1. Home
  2. EAT
  3. 旬のパクチーをさらにおいしく食べるレシピ5選

旬のパクチーをさらにおいしく食べるレシピ5選

1805_coriander_top

image via shutterstock

一般的に春から初夏までの、まさに今が旬といわれる「パクチー」。料理にアクセントを与えてくれるあの独特の味と香りが、これから蒸し暑くなってくる季節にピッタリです。作ってみたくなるパクチー料理を、マイロハスの記事のなかから集めました。

万能パクチーダレ

1805_coriander_01

フードスタイリスト・丹羽彰子さん考案のパクチーダレは、材料を混ぜるだけの簡単レシピ。主役のパクチーを刻んで、菜種油、ごま油、グレープシードオイルなどのお好みのオイル、ナンプラーや醤油などを加えて作ります。冷蔵庫に入れておけば、1週間ほど保存可能。これから増えてくるカルパッチョやバンバンジー、素麺などの冷製料理と相性良さそうです。>>パクチー愛が加速する「魔法のパクチーダレ」レシピ

パクチーフムス

1805_coriander_02

栄養価が高いひよこ豆とパクチーを合わせて、ピリ辛の味付けにしたパクチーフムス。こちらも材料をハンドミキサーなどでなめらかになるまで混ぜるだけで完成する簡単レシピ。クラッカーに付けたりサンドイッチや野菜のディップにしたりと、使い勝手がよさそう。冷蔵庫で3日ほど保存可能。>>ディップに、サンドイッチに。定番にしたいパクチーフムス

パクチードレッシング

1805_coriander_03

ギリシャヨーグルトをオリーブオイルと混ぜて作る、クリーミーなパクチーとライムのドレッシング。サラダ、タコスや黒豆のスープのトッピングにも合うそう。サラダとして食べることの多かったパクチーをドレッシングにするという発想が新しい。>>4個以下の材料で作る!美味しい万能手作りドレッシング6選

魚料理にトッピングとして

1805_coriander_04

魚料理の生臭さも抑えてくれるパクチー。赤パプリカ、アボカド、紫玉ネギなどと合わせれば、彩りも華やかに。ヘルシーなサーモンのベジタブルのせは、15分で作れてしまうそう。>>体に悪いものを食べたいときの対処法と、きっと食べている体に悪い3つの食材

パクチーの中華風サラダ

1805_coriander_05

サラダにパクチーは王道ですが、こぐれひでこさんの作ったパクチーサラダは中華風。パクチー、帆立貝柱(刺身用)、ピータンを豆板醤、甜麺醤、ポン酢醤油を混ぜ合わせたタレでいただきます。お庭にパクチーがいっぱい育っているそうで、なんともうらやましい。>>TORU君がパクチー入りの料理を欲している【こぐれひでこの「ごはん日記」】

いつもは生のままサラダとして食べたり、フォーに付け合わせたりしているのですが、刻んだりペーストにしたり形状を変えることで、もっとアレンジの幅が広がりそうです。

片岡理森

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    5. 健康な食事の基本。食生活にプラスしたいこと、マイナスしたいこと

    6. レモン水をめぐる5つの迷信

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    9. 肌の疾患が心臓病のリスクをあげる? 意外な5つの原因

    10. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    7. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    8. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    旬のパクチーをさらにおいしく食べるレシピ5選

    FBからも最新情報をお届けします。