1. Home
  2. EAT
  3. 早く仕事を終わらせたいときは、何を食べる?

早く仕事を終わらせたいときは、何を食べる?

ポジティブ栄養学

仕事終わりに友人と会う、イベントに行く、おいしいものを食べに行く……。こんな日は、今ある仕事をてきぱきと終わらせて、スッキリした気持ちでプライベートを楽しみたいものです。

shutterstock_481502263

image via Shutterstock

かんばるぞ! と気合いを入れるのもいいのですが、食べ方にひと工夫するという方法もおすすめ。そこで、集中力を高めるためのアイデアをご紹介します。

効率よく神経伝達物質の材料をとるなら、卵

shutterstock_585265235

image via Shutterstock

私たちの集中力をつかさどっている脳。そのなかは神経細胞がひしめきあって、さまざまな情報を伝えあったり判断をくだしたりしています。 細胞同士の間で情報を伝えあうときに登場するのが、神経伝達物質と呼ばれるもの

たとえば元気さを生みだすドーパミン、やる気、集中力、意欲を高めるノルアドレナリン。これらは興奮系と呼ばれ、アクセル的役割を果たします。

一方、ブレーキ役といえるのが心をリラックスさせてくれるのが抑制系のGABA。チョコレートなどでもおなじみです。

興奮系と抑制系のバランスをとるのが調整系と呼ばれるセロトニン。三者がバランスよく脳に存在することで、ほどよく落ち着きつつ、スッと物事に集中できる状態にもっていくことができます。

これら神経伝達物質に関わっている栄養素が、タンパク質、ビタミンB群、鉄といったものです。これらがきちんと脳に存在しないと、スムーズに神経伝達物質をつくることができず、イライラしたり落ち込んだりと不安定な状態に。これでは集中力どころではありません。なかでもビタミンB群や鉄は不足しがち。

さらに、神経伝達物質のひとつにアセチルコリンがあります。記憶に深い関係があると考えられていて、記憶力や集中力アップに一役かってくれます。

そこでおすすめなのが卵。15時のおやつには、ゆで卵をチョイスするのがおすすめです。卵黄に多いレシチンは、アセチルコリンの材料となり、タンパクや鉄、ビタミンB群もしっかり。小腹がすいたとき、ぜひかじってみてください。

チョコレートは集中力を妨げることに

shutterstock_572071636

image via Shutterstock

逆に食べないほうがよいと思われるのはチョコレート。糖質が多いものをとると、血糖値の激しい上がり下がりにより強烈な眠気に襲われたり、自律神経の乱れからイライラしたり、気が散ったり……。これでは仕事どころではありません。

ちなみに「糖分は脳の栄養だから」というのも今は昔。脳は脂肪から作られるケトン体もエネルギー源として使うことができるのも、覚えておいてほしいところです。

また、こういう日のランチはおかずしっかり、ごはん少なめにしておくのがベターです。神経伝達物質の材料であるタンパクやビタミンミネラルをしっかり確保できます。さらにごはんやパンに含まれる糖は、先ほどお伝えしたとおり、血糖値に影響をおよぼしてしまう傾向が。量をできるだけ減らすことで、午後の時間がいつもと違うことに気づくはずです。

ギュッと集中して終わらせて、楽しむときは楽しむ。メリハリのある毎日を、栄養がサポートしてくれますよ。

吉川圭美

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    5. 健康な食事の基本。食生活にプラスしたいこと、マイナスしたいこと

    6. レモン水をめぐる5つの迷信

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    9. 肌の疾患が心臓病のリスクをあげる? 意外な5つの原因

    10. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    7. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    8. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    早く仕事を終わらせたいときは、何を食べる?

    FBからも最新情報をお届けします。