1. Home
  2. EAT
  3. 乳製品は骨を強くするって迷信なの?

乳製品は骨を強くするって迷信なの?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,509

「ミルクは身体にいい」。これは80年代にアメリカの酪農組合が行った販促キャンペーンのスローガン。キャッチーな宣伝文句はさておき、「ミルクは強い骨を作る」というのは昔ながらの知恵。でも、最近のさまざまな研究結果から、その信ぴょう性が問われています

ミルクと骨の健康の関係性は?

20180522_milk

一例をあげると、ミルクが骨の健康にとって本当に大切なら、乳糖不耐性(ミルクの中に含まれる乳糖を消化吸収できない体質でミルクを飲むことが難しい)の人は骨粗しょう症になりやすい、つまり骨が弱く、もろくなりやすいことになります。しかし、アメリカ国立衛生研究所(NIH)によると、乳糖不耐性と骨の弱さが関連するかどうかについては異なる証拠が出ていて、はっきりしていません

また、有力医学誌、BMJ誌で2014年に報告された研究によると、ミルクを大量に摂った(1日にグラス3杯以上)女性で骨折のリスクが逆に「増えた」そう(男性では増加せず)。この研究では、ミルクを多く摂ると酸化ストレス/炎症のマーカーが増加するともわかりました。

このような結果は、インターネットで(ほとんどが健康関連のブログで)見かける主張と一致しています──ミルクは酸を生産する食品なので、炎症と骨の破壊を助長するというもの。

でも、乳製品を捨てるのは、まだ早い

まず、「ミルクは酸を生産する」という主張はでっち上げです。

栄養学の専門誌、『アメリカン・ジャーナル・オブ・クリニカル・ニュートリション(AJCN)』誌で報告された研究によると、実際にはミルクを飲むと尿酸が減少します。ですから、ミルクは体内の酸を増やし、だから骨に有害という説は成り立ちません。

先ほどのBMJ誌の研究結果に疑問を呈する専門家もいます。第一に、この研究ではミルクをたくさん摂ったことと、いくつかの骨の問題が関連したというだけ。ミルクを飲んだためにそのような問題が起きたと証明されてはいません。

「多くの文献を調べてみればわかりますが、毎日乳製品を摂ると長い間には骨密度が増加して、骨密度の減少を予防すると証明している研究が大部分です」と、ハーバード大学医学大学院エイジング研究所で栄養プログラムの主任を務める博士のシバニ・サーニさん。

乳製品を摂ることと骨の健康に関する研究を指導・監督したサーニさんが言うところでは、「乳製品を摂ると、(骨密度を増やすだけでなく)骨粗しょう症による骨折、特に大腿骨頸部(太ももの骨の付け根)の骨折を予防します」

乳製品にかなうものがないという見方も

また、やはりAJCN誌で今年報告された研究によると、ミルクは特に年配女性の骨によさそう。閉経後の女性を対象に調べたところ、毎日乳製品を摂った(ミルク600mlまたはヨーグルト300ml相当)人は、乳製品をる量がそれより少なかった人と比べて、確かに骨が強いとわかったのです。

その研究の著者、ルネ・リゾーリさん(スイスのジュネーブ大学で骨の病気の教授を務める、医学博士)の説明では、骨を強くするには(それに筋肉の健康にも)たんぱく質とカルシウムが必要。そしてたんぱく質とカルシウムを含む食品はいろいろありますが、値段の割にどちらも豊富となると、乳製品にかなうものは少ないとか。

サーニさんも、骨を強くするにはたんぱく質とカルシウムが大切で、乳製品はどちらも豊富という点で同意。さらに、乳製品には同じように骨が弱くなるのと骨折を防ぐために役立つカリウムとマグネシウムも含まれているそう。

サーニさんは、ヨーグルトのような発酵乳製品に含まれるプロバイオティック成分についても、「(腸の)マイクロバイオームに、それからカルシウムの吸収に作用します」と指摘。やはりさらに研究する必要がありますが、ヨーグルトは特に骨によいかもしれません。

1日3カップほどがおすすめ

では、どれくらい乳製品を摂ればよいのでしょう? 乳糖不耐性ではない場合、サーニさんがすすめるのは「アメリカ人のための食生活指針」(アメリカの保健福祉省(HHS)と農務省(USDA)が5年ごとに発表しているガイドライン)が推奨する量、成人で1日に3回分(およそ3カップ)です。

「異なる意見もあります。それは否定しません。でも、現在ある研究すべてを調べた結果、乳製品を摂ると骨折、それに骨が弱くなるのを予防すると思います」(サーニさん)

Markham Heid/Is It A Myth That Dairy Builds Strong Bones?

訳/STELLA MEDIX Ltd.

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    2. 二日酔いの治し方5つ。飲み過ぎた次の日に効果的な食べ物は?

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    5. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    6. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    7. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    8. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    9. 死を恐れていませんか? | 禅僧のおことば 21

    10. 12星座別のボディケア。本当にぴったりなアロマの選び方

    1. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. 些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

    4. どこか悪いのかも。喜んでいられない、生理がいつもより軽い理由

    5. 性欲を高める効果も! ハル・ベリーが実践しているワークアウト

    6. ダイエット中におすすめのネタは? 太らないお寿司の食べ方

    7. 医師が教える、便秘4タイプ。「便秘は治療が必要な病気」

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. カリスマ女医が教える、「美肌菌」が増える食事の13か条

    10. 怒りをぶつけてはダメ。人生を豊かにするための、正しい怒り方

    1. 水嫌いの私が、30日間毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. やっぱりバナナはすごい! 科学が裏付けた健康パワー10

    3. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    4. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    5. 季節変わりにやってくる顔のかゆみトラブル、皮膚科医に聞いた原因と対策法は?

    6. 100回の腹筋よりおすすめの運動って?【痩せるカラダを作る方法】

    7. あなたの身近にいるかも?「反社会性パーソナリティー障害」の性格特性13

    8. 朝ごはん、お風呂を大事にする! 自律神経の名医がすすめる「健康の極意」とは

    9. がん細胞は甘いもの好き? 「糖質」は、がん増殖のためのエネルギー源

    10. 食べるだけで3kg減? アーモンド、驚きのダイエット効果6つ

    乳製品は骨を強くするって迷信なの?

    FBからも最新情報をお届けします。