1. Home
  2. BODY
  3. よく噛むことはなぜいいの? メリットをおさらい

よく噛むことはなぜいいの? メリットをおさらい

5,063

冠ゆき

よく噛むことが消化にいいことは、子どものころから聞かされてきたことのひとつ。でも実は、噛むことは、均整の取れたプロポーションづくりにも関係がありました

噛むことで過食を防ぎ、胃腸の拡張を防ぐ

1805_eating_top

(よく噛まない人は)満腹感を得ることができません

(「Le Prisien」より翻訳引用)

そう説くのは、フランスのPhilippe Godeberge(フィリップ・ゴッドゥベルジュ)胃腸科医。確かに、よく噛んで満腹感を得れば、過食も防げるというものです。また、同医師によると、ちゃんと噛まないでいると、直接身体のラインにも響くのだそうです。

十分に咀嚼しない人の胃は、より大きな食物の塊を受け入れるため拡張します。(中略)また腸も同様に、食物を吸収するため拡張しやすくなります。そのため身体の生理的変化を引き起こし、腸障害の原因となるのです。

(「Le Prisien」より翻訳引用)

私自身、朝食やランチは特に急いで済ませがちなので、ドキッとしてしまいました。

噛むことで歯を健康に

加えて、Arnaud Cocaul(アルノー・ココール)栄養学医が指摘するのは、噛むことが歯に必要であるという点。

噛むことは、歯の健康のためにも好影響をもたらします。ですから、週に一度は、スマホ片手のながら食いをやめ、ゆっくり食べることだけに集中して食事をとりましょう。

(「Le Prisien」より翻訳引用)

よく噛むためには、ハンバーグなどの柔らかいものや、スープやスムージーのような液体食品ばかりでなく、歯ごたえのあるものを意識して摂るのがおすすめ。パンなら、食パンよりフランスパン。ご飯にも玄米を混ぜたり、少し固めに炊いてみたりもいいでしょう。また、茹で野菜ばかりでなく、生野菜やお漬物も食卓に並べ、時にはおやつにナッツやおせんべいを選びたいものです。

そうして、もちろん食べるときは、一口一口噛みしめるのを忘れないこと。これだけで、身体の内部も外見もスッキリ変身できるなら、試してみる価値は十分ありそうです。

Le parisien

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析