1. Home
  2. STYLE
  3. 自分では気づきにくい口臭。あなたの「オーラルマナー」は大丈夫?

自分では気づきにくい口臭。あなたの「オーラルマナー」は大丈夫?

3,318

小林純子

餃子や焼肉、コーヒーなどを口にしたあと、もしかして私の口臭い?と不安になりませんか。

20180601_oral,

「スメルハラスメント」という言葉があるように、口臭が仕事関係者や、パートナー、家族に不快な思いをさせているかもしれません。自分では気づきにくく、指摘してくれる人がいないのも口臭の特徴。だからこそ、意識してケアすることが大切なのです。

「オーラルマナー」とは

テーブルマナーやビジネスマナーがあるように、息のマナーも考えたい。最近、「オーラルマナー」という考え方が提案されています。自分の口臭が心配だと、コミュニケーションが上手にとれません。口臭の不安を抱えながら、効果的なケア方法もわからぬまま過ごしていませんか。

口臭は、3人に1人の割合であると言われています。テーブルマナーやビジネスマナーを学ぶと同じように、お口の礼儀である「オーラルマナー」を学び、自信を持って生活したいですね。

原因の90%は口にある

口臭の原因は胃腸から発生すると思われているかもしれませんが、胃の入り口は筋肉で閉じられているため、臭いが口に上がってくることはほとんどありません。

口臭の原因の90%以上は口の中にあります。

「メチルマルカプタン」「硫黄化水素」「ジメチルサルファイド」という臭気物質(VSC 揮発性硫黄化合物)が口臭の原因。これら臭気物質は、口の中に存在する歯周病細菌が食べ物の残りかすを消化して発生します。

また、ストレスやホルモンバランスの乱れから唾液が出にくくなり、口の中が乾くとドライマウス口臭が発生します。

新提案!舐めるオーラルマナージェル

口臭ケアとして、タブレットやマウスウォッシュを使用している方が多いと思います。この方法だと、ミントなどの強い香りで臭いを一時的に抑えるだけで、主原因の臭気物質があることに変わりはないので、時間がたつとすぐに口臭が再発します。

口臭を消すためには、臭気物質を除去しないとだめなのです。

口臭の原因物質を根本からなくすために開発されたのが、オーラルケアトリートメントジェル「IKIREI(イキレイ)」です。株式会社日本歯科総合研究所と東京医科歯科大学の共同臨床研究で、臭気物質を分解し、細菌の殺菌効果があることが認められた「CLO2(二酸化塩素)」を配合しています。

臭気物質を取り除く根本的なケアで、長時間の口臭予防効果を実現します。

20180525_IKIREI_01

ジェルを適量(米粒大)とり、口に含み舌などで口腔内全体に広げます。

実際に「IKIREI(イキレイ)」を口に含むと、ゼリーのようなしっとり感があります。潤滑剤グリセリンが配合されているので、ドライマウス対策にも効果的です。

20180524_IKIREI_02

写真左:「IKIREI CLO2オーラルケアトリートメントジェル ミント」40g , 写真右:「IKIREI CLO2オーラルケアトリートメントジェル ピーチ&ミント 40g , 2本セット6,480円

フレーバーはミントとピーチ&ミント味の2種類。インターネットの他に一部歯科医院で販売されています。息は想像以上に相手に届いています。進化する口臭予防グッズを上手に取り入れ「オーラルマナー」を磨きたいですね。

IKIREI(イキレイ)

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. ぐぎっ、腰が痛い! ぎっくり腰! そんなときどうする?

    5. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    8. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 病院にはウイルスがいっぱい! 院内感染を防ぐ5つの対策

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由