1. Home
  2. EAT
  3. 旬のパクチーをさらにおいしく食べるレシピ5選

旬のパクチーをさらにおいしく食べるレシピ5選

1,518

1805_coriander_top

image via shutterstock

一般的に春から初夏までの、まさに今が旬といわれる「パクチー」。料理にアクセントを与えてくれるあの独特の味と香りが、これから蒸し暑くなってくる季節にピッタリです。作ってみたくなるパクチー料理を、マイロハスの記事のなかから集めました。

万能パクチーダレ

1805_coriander_01

フードスタイリスト・丹羽彰子さん考案のパクチーダレは、材料を混ぜるだけの簡単レシピ。主役のパクチーを刻んで、菜種油、ごま油、グレープシードオイルなどのお好みのオイル、ナンプラーや醤油などを加えて作ります。冷蔵庫に入れておけば、1週間ほど保存可能。これから増えてくるカルパッチョやバンバンジー、素麺などの冷製料理と相性良さそうです。>>パクチー愛が加速する「魔法のパクチーダレ」レシピ

パクチーフムス

1805_coriander_02

栄養価が高いひよこ豆とパクチーを合わせて、ピリ辛の味付けにしたパクチーフムス。こちらも材料をハンドミキサーなどでなめらかになるまで混ぜるだけで完成する簡単レシピ。クラッカーに付けたりサンドイッチや野菜のディップにしたりと、使い勝手がよさそう。冷蔵庫で3日ほど保存可能。>>ディップに、サンドイッチに。定番にしたいパクチーフムス

パクチードレッシング

1805_coriander_03

ギリシャヨーグルトをオリーブオイルと混ぜて作る、クリーミーなパクチーとライムのドレッシング。サラダ、タコスや黒豆のスープのトッピングにも合うそう。サラダとして食べることの多かったパクチーをドレッシングにするという発想が新しい。>>4個以下の材料で作る!美味しい万能手作りドレッシング6選

魚料理にトッピングとして

1805_coriander_04

魚料理の生臭さも抑えてくれるパクチー。赤パプリカ、アボカド、紫玉ネギなどと合わせれば、彩りも華やかに。ヘルシーなサーモンのベジタブルのせは、15分で作れてしまうそう。>>体に悪いものを食べたいときの対処法と、きっと食べている体に悪い3つの食材

パクチーの中華風サラダ

1805_coriander_05

サラダにパクチーは王道ですが、こぐれひでこさんの作ったパクチーサラダは中華風。パクチー、帆立貝柱(刺身用)、ピータンを豆板醤、甜麺醤、ポン酢醤油を混ぜ合わせたタレでいただきます。お庭にパクチーがいっぱい育っているそうで、なんともうらやましい。>>TORU君がパクチー入りの料理を欲している【こぐれひでこの「ごはん日記」】

いつもは生のままサラダとして食べたり、フォーに付け合わせたりしているのですが、刻んだりペーストにしたり形状を変えることで、もっとアレンジの幅が広がりそうです。

片岡理森

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 管理栄養士が教える、40代からのダイエットのコツ。避けたい方法は?

    2. 医師に聞く、性欲のメカニズムとは? よい人間関係とセックスは関係ない

    3. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    4. 将来病気になりにくい人は、腕立て伏せを何回できる?

    5. お腹の脂肪が落ちないのは、運動の仕方が間違っていた!

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 冷蔵庫もテーブルもスッキリ。作り置きおかずの鮮度を保つ密閉ガラス容器【プレゼント】

    8. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    9. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    10. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    1. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    2. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    3. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 【3月の満月】大きな節目に! 過去に区切りをつけて新しいタネをまくとき

    6. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    9. がんばりすぎてない? ワークアウトでやりがちな間違い6つ

    10. 読者400人以上の「セックス事情」をリサーチ! 性欲の強さや赤裸々な悩みも......

    1. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法

    2. 花粉時期のスキンケア。皮膚科医に聞いた、いちばん大切なこと

    3. トマトやジャガイモは身体によくないって本当? 管理栄養士が説明します

    4. あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 抗加齢医学の専門医が教える「砂糖中毒」の怖さ。避けたいお菓子は?

    7. ランニングよりも効果絶大! 30秒を5回程度だけやる効率的な運動法って?

    8. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    9. 納豆の食べ方で、腸が活性化する? その方法とは

    10. 一問一答で占う、2019年の運勢。あなたの恋愛運は?