1. Home
  2. MIND
  3. 小満の日からの過ごし方:ゆったり入浴で疲労をリセット! 夜は星の輝きに癒されて

小満の日からの過ごし方:ゆったり入浴で疲労をリセット! 夜は星の輝きに癒されて

暮らしに活かす二十四節気

2,382

景山えりか

公園や街路樹に目を向けると、緑がいちだんと深みを増してきました。季節は「新緑」から「万緑」へ。自然界に生命力がいきいきとみなぎっているのを感じます。

暮らしに活かす二十四節気「小満」の過ごし方

shoman

「小満(しょうまん)」
・毎年5月21日頃
・太陽と地球の関係:60度

今日(2018年5月21日)は、二十四節気の「小満」です。

小満とは、草木が茂り、動物たちの活動は活発になり、自然界が生命力で満ちてくる頃を意味します。本来ならば、自然のリズムに合わせて私たちのカラダも元気がわいてくる時季です。

しかし、実際には疲労を感じやすい頃といえます。というのも、新年度からスタートした新しい生活や環境、人間関係などに慣れてきたところで、ふっと気が抜けるタイミングだから。朝がなかなか起きられない、息切れがしやすい、カラダが重だるい……これらは小満の頃に現れやすいカラダのサインです。日々の疲れをこまめにリセットすることを心がけましょう。

疲れたときこそ時間を惜しまず湯船につかる

疲れをこまめにリセットするために見直したいのが入浴です。小満の頃は、気温が上昇して、夏のような陽気になることもしばしば。そのせいで、夜はシャワーだけでさっとすませたくなるかもしれません。ですが、その日の疲れをその日のうちに取り除くには、湯船につかるのが効果的。湯加減は40℃以下に設定し、いつもより長めにつかると、全身のすみずみまで血行が促され、疲労回復につながります。

仕事や外出先から疲れて帰ってきて、「今日は早く眠りたい」と思うときほど、ぬるめのお湯でゆったりと入浴した方が◎。 ぬるめのお湯は副交感神経に働きかけるので、リラックス効果も期待できます。

小満に見頃をむかえる「麦」の星とは

小満は、暦のうえで初夏にあたりますが、麦にとっては実りの時期です。毎年小満の頃、宵のうちに南の空を見上げると、オレンジ色に輝く星を見つけることができます。その星は、うしかい座の「アルクトゥールス」。日本では、麦刈りの時期に天高く輝くことから「麦星」と呼ばれていました。

小満の頃の夜空には、麦に関係している星がもうひとつあります。それは、おとめ座の「スピカ」です。スピカには「穂先」という意味があります。古い星図に描かれているおとめ座は、ギリシア神話に登場する農業の女神・デーメーテール。彼女は左手に1本の麦を持ち、その穂先にあたる星がスピカなのです。

アルクトゥールスもスピカも、1等星と呼ばれる明るい星で、市街地でも見つけることができます。これらの星を探すガイド役は、7つの星が柄杓(ひしゃく)のような形に並んだ「北斗七星」です。まず、北の空に北斗七星を見つけましょう。

次に、柄の曲がり具合にそって視線を南へ移していきます。すると、オレンジ色のアルクトゥールス、さらに視線を延長していくと白く光るスピカにぶつかります。属する星座が違う2つの星ですが、日本では「夫婦星」と呼ばれ、一対として見られていました。それだけ、この2つの星が広い夜空の中でも目立つ存在で、輝きがまるで呼応しているように見えたのでしょう。

梅雨入り前の、初夏の夜。気持ちのいい夜気に包まれながら、仲良く光る星たちを眺めていると、不思議と心が洗われていくのを感じます。星を眺めることも、心身の癒しにつながるのかもしれません。

次に巡ってくる二十四節気は、「芒種(2018年6月6日)」です。


イラスト・カイフチエリ

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. やせたいときでも食べてOK!な食材10選

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. ぐぎっ、腰が痛い! ぎっくり腰! そんなときどうする?

    5. シーズン到来! 知っておきたいインフルエンザの新常識【2019年版】

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    8. ダイエットの勘違い。ぽっこりお腹は体重を減らしても解消されません!

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 病院にはウイルスがいっぱい! 院内感染を防ぐ5つの対策

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 風邪ひきそう! そんなときに食べたい、栄養満点簡単スープ

    6. 風邪の症状が辛くなったら、徹底的に〇〇することがいちばん!

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    3. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由