークアウトをはじめるのに遅すぎることはない

何歳からでも、ワークアウトをはじめるのに遅すぎることはない

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

4,689

MYLOHAS編集部

運動することは心臓によいというのは、いまではよく知られていることです。でも、ほとんど運動せずに人生のな半ばに突入したような人でも、いまからはじめるのは遅くないのでしょうか?

20180523_workingout

アメリカ心臓学会の最新の研究によると、ちっとも遅くないそうです。「まったく動いていない中年の人」でも、これまで運動してこなかった分を取り戻せるとのこと。

この研究で、45歳から65歳の53人の被験者をふたつのグループに分けて、2年間の調査を行いました。一方のグループは中程度から高程度の負荷をかけた有酸素運動を週に4回以上行いました。もう一方のグループはヨガやバランストレーニング、ウェイトトレーニングを週に3回行いました。

有酸素運動をしたグループのほうが、長期的に見ると負荷をよりかけられるようになり、心臓血管や心臓の弾力性が増すなどの改善が見られたといいます。つまり、心臓の筋肉が柔らかくなり、より効率よく動くようになったとニューヨーク大学ランゴンヘルスで心臓専門医のショーン・へフロン医学博士は話します。

「動かないことによって心臓がかたくなると、心不全になる確率がずっと高くなります」とへフロン医学博士は説明します。とくに年齢の高い人でも運動によって改善が見られるのはとても心強いことです。

研究では、有酸素運動をしっかりと行うことが大切だとしています。とくに運動の強度をもっとあげたいと思っている人にとって有酸素運動は大切です。でも、セミプロのようにトレーニングをする必要はないとヘフロン医学博士は話します。心臓の健康のために有酸素運動は必要ですが、定期的に筋力トレーニングをすることも筋力の総量をキープして、加齢によるケガを防ぐために欠かせません

この研究から、真剣に運動に取り組む効果を見ることができますが、中程度の活動からもかなりの効果を得ることができるというのがヘフロン医師の見解です。

また、この研究のもうひとつ特筆すべきポイントは参加者の年齢だ、というのがオハイオ州率大学ウェックスナーメディカルセンターの心臓専門医、シタラメシュ・エマニー医学博士。いままでの研究でも65歳以上の人でも運動をすることで効果を得られることは示されているのですが、この研究では運動をはじめる年齢が若いほど心臓への効果があることを示唆しています。

もし、いままであまり動かないタイプだった場合、エマニー氏は運動をはじめる前にプランを立てることが大切だと話します。

たとえばパーソナルトレーナーや理学療法士と一度話してみたり、運動をはじめたばかりの人のオンラインコミュニティーに参加してみたりするなどもひとつの手だとエマニー氏はアドバイスします。何歳になっても新しい習慣をスタートするには遅くありません!

Elizabeth Millard/It's (Officially) Never Too Late To Start Working Out—And Cut Your Risk Of Heart Failure

訳/Noriko Yanagisawa

    specialbunner

    Ranking

    1. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    2. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    3. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    4. 出血が多くても生理だから仕方ない!と思っていませんか?過多月経は治療できます

    5. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    6. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. ネガティブな感情で頭がいっぱい? あなたを解き放つ3つの処方箋

    9. ダイエット開始後すぐに体重が減るのはなぜ? 管理栄養士がアンサー

    10. もがき苦しんだ“燃え尽き症候群”と伊達公子さんから学んだこと〜元マラソンランナー・市橋有里

    1. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    2. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    3. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    4. 1か月あれば体重は何kg減らすことができる? リバウンドを防ぐには?

    5. 「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

    8. 放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

    9. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    5. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    6. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    7. 長引く咳は風邪じゃないかも。「がん」と診断された女性の実体験

    8. 生理で出るレバー状の血の塊の正体は? 放っておいて大丈夫?

    9. 成果の出る正しいスクワット法。足や太もも、部位別にレクチャー

    10. ジム通い不要の万能筋トレ「プランク」、比較的ラクに行うコツは?