1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 絶滅危惧種ムラサキが肌トラブルをケア。お守りのようなスキンケア

絶滅危惧種ムラサキが肌トラブルをケア。お守りのようなスキンケア

万葉集に登場するに日本古来の植物である「紫草(ムラサキ)」。その根から採取されるエキスで生まれたオーガニックスキンケアが誕生しました。その名も「MURASAKI no ORGANIC」。近江に都があったころ、絶世の美女といわれた額田王もこのエキスを使っていたかもしれない……と歴史に思いを馳せながらスキンケアできそうです。

染料や生薬として重宝された「紫草(ムラサキ)」

1805_murasakino_01

紫草の花

現在、絶滅危惧種に登録されている「紫草(ムラサキ)」は、琵琶湖の東に位置する滋賀県東近江市の花に指定されており、万葉の時代からこの地域で栽培されている植物です。額田王が詠んだ和歌「あかねさす 紫野行き 標野行き 野守りは見ずや 君が袖ふる」に登場するあの紫です。

根の部分である「紫根」が紫色をしていることから「紫草」と名づけられています。古くから「冠位十二階最高位」の「濃紫(こきむらさき)」の染料として使われ、高貴な染物であるほか、ラテン語で「ボラギノール」と呼ばれ、やけどや傷薬の特効薬として使われる漢方薬でもあります。

1805_murasakino_02

紫根

紫根には、抗炎・抗菌・解毒・解熱作用があり、紫根エキスには、皮膚の再生に働きかけ、肌をなめらかにし、血行をよくしてシミの改善や美白にもつながる効果が期待できるそう。さまざまな肌トラブルから守ってくれる、お守りのような植物と言えそうです。

そんな「ニホンムラサキ」の原種は絶滅の危機にあります。50年前から市民活動として残す運動をし、その一環で誕生したのが「MURASAKI no ORGANIC」。耕作放棄地を活用することで、限りなくワイルドクラフトオーガニックを実現しています。

すべての工程を地場産業として手掛けたスキンケアシリーズ

1805_murasakino_03

<左から>ムラサキノ フェイスウォッシュ / 2,970円(税込),ムラサキ トナー / 3,780円(税込),ムラサキノ セラム / 4,050円(税込),ムラサキノ オイル / 4,860円(税込),ムラサキノ ハンドクリーム 2,970円(税込)※ハンドクリームのみ6月中旬発売

紫草を栽培することから、すべての工程を地元で手がけ、手間暇がかかっているのですが、長く愛用してもらえるようにと、オーガニックコスメとしては価格がぐっと抑えられています。地場産業として、絶滅危惧種を育てながら、地元の人もハッピーになる素敵な試みですね。

ラインナップは化粧水乳液美容液洗顔ハンドクリームの5アイテムとシンプル。ニキビなどのトラブル肌も、紫根の抗炎作用でターンオーバーをサポートし、なめらかな肌に導きます。これからの季節に気になる日焼けによるシミ・そばかすなどもターンオーバーがスムーズに行われることで明るい印象へと導いてくれます。

1805_murasakino_04

紫根自体は、もっとあかね色ですが、抽出するとほんのりピンク色に。すてきな色に惹かれ、発表会で紫根の香りを試したら、「良薬口に苦し」ではありませんが、お薬らしい香りにちょっと驚きました。ただ、安心してください。スキンケアにはマンダリンオレンジやローズ油などが配合され、リラックスできる香りが広がります。美容液であるオイルも軽いテクスチャーで、暑くなるこれからの季節も使いやすく、洗顔後のつっぱり感もないのが乾燥肌の私としてもうれしい使い心地でした。

「紫草」は、その美しさから“美しい”や“高貴なもの”の枕詞として和歌で使われてきました。「紫草」のように「女性の美しさの枕詞になってほしい」との想いから生まれた「MURASAKI no ORGANIC」。万葉の時代から受け継がれた植物のパワーをいただいて、しっかりケアしようと思います。

MURASAKI no ORGANIC

林 ゆり

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 満腹ホルモンで食欲を抑制。つくりおきできる高タンパク質おかず5

    2. 心配症や考えすぎの人におすすめしたい心理テクニック

    3. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    4. 愛してると言うかわりに「話を聞く」。カウンセリングに学ぶ傾聴力

    5. メイクしたまま寝てしまったら? 老け知らずな人に学ぶ美容術10

    6. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    7. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    8. ダイエット&美肌に、朝1杯の「レモン白湯」がおすすめな理由

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    4. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    5. 白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

    6. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    7. ワクチンとあわせて防御力UP。インフルエンザをよせつけない生活習慣5

    8. ダイエット&美肌に、朝1杯の「レモン白湯」がおすすめな理由

    9. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    10. 消防士や警察官も実践! 16秒でできる、緊張感を和らげる方法

    1. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    2. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    8. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    絶滅危惧種ムラサキが肌トラブルをケア。お守りのようなスキンケア

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More